社会人におすすめのビジネス書ランキング!読むべき本を名著・良書から厳選

最終更新日

本記事では社会人におすすめのビジネス書ランキング(2024年)として、社会人が読むべき本を名著や良書から厳選しました!

ビジネスの世界で成功するためには、社会に出てからも知識のアップデートと自己啓発が欠かせません。そのため、多くの社会人がビジネス書を手に取るのも納得です。しかし、膨大な数のビジネス書の中からどの本を選べばいいのか迷ってしまうことも多いのではないでしょうか。そこで今回は、数あるビジネス書の中から「これは読んでおきたい!」と思える名著や良書を厳選し、ランキング形式でご紹介します。これからビジネス書を手に取る方や、さらに深い知識を身につけたいと考えている方にとって、必ず役立つ一冊が見つかることでしょう。自身のスキルアップやキャリアの成長を目指すために、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

▼関連記事
新卒・新社会人が読むべきおすすめ本ランキング19冊!
管理職のおすすめ本ランキング22冊!マネジメントを勉強しよう
ロジカルシンキング・論理的思考力のおすすめ本・書籍ランキング

目次

1位:やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

社会人が読むべきおすすめのビジネス書ランキング、第1位は「やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける」です。

本書は、アンジェラ・ダックワースによるやり抜く力(GRIT)の重要性を説いた一冊です。著者は、成功においては才能以上に「情熱」と「粘り強さ」が重要であると主張します。具体的なエピソードや実証データを通じて、やり抜く力を身につけるための方法や、その効果を詳しく解説しています。自己改善やキャリアアップを目指す社会人にとって、やり抜く力を養うヒントが詰まった一冊です。努力を続けることで、人生をより充実させたい方におすすめです。

本書は以下のTED動画がバズったキッカケで生まれました。動画でエッセンスを学べるのでこちらも参考にしてください^^

▼書籍概要

書籍名やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける
対象者自己啓発やキャリアアップを目指す社会人。特に、仕事や日常生活で持続的な努力を必要とする方、ビジネスパーソン、リーダーシップを発揮したい方
ひとこと説明成功に不可欠な「やり抜く力」を解明し、実践的な方法を提供する世界的ベストセラー。著者はハーバード大学出身の心理学者であり、実際の成功者の共通点を明らかにしています。読者は自らの「グリット」を伸ばし、成功への道を切り拓くことができます。
著者アンジェラ・ダックワース (著), 神崎 朗子 (翻訳)
発売日2016/9/9
ページ数376ページ
出版社ダイヤモンド社
中身(目次)はじめに ──「生まれつきの才能」は重要ではなかった!
PART 1 「やり抜く力」とは何か? なぜそれが重要なのか?
 第1章 「やり抜く力」の秘密
 第2章 「才能」では成功できない
 第3章 努力と才能の「達成の方程式」
 第4章 あなたには「やり抜く力」がどれだけあるか?
 第5章 「やり抜く力」は伸ばせる
PART 2 「やり抜く力」を内側から伸ばす
 第6章 「興味」を結びつける
 第7章 成功する「練習」の法則
 第8章 「目的」を見出す
 第9章 この「希望」が背中を押す
PART 3 「やり抜く力」を外側から伸ばす
 第10章 「やり抜く力」を伸ばす効果的な方法
 第11章 「課外活動」を絶対にすべし
 第12章 まわりに「やり抜く力」を伸ばしてもらう
 第13章 最後に
読んだ人のクチコミ・「やり抜く力」の重要性と具体的な方法を解説。目標を明確にし、自己成長を図るための実践的なアドバイスが満載。やる気を持続させるためのヒントが得られる!
・才能よりもやり抜く力が成功の鍵であることを再認識しました。具体的なエピソードが多く、非常に励まされました。
・GRITの概念がとてもわかりやすく説明されています。自己改善を目指す全ての社会人に必読の一冊だと思います。
・後天的にやり抜く力を身につける方法が詳しく解説されており、自分自身の成長に役立てることができました。

購入はこちら

2位:LIFE SHIFT(ライフ・シフト)―100年時代の人生戦略 LIFE SHIFT

次に紹介する社会人が読むべきおすすめのビジネス本・書籍は「LIFE SHIFT(ライフ・シフト)―100年時代の人生戦略 LIFE SHIFT」です。

本書は、リンダ・グラットンとアンドリュー・スコットによる人生戦略本です。著者たちは、寿命が100年に達する時代において、従来の教育・仕事・引退という3ステージ型の人生設計が崩壊し、多様なステージを経験する「マルチステージ型」の人生設計が必要であると説いています。変身資産、生産性資産、活力資産といった新しい概念を通じて、長寿化する社会での柔軟なキャリア形成と持続可能なライフスタイルの提案がなされています。自己投資や変化への適応が求められる現代において、本書は新たな人生戦略のヒントを提供します。

