KPI・数値化・管理会計のおすすめ本ランキング(2024年)

最終更新日

KPI管理・数値化・管理会計のおすすめ本・参考書ランキング40冊(2024年)です。このページでは現役のマーケター、アナリスト、プロダクトマネージャーなど実務でKPIや数値を取り扱っているプロの意見に加えて、実際に読んだ人のクチコミ・ネットの評判も元にして書籍を選定・ランキング付けしております。気になる本や書籍があれば読んでみてください^^ 管理会計の分野からもピックアップしているので参考にしてください!

▼電子書籍(Kindle)の読み放題もおすすめです♪
Kindle Unlimitedで本の読み放題!無料体験する

▼関連記事
マーケティングのおすすめ本ランキング!名著から初心者向けまで
管理職のおすすめ本ランキング22冊!マネジメントを勉強しよう
「戦略」を学びたい人におすすめ本ランキング!良書・名著を厳選

目次

1位:最高の結果を出すKPIマネジメント

KPI管理・数値化・管理会計のおすすめ本ランキング、見事第1位に輝いたのは「最高の結果を出すKPIマネジメント」です。

本書は徹底的なKPI管理で成果を上げてきたリクルート社で「KPIについての社内講師」を務めてきたKPI管理のプロフェッショナルである著者による、徹底した現場主義のKPI管理手法がまとまった良書です。現場で横行する「ダメダメKPI・なんちゃってKPI」とは一線を画した本なので、これからKPI管理をガッツリやっていきたいという方は必読の一冊です!実際に現場で培ってきたノウハウを元にして書かれた本なので非常に実践的なビジネス書です。

▼書籍概要

書籍名最高の結果を出すKPIマネジメント
対象者ビジネス現場でのKPIマネジメントに興味があり、実践的な手法を学びたいビジネスパーソンやマネージャー向け
ひとこと説明リクルートグループでの実践経験に基づく、現場主義に基づいたパワフルなKPIマネジメント手法をわかりやすく解説した実践的なKPI管理の本
著者中尾隆一郎 (著)
発売日2018/6/22
ページ数244ページ
出版社フォレスト出版
中身(目次)第1章 KPIの基礎知識
第2章 KPIマネジメントを実践するコツ
第3章 KPIマネジメントを実践する前に知っておいてほしい3つのこと
第4章 さまざまなケースから学ぶKPI事例集
第5章 KPIを作ってみよう
読んだ人のクチコミリアルなビジネス現場でのKPIマネジメント手法が詳しく解説されていて、実践的で役立つ本です。具体的な事例も参考になりました。部下にもぜひ読んでもらいたい濃い内容でした。

ビジネスの数字で成功する秘訣を知りたい人にオススメ。リアルな現場のKPIマネジメント手法が詳しく解説され、実践的なアドバイスが満載。事例も参考になるし、ビジネスを成長させたい人には必読書です。

購入はこちら

2位:最高の結果を出すKPI実践ノート

KPI管理・数値化・管理会計の書籍ランキング、次に紹介する本も先程と同じ著者の「最高の結果を出すKPI実践ノート」です。

ベストセラーとなった前著の内容を元にして「すぐに現場で使えるKPI実践編」として執筆された一冊です。KPI実践ノートというタイトルの通り、DAY1~5まで順番に読むことで自組織でもKPIマネジメントをすぐに取り入れることができる構成になっています^^ KPI管理を取り入れるときにつまづきやすいポイントなどを元に編集されているので非常に中身が濃くて人気の一冊です!

▼書籍概要

書籍名最高の結果を出すKPI実践ノート
対象者KPIマネジメントを始めるか改善したい企業や個人で、具体的な実践手法を求める初級から中級者向け
ひとこと説明KPIマネジメントの実践的な手法を1週間で習得できる構成で、業界や業態を問わず自社の成果向上に役立つ内容
著者中尾 隆一郎 (著)
発売日2020/8/25
ページ数144ページ
出版社フォレスト出版
中身(目次)DAY0 KPIマネジメントの勘どころ
DAY1 MC4確認のためのワークショップ
DAY2 KPIマネジメントのステップ
DAY3 CSFの見つけ方とその事例
DAY4 ケーススタディから学ぶKPIマネジメント事例集
DAY5 KPIマネジメントの体制と進め方
読んだ人のクチコミわかりやすく実践的なKPIマネジメントの手法が詰まったノート。1週間で読み進められる構成で、自社の成果向上に役立つ。初心者からでも取り組みやすい点がおすすめ!

KPIマネジメント初心者でもわかりやすく、実践的な手法を学べる一冊。1週間で読み進める構成は効率的で、企業や個人の成果向上に即効性がある。日々の業務に活かせる実践的な一冊

購入はこちら

3位:人と組織を効果的に動かす KPIマネジメント

KPIや数値管理・管理会計のビジネス書ランキング、次に紹介するのは「人と組織を効果的に動かす KPIマネジメント」です。

本書は経営者・事業責任者・マネージャーなどの組織を率いる責任を持つ人に向けて、KPIの基本概念から導入手順、効果測定のポイントまでをわかりやすく解説します。KPIが事業戦略のエンジンとなり、組織を動かす強力なツールであるという点から、KPIを掘り下げて解説していきます。事業戦略とKPIを紐づけて正しく事業の管理・運営をしていきたい人に向けてぜひおすすめの一冊です!

▼書籍概要

書籍名人と組織を効果的に動かす KPIマネジメント
対象者経営者や事業責任者、次世代のリーダー候補など、事業活動の中核を担うリーダー
ひとこと説明KPIを事業戦略に組み込んで組織を変革する方法を実践的に解説した一冊
著者楠本 和矢 (著)
発売日2017/10/21
ページ数220ページ
出版社すばる舎
中身(目次)Chapter1 KPIとは何か その位置づけと重要性
Chapter2 KPIマネジメントでよくある失敗
Chapter3 インサイト探索から「あるべき状態」を見つける
Chapter4 インサイトを基点としたKPI/ストーリーの設定事例
Chapter5 KPI策定の具体的なステップ
Chapter6 KPI測定の方法
Chapter7 管理者のためのKPI/ストーリーのチェック方法
読んだ人のクチコミ経営戦略にKPIを組み込み、組織を変革する方法がわかりやすく解説されている。リーダーなら必読の一冊。実践的な手法で事業を推進できると思います。

経営戦略とKPIの統合が明確になりました。KPIの効果的な策定と検証方法がわかりやすく解説されている点がありがたい。リーダーにとって必要なKPIマネジメントの基礎が詰まった書籍です

購入はこちら

4位:新版 2時間でわかる 図解KPIマネジメント入門

KPI・数値管理・管理会計のおすすめ本ランキングで次に紹介するのはKPIに関するロングセラー本「新版 2時間でわかる 図解KPIマネジメント入門」です。

本書は「KPIマネジメント」の入門書として、目標設定から実行、測定、改善のポイントなど、目標達成に直結して成果を上げるためのKPI設定・運用方法を解説しています。図解が豊富なのでとっつきにくいKPIや数字管理もわかりやすく学ぶことができます^^ 特徴的なのは「事業部門」「営業部門」「製造部門」「関節部門」など部門別のKPI設定例も掲載されており、様々な業界・職種の方でも参考になる点がPOINTです!

▼書籍概要

書籍名新版 2時間でわかる 図解KPIマネジメント入門
対象者経営者やリーダー、マネージャーなど、組織の目標達成を担う人
ひとこと説明KPIマネジメントの基礎から具体的な設定方法まで、図解でわかりやすく解説。部門別の設定例も豊富です
著者堀内 智彦 (著)
発売日2022/8/23
ページ数160ページ
出版社あさ出版
中身(目次)1 KPIマネジメントの基本
2 KPIマネジメント導入・運用のポイント
3 部門別KPIテーマ設定例
読んだ人のクチコミKPIの基本から設定方法まで、実務に即した内容が充実。分かりやすい!

部門別のKPI設定例が具体的で参考になる。経営者やリーダーにとってとても参考になるバイブル本だと思います

購入はこちら

5位:KPI式PDCA: 数値化で事業成長する仕組み

次に紹介するKPI管理・数値化・管理会計のおすすめ本は「KPI式PDCA: 数値化で事業成長する仕組み」です。

本書はKPIを活用して事業成長を加速させるためのノウハウが書かれた教科書的な一冊です。PDCAフレームワークを数値化によって強化し、目標達成への最短ルートを描く手法を解説しています。KPIの設計から運用まで、具体的なプロセスや事例を通じて、組織のマネジメントを変革する方法が提示されています。著者はKPIマネジメントのスペシャリストであり、KPIマネジメントプラットフォームSaaS「Scale Cloud」の提供会社で代表取締役を務めているプロでもあります。

▼書籍概要

書籍名KPI式PDCA: 数値化で事業成長する仕組み
対象者事業成長を目指す企業の経営者や経営幹部、KPI導入を考えるマネージャーやビジネスマン
ひとこと説明KPIを活用して事業成長を加速するための具体的な手法やプロセスをわかりやすく解説
著者広瀬 好伸 (著)
発売日2022/12/5
ページ数147ページ
出版社実生社
中身(目次)第1章 数値化で事業成長を加速させる
第2章 KPIを設計する
第3章 KPIを運用する
読んだ人のクチコミ先輩におすすめされて読みました。KPIの設計や運用に役立つ方法論がわかりやすく説明されていて、ビジネスに直結した内容でした。新入社員にもぜひ読んで欲しい内容!

購入はこちら

6位:数値化の鬼 ── 「仕事ができる人」に共通する、たった1つの思考法

KPI・数値管理のおすすめ本ランキングで次に紹介するのは「数値化の鬼 ── 「仕事ができる人」に共通する、たった1つの思考法」です。

本書は、仕事で結果を出すための思考法を身につけたい人におすすめの一冊です。著者が6年で2700社以上に導入した「識学」のエッセンスから、「伸びる人」に共通する考え方の型を紹介しています。数字がすべてではないものの、数字を無視して成長した人はいないと述べ、数値化の重要性を説いています。具体的には、行動量を増やすこと、なぜを繰り返して変数を明らかにすることなどが参考になるポイントとして挙げられています。数値化することで、自身や環境の不足している部分を切り分け、判断する際に役立つ思考法が身につくでしょう。特に営業マンには必読の書として評価されています。

▼書籍概要

書籍名数値化の鬼 ── 「仕事ができる人」に共通する、たった1つの思考法
対象者ビジネスのプレーヤー全般です。特定の職種や経験に限定されず、幅広い読者層向け
ひとこと説明数字化の重要性がよくわかる!「伸びる人」の考え方を紹介した仕事術のガイドブック
著者安藤広大 (著)
発売日2022/3/2
ページ数288ページ
出版社ダイヤモンド社
中身(目次)はじめに―いったん数字で考える思考法
序章 「数値化の鬼」とは何か
第1章 数を打つところから始まる―「行動量」の話
第2章 あなたの動きを止めるもの―「確率」の話
第3章 やるべきこと、やらなくてもいいこと―「変数」の話
第4章 過去の成功を捨て続ける―「真の変数」の話
第5章 遠くの自分から逆算する―「長い期間」の話
終章 数値化の限界
読んだ人のクチコミビジネスにおいて数値を使う重要性がすごく勉強になった!どの職種でも数値化は重要なので、自分の仕事にすぐに活かせるヒントがたくさん詰まっています。これからも何度も読みたいし、うちの会社でもみんなに読んで欲しい良書でした

購入はこちら

7位:KPIで必ず成果を出す目標達成の技術 計画をプロセスで管理する基本手順と実践ポイント

KPI管理・数値化・管理会計のおすすめ本ランキング7位に入ったのは「KPIで必ず成果を出す目標達成の技術 計画をプロセスで管理する基本手順と実践ポイント」です。

本書は、目標を達成し続ける組織を作るためにKPIをどう活用していくか実践的に解説しています。著者は数多くの企業での導入・活用を支援し、その経験から得た知識を分かりやすく提供しています。ポイントは、単にKPIを設定するだけでなく、そのプロセスを管理し、組織全体で目標に向かって動くことの重要性です。また、実際に成果を上げるための「見える化の進化」や「PDCAサイクル」の活用など、実践で役立つ具体的なアドバイスが満載です。組織の成果を最大化したいと考えている全ての人におすすめの一冊です。

▼書籍概要

書籍名KPIで必ず成果を出す目標達成の技術 計画をプロセスで管理する基本手順と実践ポイント
対象者KPIを導入しようとしている方や既に導入しているが課題に直面している方
ひとこと説明KPIマネジメントの原理原則や基本手順を解説し、継続的な成果を生み出す組織を構築するためのノウハウ本。
著者大工舎 宏 (著), 井田 智絵 (著)
発売日2015/12/12
ページ数192ページ
出版社日本能率協会マネジメントセンター
中身(目次)第1章 目標を達成する組織・達成できない組織
第2章 仕事力が上がるKPIマネジメント
第3章 KPIマネジメントの基本手順
第4章 部門の中期計画・年度計画に活用する
第5章 管理・間接部門に活用する
第6章 プロジェクト型業務に活用する
第7章 KPIマネジメントが形骸化しないために
読んだ人のクチコミKPIマネジメントの実務的な側面に焦点を当て、成果を持続的に出すための方法を解説しています。

KPIって大事だけど、どうやって使えばいいかわからなかった。この本は実践的なアドバイスが満載で、目標達成に向けてのヒントが得られた。

購入はこちら

8位:確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力

次に紹介するKPI管理・数値化のおすすめ本は「確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力」です。

本書は、マーケティングの世界において数学と確率思考がいかに強力な武器となるかを実例と共に紐解いています。特に注目すべきは、著者がUSJでの事例を基に展開する内容で、これまで直感に頼りがちだったマーケティング戦略が、いかに科学的なアプローチにより成功確率を高めることができるのかを明らかにしています。数学が得意ではない方でも理解しやすく説明されており、実際のビジネスシーンでの応用方法までが具体的に示されています。読むことで、確率を味方につけた戦略立案の大切さを学べるため、マーケティングに携わる全ての人にとって必読の書籍です。

本書は「マーケティングのおすすめ本ランキング!名著から初心者向けまで」でも紹介しています!名著です。

▼書籍概要

書籍名確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力
対象者マーケティングやビジネス戦略に携わるプロフェッショナルや経営者、アナリスト
ひとこと説明数学的手法を用いて市場構造や消費者行動を分析し、勝つ確率の高いビジネス戦略を導き出す「数学マーケティング」の手法を解説
著者森岡 毅 (著), 今西 聖貴 (著)
発売日2016/6/2
ページ数312ページ
出版社KADOKAWA/角川書店
中身(目次)序章 ビジネスの神様はシンプルな顔をしている
第1章 市場構造の本質
第2章 戦略の本質とは何か?
第3章 戦略はどうつくるのか?
第4章 数字に熱を込めろ!
第5章 市場調査の本質と役割
第6章 需要予測の理論と実際
第7章 消費者データの危険性
第8章 マーケティングを機能させる組織
終章 2015年10月にUSJがTDLを超えた数学的論拠
読んだ人のクチコミこれまでの勘や経験だけで戦略を立てていたけど、数学的アプローチで戦略を構築する新たな視点が開けた。実践的でわかりやすい一冊だった。

購入はこちら

9位:KPI大全: 重要経営指標100の読み方&使い方

KPI・数値管理・管理会計のおすすめ本ランキングで次に紹介するのは「KPI大全: 重要経営指標100の読み方&使い方」です。

本書は、ビジネスリーダーからマーケティング担当者まで、データとデジタル時代に不可欠な経営リテラシーを習得できる実用的な一冊です。会計からウェブマーケティングに至るまで、100種類の重要な経営指標(KPI)をわかりやすく解説しています。具体的な使い方や、どのような場面で特に役立つのかなど、実践的な知識が豊富に盛り込まれており、各KPIの背後にある意味を深く理解することができます。KPIの基礎に重点を置き、初心者でも理解できるように書かれているのが大きな魅力です。ビジネスで成功するために重要な指標の設定と管理の方法を、すべての読者が簡単に学びやすい内容となっています。

▼書籍概要

書籍名KPI大全: 重要経営指標100の読み方&使い方
対象者ビジネスやマーケティングに関わるあらゆるレベルの人々です。経営者やマーケティング担当者、そして学生やビジネスに興味のある一般の方々
ひとこと説明ビジネスやウェブマーケティングにおける重要なKPIを厳選し、その読み方と使い方をわかりやすく解説した事典
著者グロービス (著), 嶋田 毅 (著)
発売日2020/8/28
ページ数480ページ
出版社東洋経済新報社
中身(目次)CHAPTER1 KPIとは何か?
CHAPTER2 KPIの実例ストーリー
CHAPTER3 マーケティング・セールス
CHAPTER4 オペレーション・イノベーション
CHAPTER5 組織
CHAPTER6 会計・ファイナンス
読んだ人のクチコミKPIっていっぱい種類があって混乱するけど、この本があれば読み方や使い方を簡単に理解できる!実務に役立つ情報がぎっしり詰まってるよ。すごく良書。