▼書籍概要

書籍名LIFE SHIFT(ライフ・シフト)―100年時代の人生戦略 LIFE SHIFT
対象者自己啓発やキャリア設計に関心のある社会人向けです。特に、今後のキャリアやライフスタイルに不安を抱えているビジネスパーソン
ひとこと説明人生100年時代を生き抜くための戦略的な人生設計書です。健康、仕事、人間関係など、あらゆる面での変化に対処するための新しいビジョンを提供しています。世界的な知識人からの称賛も受けており、将来に向けた重要な提言が満載です。
著者リンダ・グラットン (著), アンドリュー・スコット (著), 池村 千秋 (翻訳)
発売日2016/10/21
ページ数407ページ
出版社東洋経済新報社
中身(目次)日本語版への序文
序章 100年ライフ
第1章 長い生涯――長寿という贈り物
第2章 過去の資金計画――教育・仕事・引退モデルの崩壊
第3章 雇用の未来――機械化・AI後の働き方
第4章 見えない「資産」――お金に換算できないもの
第5章 新しいシナリオ――可能性を広げる
第6章 新しいステージ――選択肢の多様化
第7章 新しいお金の考え方――必要な資金をどう得るか
第8章 新しい時間の使い方――自分のリ・クリエーションへ
第9章 未来の人間関係――私生活はこう変わる
終章 変革への課題
読んだ人のクチコミ・人生100年時代に向けた戦略的な生き方を考えさせられる。健康や仕事、人間関係など、幅広い領域にわたる情報が示され、将来への計画を立てる手助けとなる。読み進めるうちに、未来への不安が希望に変わり、変化を楽しみながら進む方法を示唆される。興味深いテーマについて、詳細かつ明快に解説されており、将来を考えるきっかけになる一冊だ。
・これからの人生設計を考える上で非常に参考になりました。変身資産など新しい概念が特に印象的でした。
・従来の3ステージ型の人生設計から脱却し、柔軟なキャリア形成の重要性を学びました。未来への備えが必要と実感しました。

購入はこちら

3位:ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉

社会人が読むべきおすすめのビジネス書ランキング、第3位は「ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉」です。

著者は、2025年までに働き方が大きく変わると予測し、未来の労働環境についての洞察を提供します。テクノロジーの進化、グローバル化、人口構成の変化などが影響し、ゼネラリストからスペシャリストへのシフト、孤独な競争から協力的なイノベーションへのシフト、大量消費から意義のある経験へのシフトが必要になると説いています。著者は、読者に新しい働き方を模索し、自分のキャリアを主体的に築く重要性を強調しています。

▼書籍概要

書籍名ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉
対象者働き方に関心がある全世代、これからの働き方を知りたい人。現代の急速に変化する労働環境に適応しようとするビジネスパーソンや、キャリアチェンジを考える社会人
ひとこと説明未来の働き方を予測し、主体的に選択するための指南書。グローバル化やテクノロジーの進化などの要因を踏まえ、働き方が変化するトレンドとシフトを解説。働く人々が「食えるだけの仕事」から意味ある経験へとシフトする方法を提案している。
著者リンダ・グラットン (著), 池村 千秋 (翻訳)
発売日2012/7/28
ページ数402ページ
出版社プレジデント社
中身(目次)プロローグ 働き方の未来は今日始まる
序章 働き方の未来を予測する
第1部 なにが働き方の未来を変えるのか?
 第1章 未来を形づくる五つの要因
第2部 「漫然と迎える未来」の暗い現実
 第2章 いつも時間に追われ続ける未来――3分刻みの世界がやって来る
 第3章 孤独にさいなまれる未来――人とのつながりが断ち切られる
 第4章 繁栄から締め出される未来――新しい貧困層が生まれる
第3部 「主体的に築く未来」の明るい日々
 第5章 コ・クリエーションの未来――みんなの力で大きな仕事をやり遂げる
 第6章 積極的に社会と関わる未来――共感とバランスのある人生を送る
 第7章 ミニ起業家が活躍する未来――創造的な人生を切り開く
第4部 働き方を<シフト>する
 第8章 第一のシフト―ゼネラリストから「連続スペシャリスト」へ
 第9章 第二のシフト――孤独な競争から「協力して起こすイノベーション」へ
 第10章 第三のシフト――大量消費から「情熱を傾けられる経験」へ
エピローグ 未来のために知っておくべきこと
読んだ人のクチコミ・将来の社会変化に着目し、その変化に適応した生き方やキャリアのヒントを提供しています。著者の未来予測が現実に近いことに驚き、自らの生き方に疑問を持っていた私には大きな示唆を与えてくれました。この本を読むことで、自分の将来について考え、適切な対策を講じることができるでしょう。特に将来について不安を感じる学生やキャリアに悩む人にはおすすめです!
・テクノロジーとグローバル化が進む中での新しい働き方を示唆してくれる本。未来に備えるための具体的なアドバイスが多く役立ちます。