購入はこちら

10位:数学女子 智香が教える こうやって数字を使えば、仕事はもっとうまくいきます。

次に紹介するKPI管理・数値化のおすすめ本は「数学女子 智香が教える こうやって数字を使えば、仕事はもっとうまくいきます。」です。

本書は、ビジネスの現場で役立つ数学的思考を、親しみやすいストーリー仕立てで伝えてくれます。数字に苦手意識を持つ人でも、登場人物の会話を通して自然と数字の使い方を学べるのが魅力です。割引セールの損益分岐点の考え方やベストなPR方法の選び方など、今日からすぐに実践できる数字の活用法が満載。数字を意識して口に出すことの重要性や、PDCAサイクルを3回回すことで成功確率が上がるといった、ビジネスで役立つ知識も盛り込まれています。数字に自信がない方や、仕事で数字を使いこなしたい方におすすめの一冊です。

▼書籍概要

書籍名数学女子 智香が教える こうやって数字を使えば、仕事はもっとうまくいきます。
対象者ビジネスパーソンや数字に興味を持つ人
ひとこと説明数学的な見方や考え方をストーリー形式で解説し、日常の仕事における数字の使い方を実践的に学ぶことができる一冊
著者深沢 真太郎 (著)
発売日2014/7/25
ページ数248ページ
出版社日本実業出版社
中身(目次)序章 このプロジェクトは、キミに預ける
第1章 業務効率化に数字を使っていますか?
第2章 「損益」を正しく捉えて割引をしていますか?
第3章 数的根拠を使って大きな決断をしていますか?
第4章 数字を使ってマーケティングしていますか?
第5章 ビジネスの勝敗は、90%の情熱と10%の四則演算で決まる
読んだ人のクチコミ数学って難しそうだけど、この本はストーリー仕立てで分かりやすかった!仕事でも役立つ数字の使い方がたくさん学べた。うまく数字を扱ってビジネスをドライブさせたい!

購入はこちら

11位:「データは苦手」からの卒業 管理職のためのやさしい数値化技術

KPI・数値管理・管理会計のおすすめ本ランキングで次に紹介するのは「「データは苦手」からの卒業 管理職のためのやさしい数値化技術」です。

本書は、データ分析に苦手意識を持つ管理職の方々に向けた、やさしい数値化技術の入門書です。読者の気持ちに寄り添いながら、「わからない」を生まないよう配慮された内容となっています。ビジネス経験者にとってすぐに役立つ実践的な内容で、最後まで読み進められるでしょう。複雑な手法を使わずとも、日常のビジネスで十分に効果を得られる技術を学べます。数値化スキルを身につけるための成功体験を積み重ねることを目指しており、データ分析が苦手な人こそ手に取ってほしい一冊です。本書を読み進めることで、マネジメントや戦略立案にも活かせる知識が得られるでしょう。

▼書籍概要

書籍名「データは苦手」からの卒業 管理職のためのやさしい数値化技術
対象者数値やデータ分析に苦手意識を持つビジネス経験者や初心者
ひとこと説明数値やデータ分析へのアレルギーや苦手意識を払拭し、ビジネスで即効性のある数値化スキルを身につける超入門書
著者中野 崇 (著)
発売日2022/10/21
ページ数256ページ
出版社日経BP
中身(目次)第1章 数字に親しむ
第2章 はじめの一歩は「時間の数値化」がオススメ
第3章 知っておくと便利!数値化の型
第4章 数字がもつ“人の思い”を捉える技「インタビュー」
第5章 数値化技術をビジネスで活用してみよう
第6章 日常に潜む「数字の落とし穴」
第7章 数値化技術を高める7つの習慣
読んだ人のクチコミデータ分析について苦手意識があったけど、この本はやさしくて分かりやすかった。ビジネスでの数値化スキルが格段に上がった!

管理職のためのとあるけど、一般メンバーでも知っておくべき数値化の技術が書かれています。読んで損はない一冊

購入はこちら

12位:指標・特徴量の設計から始める データ可視化学入門 データを洞察につなげる技術

次に紹介するKPI管理・数値化・管理会計のおすすめ本は「指標・特徴量の設計から始める データ可視化学入門 データを洞察につなげる技術」です。

本書は、データ可視化の本質を理解し、データから洞察を引き出すための技術を学べる一冊です。新しいタイプのデータに対して、どのような指標や特徴量に着目して分析を進めるべきかに焦点を当てており、対象のメカニズムを「視える」ようにするための「変換」の方法を丁寧に解説しています。Pythonコードを使った実践的な例題も豊富に掲載されているため、初学者でも無理なく学ぶことができるでしょう。データ分析の現場で活躍するために必要な知識とスキルを身につけられる、実務家にもおすすめの一冊です。本書を手に取ることで、データ可視化の新境地を体感してみてください。

▼書籍概要

書籍名指標・特徴量の設計から始める データ可視化学入門 データを洞察につなげる技術
対象者データ可視化の基礎を理解し、新しいアプローチを学びたいデータ分析者やビジネス向けのデータユーザー
ひとこと説明データ可視化を「データを理解するための変換」と捉え、新しい可視化手法を通じてデータ解釈の深化を図る解説書
著者江崎貴裕 (著)
発売日2023/12/9
ページ数270ページ
出版社ソシム
中身(目次)第1章 データ可視化の本質
第2章 数量を把握するデータ可視化
第3章 メカニズムをとらえるデータ可視化
第4章 多変数をとらえるデータ可視化
第5章 データの分布をとらえる指標化
第6章 関係性をとらえる指標化
第7章 パターンをとらえる指標化
第8章 データ指標化・可視化のプロセス
読んだ人のクチコミデータ可視化の新しい側面に触れることができる貴重な一冊。分析の視点が広がり、データから得られる洞察が深まった!

この本はデータ可視化の新しい側面に焦点を当てていて、本当に勉強になった。普段使っている方法とは違うアプローチを学べたし、データの本質を深く理解できた気がする。分析の幅が広がり、ビジネスでの意思決定に大いに役立っている!

購入はこちら

13位:マーケティングリサーチとデータ分析の基本

KPI・数値管理・管理会計のおすすめ本ランキングで次に紹介するのは「マーケティングリサーチとデータ分析の基本」です。

この本は、マーケティングリサーチやデータ分析をこれから始めたい方、またはすでに始めているがもっと深く理解したい方にぴったりの一冊です。データの収集から分析、解釈までのプロセスをわかりやすく解説しており、デジタルマーケティングやデータドリブンマーケティングの基礎を固めたいビジネスパーソンに最適です。特に、データサイエンスや統計学が専門でない方でも、日々の業務にデータ分析のエッセンスを取り入れることの重要性を説いています。また、リサーチやデータ分析が苦手な文系出身者や、リサーチ業務に慣れていない方でも安心して読めるよう、基本的なポイントをシンプルにまとめている点が特におすすめです。

▼書籍概要

書籍名マーケティングリサーチとデータ分析の基本
対象者データリテラシーに不安を抱えるビジネスパーソンやマーケター、リサーチ・データ分析の初心者
ひとこと説明ビジネスパーソン向けに、データリテラシーの基礎から始めるシンプルなデータ活用技術入門書
著者中野 崇 (著)
発売日2018/4/8
ページ数192ページ
出版社すばる舎
中身(目次)第1章 なぜ今、ビジネスにおけるデータ活用が必要なのか
第2章 リサーチ・データ分析の始めかた
第3章 よく活用されるインターネットリサーチとインタビュー調査
第4章 仮説思考の重要性
第5章 データを分析し、アクションにつなげる
第6章 マーケティングリサーチの最前線
読んだ人のクチコミ数字に弱いけど、この本はシンプルでわかりやすかった。ビジネスに必要なデータ活用の基礎が身についた気がする!すぐに実務の分析現場・リサーチ現場で役に立ちました

購入はこちら

14位:事業計画を実現するKPIマネジメントの実務 PDCAを回す目標必達の技術

KPI管理・数値化・管理会計のおすすめ本ランキング、14位にランクインした本は「事業計画を実現するKPIマネジメントの実務 PDCAを回す目標必達の技術」です。

本書は、企業の成果を最大化するためのKPIマネジメントに特化した実用書です。KPIとは業績管理や評価のための重要な指標であり、多くの企業がその有効性に注目しています。しかし、理論だけではなく、実際に成果を生み出すためには具体的な運用方法が求められます。そこで本書は、誰がいつ何をすべきかを明確にし、PDCAサイクルを効果的に回すための運用ルールを提案しています。実際の事業計画策定やKPIの展開に役立つ具体例も豊富に紹介されており、組織全体の目標達成力を高めるための実践的な知識が詰まっています。経営者やマネージャー、さらには事業計画に携わるすべての人にとって、最良の参考書と言えるでしょう。

▼書籍概要

書籍名事業計画を実現するKPIマネジメントの実務 PDCAを回す目標必達の技術
対象者KPIを活用するが成果が出せていない企業の経営者やマネージャー、KPIの実践に興味があるビジネス
ひとこと説明KPIマネジメントの実践的手法を通じて、目標達成力を高める続編。具体的なPDCAサイクルや戦略目標設定など、ビジネスに即した方法論が学べます
著者大工舎 宏 (著)
発売日2017/12/10
ページ数216ページ
出版社日本能率協会マネジメントセンター
中身(目次)序章 「誰が」「いつ」「なにを」行うかの全体像
第1章 ステップ1 前期経営計画の総括
第2章 ステップ2 必達目標と戦略課題の整理(戦略マップの第1版作成)
第3章 ステップ3 戦略目標(戦略課題のKGI)の設定
第4章 ステップ4 部門のKGI・プロセスの設定
第5章 ステップ5 取組みテーマの進め方の検討
第6章 ステップ6 アクションプランの設定
第7章 ステップ7 戦略マップの最終化と予算設定
第8章 ステップ8 KPIマネジメントの運用ルールの設定
第9章 ステップ9 コーポレート部門で対応すべき事項の整理
第10章 ステップ10 KPIでPDCAを回す
読んだ人のクチコミKPIを使っていたけど、成果が出せていなかった。この本は実践的で、具体的な手法が書かれているので分かりやすかった!PDCAサイクルを回すことで成果を出せるようになった!KPIをもっと活用したい人におすすめです

購入はこちら

15位:数学女子 智香が教える 〈マンガ〉仕事で数字を使うって、こういうことです

KPI・数値管理のおすすめ本ランキングで次に紹介するのは「数学女子 智香が教える 〈マンガ〉仕事で数字を使うって、こういうことです」です。

本書は、ビジネスシーンで数字を駆使するスキルの重要性をマンガという親しみやすい形で伝える一冊です。アパレル業界で働く木村と、数学を得意とする智香の交流を通じて、数字を使った仕事の進め方が描かれています。例えば、セールの割引率を決める際にも、ただの勘ではなく、適切な数字を用いて戦略を練ることの大切さを学べます。また、売上を伸ばすための具体的な方法論も提案されており、数字が苦手な人でも楽しみながら学べる内容となっています。単なる理論書ではなく、実際にビジネスで役立つ「数字→仮説→実行→検証」というプロセスを、マンガを通して理解できる点が特におすすめです。

▼書籍概要

書籍名数学女子 智香が教える 〈マンガ〉仕事で数字を使うって、こういうことです
対象者数字に興味がないビジネスパーソンや経営者、数字を使って仕事を効率化したい人
ひとこと説明アパレル企業で働く木村と数学女子・智香の物語を通じて、数字をビジネスで活用する楽しさと重要性をコミックで解説
著者深沢 真太郎 (著)
発売日2019/11/20
ページ数176ページ
出版社日本実業出版社
中身(目次)プロローグ 「いい感じで」から卒業するために
第1章 数値分析はの基本は「分ける」こと
第2章 その値引きにロジックはありますか
第3章 数学的手法で「仮説」を立ててみる
第4章 数学的モデルで「売れる数」を予測する
エピローグ教えたこと、教えられたこと
読んだ人のクチコミ数字に苦手意識があったけど、このマンガで数字の面白さが分かった!仮説を立てて実行し、結果を検証する方法が身についた!

智香と木村のコンビが面白くて、数字の世界に引き込まれました。ビジネスの課題を数字で解決する手法が分かりやすいです

智香の数学的アプローチが目からウロコ!数字を使って仮説を立てることで、ビジネスの課題に新たな視点がもたらされました。楽しみながら学べる、おすすめの一冊です!

購入はこちら

16位:「数字で考える」は武器になる

次に紹介するKPI管理・数値化のおすすめ本は「「数字で考える」は武器になる」です。

本書は、数字を駆使して仕事や日常生活での問題解決能力を高めるための指南書です。リクルートで長年にわたり培われた、数字を使った思考法やデータの解釈方法を、誰でも理解しやすい形で提供しています。特に、四則演算を用いて様々な場面でより良い結果を出すための具体的なアプローチが紹介されており、数字に苦手意識がある人でも実践しやすくなっています。仕事の効率化だけでなく、個人の成長や経営者の視点を学ぶことができる点もこの本の大きな魅力です。数字を武器に変え、ビジネスシーンでの成功を目指す人にとって、まさに必読の書と言えるでしょう。

▼書籍概要

書籍名「数字で考える」は武器になる
対象者数字を使った仕事のパフォーマンスを向上させたいビジネスパーソンや経営者、数字に対するアレルギーを持つ文系の人
ひとこと説明数字で考える力を身につけ、仕事や日常生活でより効果的に行動するための実践的なノウハウを解説した書籍
著者中尾 隆一郎 (著)
発売日2019/3/6
ページ数256ページ
出版社かんき出版
中身(目次)第1章 生産性を爆速させる数字力―Speed is Power
第2章 数字の裏を読む―世の中の2種類のバカの話
第3章 儲けるセンスを高める数字力―経営者の視点を意識する
第4章 人を動かすリーダーの数字力―自分の意思が伝わって初めて、いい仕事になる
第5章 数字力を自在に操る7つのフレーム―あらゆる事象を整理できる「型」をご紹介
読んだ人のクチコミ数字に対するアレルギーがあったけど、本書で実践的な考え方が学べた!仕事のパフォーマンスが向上し、日常生活でも成果を感じることができるようになった!

リクルートで培われた数字のプロが教える、実践的な数字思考法が満載。文系出身でも理解しやすく、仕事に活かせるテクニックがたくさん詰まっています!

購入はこちら

17位:顧客の「買いたい」をつくる KPIマーケティング

次に紹介するKPI管理・数値化のおすすめ本は「顧客の「買いたい」をつくる KPIマーケティング」です。

本書は、単に売上を追求するのではなく、顧客が自ら「この人から買いたい」と思うような関係を築くためのKPI設定について詳しく解説しています。不正を招く可能性のある売上至上主義から脱却し、顧客の心を掴むための「急所」を見極める方法を学べるのが特徴です。また、提供価値の高さを競合と比較し、顧客に喜びを感じてもらうための具体的なアプローチが紹介されています。この手法を実践することで、確実な成果に繋がると評価されており、マーケティングの基礎を学びたい方には特におすすめの内容となっています。

▼書籍概要

書籍名顧客の「買いたい」をつくる KPIマーケティング
対象者マーケティングや営業部門のKPIを効果的に設定したいビジネスパーソンや経営者
ひとこと説明KPI設定の本質を解説し、結果につながる指標の見極め方や戦略の具体化方法を示したマーケティングの実践書
著者佐藤 義典 (著)
発売日2023/9/20
ページ数280ページ
出版社朝日新聞出版
中身(目次)第1章 売上を追っても売上は上がらない。「買いたい」を作ろう
第2章 戦略の「急所」が決めるKPI
第3章 急所の探し方1:戦略を具体化する
第4章 急所の探し方2:お客様の意思決定プロセスからアプローチする
第5章 「急所のパターン」からわかる、あなたの「急所」とKPI
第6章 「急所」とKPIで戦略を回せば、売上も利益も上がる!
読んだ人のクチコミ本書のKPI設定手法は驚くほど実践的。戦略を具体化し、顧客の急所に刺さるKPIを設定することで、売上も利益も上がる実感を得られた!

購入はこちら

18位:「管理会計の基本」がすべてわかる本 第2版

KPI・数値管理・管理会計のおすすめ本ランキングで次に紹介するのは「「管理会計の基本」がすべてわかる本 第2版」です。

本書は、ビジネスの世界で不可欠な管理会計の知識を、初心者でも理解しやすいように解説しています。著者は企業研修やビジネススクールでの人気講師であり、その経験を活かして、豊富な図版や事例、そして全て会話文で構成された内容が特徴です。特に新たに加えられた「業務改善の効果」の章では、実務に直結する知識がさらに深まります。読者は、意思決定やCVP分析、投資評価、コストマネジメントなど、管理会計の基本から応用までを幅広く学ぶことができます。また、補足説明や発展的な解説、コラムも随所に配置されており、基本知識をしっかりと固めたい方に最適な一冊となっています。

▼書籍概要

書籍名「管理会計の基本」がすべてわかる本 第2版
対象者管理会計の基本を学びたいビジネスパーソンや学生、初学者向け
ひとこと説明管理会計の基本を豊富な図版や事例を交えて、オール会話文でわかりやすく解説した実践的な書籍
著者金子智朗 (著)
発売日2017/8/10
ページ数275ページ
出版社秀和システム
中身(目次)第1章 管理会計とは何か ~マネジメントに役立ってこそ~
第2章 意思決定 ~知らないうちに過ちを犯している~
第3章 CVP分析 ~最初から利益が出るほど甘くない~
第4章 固変分解 ~実はそんなに簡単ではない~
第5章 投資の評価 ~複数年に及ぶ効果をどう評価するのか~
第6章 コスト・マネジメント ~重要性が増す間接費の管理~
第7章 業績評価 ~管理会計をカタチにする~
第8章 バランスト・スコアカード
読んだ人のクチコミ管理会計の基本がよくわかる!図版や事例が分かりやすく、オール会話文で読みやすい。ビジネスに活かせる大事な知識が身についた!

購入はこちら

19位:OKR(オーケーアール) シリコンバレー式で大胆な目標を達成する方法

KPI・数値管理・管理会計のおすすめ本ランキングで次に紹介するのは「OKR(オーケーアール) シリコンバレー式で大胆な目標を達成する方法」です。

この本は、シリコンバレー発の目標達成法を紹介しています。目標(Objectives)とそれを達成するための主な結果(Key Results)を設定することで、チームのやる気を引き出し、生産性を高める方法を具体的に解説しています。特に、物語形式で始まる部分では、スタートアップ企業が直面する課題を通じて、この手法がどのように実践されるかが描かれており、読みやすく理解しやすいです。後半部では、成功の秘訣やよくある失敗例まで、実用的なノウハウが豊富に盛り込まれています。目標設定に悩むすべての人、組織に新たな風を吹き込みたいリーダーにとって、実践的な指南書となるでしょう。

▼書籍概要

書籍名OKR(オーケーアール) シリコンバレー式で大胆な目標を達成する方法
対象者OKRを導入したいビジネスパーソンや経営者、プロジェクトマネージャー、チームリーダー
ひとこと説明シリコンバレーのスタートアップの物語を通じてOKRの導入と運用を学び、後半では具体的なノウハウを解説した実践的な書籍
著者クリスティーナ・ウォドキー (著), 及川 卓也(解説) (その他), 二木 夢子 (翻訳)
発売日2018/3/15
ページ数224ページ
出版社日経BP
中身(目次)第1部 実行家の物語
第2部 OKRのフレームワーク
読んだ人のクチコミOKRの基本から具体的な運用方法まで、わかりやすく解説されている。物語形式で読み進めることで理解が深まり、自身のチームやプロジェクトにもすぐに活かせる!

購入はこちら

20位:徹底的に数字で考える。

次に紹介するKPI管理・数値化のおすすめ本は「徹底的に数字で考える。」です。

この本は、ビジネスシーンでの成功を目指す人々に向けた実践的な一冊です。数字を基にした思考法を身につけることで、仕事の質とスピードを格段に向上させることができます。著者はビジネス数学教育の専門家であり、その豊富な経験から導き出された数字を駆使する思考法は、今の時代に必須のスキルと言えるでしょう。特に、データを見る前に重要な思考プロセスや、数字を使った問題解決の具体的な方法論が紹介されています。また、数字が苦手な人でも理解しやすいように、親しみやすい言葉で書かれている点も大きな魅力です。仕事で成果を出したい、もっと効率的に物事を進めたいと考えている方にとって、この本は強力な味方になること間違いありません。

▼書籍概要

書籍名徹底的に数字で考える。
対象者ビジネスパーソンやリーダー、データに基づいた意思決定を追求する個人
ひとこと説明数字で考える思考習慣を身につけ、ビジネスや日常の意思決定を質的に向上させる方法をビジネス数学教育の専門家が解説
著者深沢真太郎 (著)
発売日2020/2/7
ページ数248ページ
出版社フォレスト出版
中身(目次)第1章 「数字で考える」のすべて(なぜ、数字で考える必要があるのか?
第2章 「原因」と「結果」を数字で考える
第3章 数学的に考える頭の作り方
第4章 「正解のない問い」を数値化する思考法
読んだ人のクチコミ数字の重要性を深く理解し、それを日常の思考に組み込むことで、ビジネスにおける意思決定が格段に冴え渡る。数字の力で的確な結論に導かれ、ビジョンが明確になる。実践的なツールや手法が豊富に提供され、仕事においては必携の一冊

購入はこちら

21位:データ・ドリブン・マーケティング―――最低限知っておくべき15の指標

KPI・数値管理のおすすめ本ランキングで次に紹介するのは「データ・ドリブン・マーケティング―――最低限知っておくべき15の指標」です。

この本は、データを基にしたマーケティング戦略を成功させるために必要な知識を凝縮した一冊です。特に注目すべきは、著者が提案する15の指標。これらは、顧客満足度からマーケティング投資の効果まで、幅広いデータを分析し活用するためのものです。著者は、マイクロソフトやインテルといった大企業にコンサルティングを提供する業界の第一人者であり、その豊富な経験から導き出された指標は、大規模なシステムや人的投資を必要とせず、実務家がすぐに活用できるものばかりです。実際の事例を豊富に取り入れており、理論だけでなく実務にも直結するノウハウが満載の一冊となっています。

▼書籍概要

書籍名データ・ドリブン・マーケティング―――最低限知っておくべき15の指標
対象者経営者やマーケティング幹部、データに基づいた意思決定を追求するビジネスプロフェッショナル
ひとこと説明フォーチュン500社の成功パターンをもとに、データドリブン・マーケティングの重要性を解説し、15の指標を提案。実践的な事例とノウハウが豊富に掲載されている
著者マーク・ジェフリー (著), 佐藤 純 (翻訳), 矢倉 純之介 (翻訳), 内田 彩香 (翻訳)
発売日
2017/4/20
ページ数380ページ
出版社ダイヤモンド社
中身(目次)第1章 マーケティング格差
第2章 何から始めるべきか?
第3章 10の伝統的なマーケティング指標
第4章 5つの重要な非財務系指標
第5章 投資リターンを示せ!
第6章 すべての顧客は等しく重要……ではない
第7章 クリックからバリューへ
第8章 アジャイル・マーケティング
第9章 「まさにこれが必要だったんだ!」
第10章 データ・ドリブン・マーケティングに必要なITインフラ
第11章 マーケティングの予算、テクノロジー、プロセス
読んだ人のクチコミビッグデータ時代において、経営やマーケティングの意思決定をデータに基づかせる必要性を示唆する優れた一冊。15の指標による実践的なアプローチは、すぐに活用できる価値がある。現場での成果向上を望む経営者やマーケティング担当者に強くお勧めします。

購入はこちら

22位:データ視覚化のデザイン

次に紹介するKPI管理・数値化・管理会計のおすすめ本は「データ視覚化のデザイン」です。本書は「データ分析のおすすめ本・参考書!現役アナリストが厳選」でも紹介している名著です^^ データ視覚化について非常によくまとまっているおすすめの書籍ですよ♪

本書は、データを視覚的に表現するための実践的な一冊です。著者はTableauのエキスパートであり、その豊かな経験を基に、データをどのようにして人々に理解しやすく、かつ魅力的に伝えるかを詳細に説明しています。特に、色彩の選択やグラフの配置、視覚的なストレスを軽減するテクニックなど、プロフェッショナルなデザインの秘訣が満載です。実際の事例を用いた解説は、データビジュアライゼーションのプロセスを深く理解するのに役立ちます。この内容は、ビジネスのプレゼンテーションやレポート作成に直接活かせるものであり、データを通じてストーリーを語る力を養いたい方にとっても非常に有益です。

▼書籍概要

書籍名データ視覚化のデザイン
対象者データ視覚化に興味があり、効果的なビジュアル表現を学びたい人
ひとこと説明データ視覚化の基本から応用まで、具体的なノウハウや事例を通じてわかりやすく解説されています
著者永田 ゆかり (著)
発売日2020/6/19
ページ数202ページ
出版社SBクリエイティブ
中身(目次)第1章 データ視覚化「キモのキモ」
第2章 これだけでグッとプロっぽくなるコツ
第3章 目的に応じたチャートの選択
第4章 事例で学ぶ -ダッシュボード作成思考のキャプション-
第5章 本当に組織に根付かせるために
読んだ人のクチコミデータ視覚化のキモがこの一冊に! 丁寧な解説と具体的な事例が満載で、初心者から上級者まで必読。ビジュアル表現のプロフェッショナルになりたい人におすすめ!

購入はこちら

23位:仕事で「会社の数字」の大切さに気付いたら読む本

KPI・数値管理のおすすめ本ランキングで次に紹介するのは「仕事で「会社の数字」の大切さに気付いたら読む本」です。

この本は、仕事で「会社の数字」がどれだけ大事かに気づきたい人たちにピッタリのガイドブックです。難しい会計用語を使わずに、たくさんの図や実例を交えて、売上や経費、粗利益などの基本をやさしく説明してくれます。特に、貸借対照表をシンプルな似顔絵で理解できるコツは多くの人に好評です。また、在庫をただのモノではなく、動くお金として見ることの大切さも教えてくれます。忙しい人でもサッと読めるので、疑問が浮かんだときにすぐに読み返せるのも魅力の一つ。会計や経理の基礎を知りたい人や、新しい年度を迎えて自分の会社の数字に敏感になりたい人にぴったりの本です。

▼書籍概要

書籍名仕事で「会社の数字」の大切さに気付いたら読む本
対象者会社の数字や会計について基礎的な知識を身につけたいビジネスパーソン
ひとこと説明会計の専門用語を排除し、わかりやすい図版と事例を用いて、会社の数字を仕事に活かす方法を解説
著者岩谷 誠治 (著)
発売日2013/12/13
ページ数192ページ
出版社すばる舎
中身(目次)PART1 なぜ、「会社の数字」が大切なのか?
PART2 ルールがわかると数字の「意味」が見えてくる
PART3 意外に盲点! 利益にかかる「税金」のしくみ
PART4 トップの目に、あなたの人件費はこう映っている
PART5 あなたの会社のビジネスモデルを把握しよう
PART6 ツライ予算編成の本当の目的
PART7 在庫管理を制する者が「お金の流れ」を制する
PART8 こうすれば簡単! 会社の良し悪しを見分ける方法
読んだ人のクチコミ会計の難しい専門用語が苦手な私でも、本書のわかりやすい解説で会社の数字を理解できた!ビジネスに役立つ知識が身につく一冊

購入はこちら

24位:図解ポケット KPIマネジメントがよくわかる本

次に紹介するKPI管理・数値化のおすすめ本は「図解ポケット KPIマネジメントがよくわかる本」です。

本書はビジネスの現場で必須とされるKPI(重要業績評価指標)について、初心者でも理解しやすいように解説しています。KPIの基礎知識から、戦略的な活用法、さらには環境や社会に対する責任を可視化する手法まで、幅広い内容が網羅されている点が特徴です。また、ROE(自己資本利益率)の意味や活用法、SDGs(持続可能な開発目標)のグローバル指標に至るまで、現代のビジネスパーソンが把握しておくべき重要なテーマが盛り込まれています。実際の業務に役立つ図表が豊富に含まれており、プレゼンテーション資料としても活用できる点も魅力の一冊です。

▼書籍概要

書籍名図解ポケット KPIマネジメントがよくわかる本
対象者KPIに基本的な理解があり、さらに戦略的な活用や社会的課題への適用を学びたいビジネスパーソン
ひとこと説明KPIの基本から進化形、さらにはサステナビリティやSDGsへの活用まで、3つのステージでわかりやすく解説
著者松原恭司郎 (著)
発売日2020/2/15
ページ数146ページ
出版社秀和システム
中身(目次)Chapter1 KPI Basic編
Chapter2 KPI Advance編
Chapter3 KPI Challenge編
読んだ人のクチコミKPIについて初心者から上級者まで必要な情報が網羅されている。実例も豊富で、ビジネスに役立つ知識が詰まったKPIの参考書です

購入はこちら

25位:現場で役立つ 物流/小売・流通のKPIカイゼンポケットブック

KPI・数値管理のおすすめ本ランキングで次に紹介するのは「現場で役立つ 物流/小売・流通のKPIカイゼンポケットブック」です。

本書は物流や小売・流通の現場で直面する課題を解決するためのKPI(重要業績評価指標)の活用法を紹介しています。特に現場での改善活動や経営分析に役立つ主要なKPIを、物流編と小売・流通編に分けて詳しく解説している点が大きな特徴です。この手の情報はなかなかまとまっているものが少なく、特に物流関係者にとっては貴重な一冊と言えるでしょう。また、ポケットブックとしての利便性も魅力の一つ。カバンやデスク、ユニフォームのポケットに入れておくことで、必要な時にすぐにKPIを参照し、現場の状況に応じた迅速な判断や改善策の検討が可能になります。

▼書籍概要

書籍名現場で役立つ 物流/小売・流通のKPIカイゼンポケットブック
対象者物流現場や流通・小売業界で働く人や、カイゼン活動やKPI管理に興味を持つ人
ひとこと説明物流現場や流通・小売業界におけるKPIの作り方と数値化手法をわかりやすく解説
著者鈴木邦成 (著)
発売日2023/1/28
ページ数176ページ
出版社日刊工業新聞社
中身(目次)第1章 計数/KPIとは
第2章 輸配送
第3章 保管・在庫
第4章 物流センター業務
第5章 静脈物流
第6章 調達・仕入れ
第7章 販 売
第8章 生産性・人的資源管理
第9章 経営分析
読んだ人のクチコミ物流や小売業界で働く私にとって、この本はKPI管理のバイブルといえる。難しいKPIをわかりやすく解説してくれて、現場での業務改善に役立った。

購入はこちら

26位:実践Q&A KPIマネジメントのはなし

次に紹介するKPI管理・数値化のおすすめ本は「実践Q&A KPIマネジメントのはなし」です。

この本は、企業の成長と成功を目指す方にとって必読のガイドブックです。オムロンのROIC経営や花王のEVA経営といった、実際の企業が採用している代表的なKPI(重要業績指標)の事例を豊富に紹介しています。KPIマネジメントの基本から応用、最前線の情報までを網羅し、自社の事業目標達成度を把握するための指標設定の重要性を解説しています。また、組織成長における「150人の壁」とその克服方法についても触れられており、中小企業の経営者や経営層にとっても大変参考になります。

▼書籍概要

書籍名実践Q&A KPIマネジメントのはなし
対象者経営者や経営陣、ビジネスパーソン、KPIを活用したい企業の関係者
ひとこと説明オムロンや花王などの企業の事例を通じて、代表的なKPIの設定や活用方法を解説
著者吉田 栄介 (著)
発売日2021/12/16
ページ数145ページ
出版社中央経済社
中身(目次)第1章 基本的な考え方
第2章 組織体制の整備と運用
第3章 KPIの設定:基礎
第4章 KPIの設定:応用
第5章 BSCによるKPIマネジメント
読んだ人のクチコミKPIについて知識が浅かった私にとって、この本は理解を深めるのに役立ちました。事例が具体的でわかりやすく、自社のKPI設定にも参考になった

購入はこちら

27位:管理会計の基本 (この1冊ですべてわかる)

KPI・数値管理・管理会計のおすすめ本ランキングで次に紹介するのは「管理会計の基本 (この1冊ですべてわかる)」です。

本書は、管理会計を初めて学ぶ人でも理解しやすいように書かれています。現場で直接活用できる知識を、コーヒーショップの運営を例にして具体的に解説している点が特に魅力です。価格設定や商品戦略の立案、さらには将来の投資分析に至るまで、実際のビジネスシーンで役立つテクニックが満載。専門用語も丁寧に説明されており、数字に自信がない人でも安心して読み進められます。この一冊を手にすれば、管理会計の全体像を掴み、実務に活かす力が身につくでしょう。

▼書籍概要

書籍名管理会計の基本 (この1冊ですべてわかる)
対象者経営者、経営陣、ビジネスパーソン、管理会計初学者
ひとこと説明現場での実践に役立つ管理会計の基本を具体的な事例を通じて解説。コーヒーショップなどの例を用い、シミュレーションを通して理解を深める
著者千賀 秀信 (著)
発売日2011/6/30
ページ数240ページ
出版社日本実業出版社
中身(目次)第1章 管理会計で数字を見ると、経営の本質が浮かび上がる
第2章 損益分岐点分析で管理会計入門
第3章 変動損益計算書の活用法
第4章 原価管理のポイントを理解しよう
第5章 短期的意思決定に役立つ考え方
第6章 戦略的意思決定に役立つ考え方
読んだ人のクチコミ経営に必要な数字を分かりやすく説明してくれる良書。コーヒーショップの例は理解しやすく、実践的なアプローチが助かりました。管理会計の入門書としておすすめです。

購入はこちら

28位:「数字」が読めると本当に儲かるんですか?

次に紹介するKPI管理・数値化のおすすめ本は「「数字」が読めると本当に儲かるんですか?」です。

この本は、会計の知識がなくても数字を読む力を身につけることができる実践的なガイドです。著者が経験した赤字からのV字回復の物語を通じて、お金の管理の重要性と正しい方法を学べます。特に、固定費や変動費の理解、売上だけが利益に直結しない理由など、具体的な事例を用いた説明が魅力的です。また、「儲けパワー」を高めるための戦略も紹介されており、経営者だけでなく、これからビジネスを始めたい人にも大変役立ちます。分かりやすく、親しみやすい言葉で書かれているため、会計の世界が初めての人でも安心して読み進めることができる一冊です。

▼書籍概要

書籍名「数字」が読めると本当に儲かるんですか?
対象者経営者、起業家、経営陣、会計初学者
ひとこと説明実体験に基づいた実践的な会計の入門書。難しい会計用語をわかりやすく解説し、黒字化への道筋を示す
著者古屋 悟司 (著), 田中 靖浩 (その他)
発売日2017/3/24
ページ数251ページ
出版社日本実業出版社
中身(目次)はじめに ~世にも奇妙な花屋の物語~
第1章 お金はあとからついてきません
第2章 「数字」が読めると本当に儲かるんですか?
第3章 「儲けパワー」を高めるには、どうしたらいいんですか?
第4章 「値上げ」をしたら、天国と地獄を見ました
第5章 「数字」が読めると本当に儲かりました
おわりに ~「自分だけのため」から「人のため」に儲けたい~
読んだ人のクチコミ経営者にとっては必読書!著者の体験を通じて、会計の重要性がよく理解できた。わかりやすい解説と実践的なアドバイスで、自社の経営にすぐ役立つ知識が得られる。

これまで理解できなかった会計が、著者のリアルな経験と共にわかりやすく説明されています。ビジネスにおいて本当に使える知識が身につき、実践的で参考になりました。経営者や起業家におすすめの一冊。

購入はこちら

29位:鬼速PDCA

KPI・数値管理のおすすめ本ランキングで次に紹介するのは「鬼速PDCA」です。

本書は、ビジネスの世界で圧倒的な成果を出すための方法を紹介しています。PDCAサイクルをただ回すのではなく、その速度を大幅に上げる「鬼速」のアプローチを採用。著者の豊富な経験から生まれた、目標達成のための具体的なツールやシートが紹介されており、これらは実際にダウンロードして利用可能です。仕事の効率を上げたい、成果をもっと出したいと考えている人にとって、実践的なアドバイスが満載の一冊です。読むだけでなく、提供されるツールを活用することで、仕事の質とスピードが格段に向上します。

▼書籍概要

書籍名鬼速PDCA
対象者ビジネスパーソンでPDCAサイクルを理解しているが、さらに実践を深めたい人や、時間効率を向上させたい人
ひとこと説明PDCAサイクルをさらに進化させた「鬼速PDCA」の方法論を通じて、効率的な仕事術を提供
著者冨田 和成 (著)
発売日2016/10/24
ページ数272ページ
出版社クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
中身(目次)1章 前進するフレームワークとしてのPDCA
2章 計画初級編:ギャップから導き出される「計画」
3章 計画応用編:仮説の精度を上げる「因数分解」
4章 実行初級編:確実にやり遂げる「行動力」
5章 実行応用編:鬼速で動くための「タイムマネジメント」
6章 検証:正しい計画と実行の上に成り立つ「振り返り」
7章 調整:検証結果を踏まえた「改善」と「伸長」
8章 チームで実践する鬼速PDCA
読んだ人のクチコミ「鬼速PDCA」を実践して、仕事に迷いなく成果を出せるようになった。特に、目標分解や進捗管理シートは効果抜群だった。

購入はこちら

30位:入門計数管理: 過剰在庫をなくし利益をアップ 売り場の力を数字でつかむ (ビジネス常識BOOK)

次に紹介するKPI管理・数値化のおすすめ本は「入門計数管理: 過剰在庫をなくし利益をアップ 売り場の力を数字でつかむ (ビジネス常識BOOK)」です。

本書は、売り場管理の基礎から応用までをわかりやすく解説しています。計数管理に不安を感じる方や、初めて売り場管理に挑戦する方にも理解しやすい内容となっており、過剰在庫を減らし利益を最大化する方法を具体的に学べます。また、売上げの伸び悩みや利益確保の難しさに直面している現代のビジネス環境において、数字を読み解き、適切な戦略を立てる力が身につくでしょう。店舗運営だけでなく、他の業種にも応用可能な知識が盛り込まれている点もこの本の大きな魅力です。計数管理をマスターし、ビジネスの成果を向上させたい方には必読の一冊です。

購入はこちら

31位:マネジャーのためのKPIハンドブック: 知っておくべき「75」の評価基準

KPI・数値管理のおすすめ本ランキングで次に紹介するのは「マネジャーのためのKPIハンドブック: 知っておくべき「75」の評価基準」です。

本書は、経営者やマネジャーが知るべきKPIを網羅的に解説しています。財務から顧客、マーケティング、社会的責任まで、実務に直結する75の指標を具体的な例と共に紐解きます。特にデジタルマーケティングの分野でのウェブ解析指標の扱いが充実しており、Google アナリティクスの専門家の見解も取り入れられています。戦略策定からKPIの選定まで、ビジネスの目標達成に役立つ実践的なアドバイスが満載で、経営者から一般社員まで幅広く活用できる内容です。

▼書籍概要

書籍名マネジャーのためのKPIハンドブック: 知っておくべき「75」の評価基準
対象者KPI管理をしたいマネージャ、管理職の人
ひとこと説明KPIや指標の重要性がよくわかる。管理職ではない一般のビジネスマンにもおすすめ
著者バーナード マー (著), Bernard Marr (原名), SDL Plc (翻訳)
発売日2012/12/1
ページ数441ページ
出版社桐原書店
中身(目次)1 財務の視点
2 顧客の視点
3 マーケティングと販売の視点
4 業務プロセスとサプライチェーンの視点
5 従業員の視点
6 企業の社会的責任(CSR)の視点
読んだ人のクチコミまだクチコミはありません

購入はこちら

32位:99%の人が知らない数字に強くなる裏ワザ30―――パパッと計算、サクッと考える仕事術

KPI・数値管理のおすすめ本ランキングで次に紹介するのは「99%の人が知らない数字に強くなる裏ワザ30―――パパッと計算、サクッと考える仕事術」です。

本書は、数字に関する悩みを解消し、ビジネスシーンで役立つ計算スキルや考え方を身につけたい方に最適なガイドです。著者はビジネス数学検定1級AAAの資格を持ち、日本で唯一の専門家として多くの企業や教育機関で講義を行っています。この本では、電卓の使い方から数字を読み解く技術まで、誰でも簡単にできるコツを30個紹介。特に、数字のマジックに惑わされず、データの裏を読み解く力を養うことができます。文系出身者でも安心して読み進められる内容で、日常生活や仕事で直面する数字の問題をスマートに解決する手助けとなります。

▼書籍概要

書籍名99%の人が知らない数字に強くなる裏ワザ30―――パパッと計算、サクッと考える仕事術
対象者数字に強くなりたいと思っている人や、ビジネスで数字を活用したい人
ひとこと説明数字に苦手意識を持つ人でも簡単に数字の扱い方をマスターし、「数字に強い人」に変身できる方法を提供
著者深沢 真太郎 (著)
発売日2016/2/26
ページ数160ページ
出版社ダイヤモンド社
中身(目次)第1章 数字に強い人の一瞬で計算を終わらせる電卓スキル
第2章 一生ものの武器に! 数字を使ってサクッと考える技術
第3章 もうダマされない! あなたを惑わす「数字のマジック」対処法
第4章 真実が見えてくる! 数字の「裏」まで読み解く技術
読んだ人のクチコミ数字の扱いが苦手だったけど、この本を読んで電卓も使いこなせるようになった!数字に振り回されないで冷静に考えられるようになり、ビジネスでも大活躍できそう

購入はこちら

33位:基本も実務知識もこれ1冊で! 管理会計 本格入門

次に紹介するKPI管理・数値化・管理会計のおすすめ本は「基本も実務知識もこれ1冊で! 管理会計 本格入門」です。

本書は、管理会計の世界への扉を開くためのガイドとなる一冊です。実際にビジネスでの意思決定に役立つ具体的な分析方法など、幅広い知識を網羅しています。特に、CVP分析や原価計算など、実務で直面する課題を解決するための技術が詳しく解説されており、これからマネジメントの世界に足を踏み入れる方や、既にビジネスリーダーとして活躍している方にも新たな視点を提供します。300ページを超えるボリュームにも関わらず、イラストや会話形式の説明が豊富で、初心者でも最後まで楽しく学べる内容になっています。管理会計を学びたい方にとって、この一冊は信頼できるパートナーになること間違いありません。

▼書籍概要

書籍名基本も実務知識もこれ1冊で! 管理会計 本格入門
対象者財務諸表を知っているがビジネスでの活用が不十分な人や、管理会計の知識を身につけたい現場のマネジメントやビジネスリーダー志望者、またビジネスと数字に興味のある学生
ひとこと説明実践的な管理会計の教科書で、ビジネスにおける数字の活用法を具体的に解説している管理会計や数値管理の参考書
著者駒井 伸俊 (著)
発売日2021/3/27
ページ数328ページ
出版社ソシム
中身(目次)第1章 短期的な意思決定のいろいろ
第2章 CVP分析
第3章 原価分解
第4章 新しい管理会計の領域
第5章 原価計算
第6章 コストマネジメント
第7章 資本コスト
第8章 長期的な意思決定
第9章 バランスト・スコアカード
読んだ人のクチコミ会社の数字と向き合って意思決定しなくてはいけなくなったけど、どうやって活用すればいいかわからなかった。この本を読んで、会計の基礎から実践的な活用まで理解できた

購入はこちら

34位:KPIマネジメント (日経文庫)

KPI・数値管理のおすすめ本ランキングで次に紹介するのは「KPIマネジメント (日経文庫)」です。

この本は、マネジメントの現場で不可欠なKPIの運用を、初心者にも理解しやすい形で解説しています。デジタル化が進む中で増え続けるデータの海から、本当に重要な指標を見極める方法を学べます。職種別の実例が豊富に掲載されており、営業から研究開発まで、幅広い分野で活用できる内容が特徴です。また、理論だけでなく、実際の業務に役立つ応用知識も網羅。経営の数字を手軽に調べられる辞書のように使えるため、日々の意思決定を支える強力なツールとなるでしょう。

▼書籍概要

書籍名KPIマネジメント (日経文庫)
対象者マネジメントやビジネスに関わる人や、KPIを活用したい人、そしてKPIに興味のある学生
ひとこと説明KPIマネジメントの基礎から応用までをわかりやすく解説した実践的な入門書
著者佐々木一寿 (著)
発売日2023/7/22
ページ数248ページ
出版社日経BP 日本経済新聞出版
中身(目次)第1章 KPIマネジメントとは何か
第2章 KPIを設定する
第3章 職種ごとの個別KPI
第4章 KPIの運用とフィードバック
第5章 運用を効率化する
第6章 KPIの留意点と〝新しい波〟
読んだ人のクチコミKPI設定に迷っていたけど、この本を読んで具体的な手法がわかった!職種別の例も参考になり、日々の業務に活かせる情報がたくさん詰まっている。

購入はこちら

35位:強い企業が実践している 使えるKPIの作り方 (NewsPicks Select)

次に紹介するKPI管理・数値化のおすすめ本は「強い企業が実践している 使えるKPIの作り方 (NewsPicks Select)」です。

この本は、事業の成功を左右するKPI設定の秘訣を、豊富な実例とともに解説しています。特に、財務責任者としての経験を持つ著者が、Excelを駆使した分析方法を紹介する点が魅力的です。バブルチャートや感応度分析など、具体的なツールの使い方を学べるため、読者は実際に自社のデータを分析し、有効なKPIを設計する力を身につけることができます。理論だけでなく実践にも役立つ内容は、事業管理をより効果的に行いたい方にとって必読と言える一冊です。

▼書籍概要

書籍名強い企業が実践している 使えるKPIの作り方 (NewsPicks Select)
対象者経営者やマネジメント、財務関連の仕事に従事する人、KPIの設計や事業管理に興味があるビジネスパーソン
ひとこと説明Excelを駆使してKPI設計と事業管理を徹底解説した、実践的な書籍
著者熊野整 (著)
発売日2021/4/1
ページ数66ページ
出版社ニューズピックス
中身(目次)第1章 事業リーダーの必須科目「KPI設計」のキモ
第2章 機能するKPI、しないKPIの分かれ目
第3章 SaaS企業の「最適KPI」を徹底的に考えてみた
第4章 目標倒れにならず、KPIを「うまく」運用するコツ
読んだ人のクチコミKPIの本質を理解し、実践的な分析方法を習得した。Excelを使った具体的な実例がわかりやすく、KPI設計に自信が持てるようになった

購入はこちら

36位:図解! 製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

▼書籍概要

書籍名図解! 製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説
対象者経営者やマネージャー、管理会計に興味を持つビジネスパーソン
ひとこと説明従来のKPIの問題点を指摘し、新しいKPIによる正しい管理方法を解説する実践的な入門書
著者吉川武文 (著)
発売日2020/9/26
ページ数256ページ
出版社日刊工業新聞社
中身(目次)1 利益率と付加価値―全ての経営の出発点となる最重要KPI
2 損益分岐点―明日の行動を決めるKPI
3 原価差異―コストダウンの成否を握るKPI
4 生産性―会社の基礎体力を測るKPI
5 在庫回転数―経営にムダがないことを示すKPI
6 固定資産回転数とROA―資産管理の要となるKPI
7 内部収益率IRR―設備投資の意思決定をするためのKPI
8 流動比率と自己資本比率―財務安全性を示すKPI
9 付加価値会計―新しいKPIを支える会計
10 キャッシュフロー―ウソを付けないと言われるKPI
読んだ人のクチコミKPI設計における陥りがちな問題点を明確に理解し、新しい管理会計の在り方を学ぶことができた。ビジネスの復活に向けて具体的な指針が示されていて、非常に参考になった!

購入はこちら

37位:マンガで入門! 管理会計が面白いほどわかる本

▼書籍概要

書籍名マンガで入門! 管理会計が面白いほどわかる本
対象者経営者やマネージャー、経理部員、営業社員など経営をよくするために管理会計の視点を学びたい人
ひとこと説明経営をよくするための会計の基本をわかりやすく解説した入門書
著者森岡 寛 (著), 紅乃 香菜 (著, その他)
発売日2016/11/11
ページ数344ページ
出版社ダイヤモンド社
中身(目次)プロローグ なんで私が大阪のエリアマネジャーに! ?
第1章 正しい売上、正しいコスト、正しい利益って?
第2章 本当に儲かっている商品はどれだ?
第3章 在庫と経費を絞るだけでは利益は増えない
第4章 売上アップの秘訣は、客数と客単価にあり
第5章 表向きは黒字の貢献店舗、でも、実態は?
第6章 目先の利益を追うだけでは成長できない
エピローグ まさかのセカンドキャリアがスタート
読んだ人のクチコミマンガで楽しく学べるし、内容もしっかりしている。数字の裏付けのある提案ができるようになったし、仕事に対する新しい視点が身についた!

数字の世界が苦手だったけど、このマンガを読んで楽しく理解できた!経営に関する知識が身についたし、数字を使って仕事を改善するアイデアが湧いてきた!

購入はこちら

38位:「KPIマネジメント」がゼロから身につく リーダーシップ見るだけノート

▼書籍概要

書籍名「KPIマネジメント」がゼロから身につく リーダーシップ見るだけノート
対象者リーダーシップを持つビジネスパーソンやKPIマネジメントに興味のある人
ひとこと説明KPIマネジメントの基礎から具体例、実践的なノウハウまでを分かりやすく解説した入門書
著者中尾 隆一郎 (監修)
発売日2022/1/17
ページ数221ページ
出版社宝島社
中身(目次)1 令和のリーダー必須のツール「KPIマネジメント」の基礎知識 PART1
2 「KPIマネジメント」をより深く理解する!「KPIマネジメント」の基礎知識 PART2
3 「KPIマネジメント」実践するための10のステップ
4 「KPIマネジメント」を実践する際に気をつけることとは?
5 KPIを活用して成功した日本企業の個別事例
6 最大の成果を上げるためのリーダーシップとは?
読んだ人のクチコミKPIマネジメントについて知識が乏しい人でも、この本を読んで簡単に理解できた!イラストも分かりやすくて、実践に役立つアイデアが満載の良書

購入はこちら

39位:KPIマネジメントの再構築 見える化とコミュニケーションが導くPDCA改革

▼書籍概要

書籍名KPIマネジメントの再構築 見える化とコミュニケーションが導くPDCA改革
対象者KPIマネジメントに取り組むビジネスリーダーや管理者
ひとこと説明KPIマネジメントの形骸化に焦点を当て、停滞要因とリカバリー方法を詳細に解説した実践的な一冊
著者大工舎 宏 (著)
発売日2021/6/23
ページ数232ページ
出版社日本能率協会マネジメントセンター
中身(目次)第1章 PDCAが不調に陥っているサイン
第2章 KPIマネジメントをうまく活用できなくなる要因 1
第3章 KPIマネジメントをうまく活用できなくなる要因 2
第4章 KPIマネジメントを再構築するための進め方 8つのポイント
第5章 KPIマネジメントの取組みが発足する背景―代表事例紹介―
読んだ人のクチコミKPIマネジメントに悩んでいたけど、この本を読んで問題点と改善方法が明確になった!具体的な事例も参考になった。

購入はこちら

40位:マーケティングのKPI 「売れる仕組み」の新評価軸

▼書籍概要

書籍名マーケティングのKPI 「売れる仕組み」の新評価軸
対象者マーケティング部門の幹部や現場担当者
ひとこと説明リードを中心にしたマーケティングKPIの設計や評価方法を体系的に解説。実践的な事例も掲載しており、BtoBマーケティングの進化に即した方法論が学べる書籍
著者上島 千鶴 (著)
発売日2016/6/18
ページ数216ページ
出版社日経BP
中身(目次)第1章 従来のマーケティング活動
第2章 最小単位のリードとは
第3章 評価するための各視点
第4章 デジタル接点を可視化する
第5章 評価指標
第6章 リードマネジメント定義
第7章 アカウントベースのマーケティング
第8章 解析データと個別指標
第9章 ケーススタディとマーケティングKPI
第10章 これからのマーケティング組織の在り方
読んだ人のクチコミマーケティングKPIの設計で悩んでいたけど、リードを中心にしたアプローチでスッキリ。実例が参考になった!

購入はこちら

シェアする