購入はこちら

4位:エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

次に紹介する社会人が読むべきおすすめのビジネス本・書籍は「エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする」です。

著者はAppleやGoogleのアドバイザーとしても知られ、自分にとって本当に重要なことを見極め、不要なものを排除することで最小の時間で最大の成果を得る方法を提案します。エッセンシャル思考とは、99%の無駄を捨て、1%に集中することで、大きな成果を生み出す考え方です。本書は、効率的な時間管理や優先順位の設定に悩むビジネスパーソンにとって、貴重な指針となる一冊です。具体的な技術として、見極める技術、捨てる技術、そして仕組み化の技術が詳しく解説されており、実生活や仕事に直結する内容が満載です。

※本書は「時間術・時間管理のおすすめ本〜定番本、仕事、人生など〜」でも紹介している良書です^^

▼書籍概要

書籍名エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする
対象者時間管理や効率的な働き方に興味のあるビジネスパーソン、特に中堅社員や管理職、忙しいスケジュールをこなす必要があるプロフェッショナル
ひとこと説明無駄を削ぎ落とし、本質に集中する「エッセンシャル思考」を実践するための実践的な方法論を提供する。具体的な技術や考え方がわかりやすく紹介されている。
著者グレッグ マキューン (著), 高橋 璃子 (翻訳)
発売日2014/11/19
ページ数320ページ
出版社かんき出版
中身(目次)PART1 エッセンシャル思考とは何か
 第1章 エッセンシャル思考と非エッセンシャル思考
 第2章 選択──選ぶ力を取り戻す
 第3章 ノイズ──大多数のものは無価値である
 第4章 トレードオフ──何かを選ぶことは、何かを捨てること
PART2 見極める技術
 第5章 孤独──考えるためのスペースをつくる
 第6章 洞察──情報の本質をつかみとる
 第7章 遊び──内なる子供の声を聴く
 第8章 睡眠──1時間の眠りが数時間分の成果を生む
 第9章 選抜── もっとも厳しい基準で決める
PART3 捨てる技術
 第10章 目標──最終形を明確にする
 第11章 拒否──断固として上手に断る
 第12章 キャンセル──過去の損失を切り捨てる
 第13章 編集──余剰を削り、本質を取り出す
 第14章 線引き──境界を決めると自由になれる
PART4 しくみ化の技術
 第15章 バッファ──最悪の事態を想定する
 第16章 削減──仕事を減らし、成果を増やす
 第17章 前進──小さな一歩を積み重ねる
 第18章 習慣──本質的な行動を無意識化する
 第19章 集中──「今、何が重要か」を考える
 第20章 未来──エッセンシャル思考を生きる
最終章 エッセンシャル思考のリーダーシップ
読んだ人のクチコミ・忙しい毎日に追われていたけど、本書を読んで生き方が変わった!無駄な時間やエネルギーを削減することで本当に重要なことに集中できるようになり、ストレスが減った。実践的なアドバイスが満載で、仕事や生活の質を向上させる助けになる。
・エッセンシャル思考を取り入れることで、自分の時間とエネルギーを本当に重要なことに集中させることができました。
・この本を読んで、やらないことを決める勇気が身につきました。具体的なテクニックが豊富で実践的です。

購入はこちら

5位:ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

社会人が読むべきおすすめのビジネス書ランキング、第5位は「ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく」です。

本書は、堀江貴文による自己啓発本です。著者はライブドア元代表であり、逮捕・収監を経験した後、ゼロから再出発する姿勢を描いています。彼は自身の経験を通じて、何もない状態から小さなステップを積み重ねることで、大きな成果を生むことの重要性を説いています。特に、挑戦し続けることの大切さ、失敗を恐れずに行動することの価値を強調しています。本書は、逆境を乗り越え、自分の可能性を信じ続けるためのエネルギーと実践的なアドバイスが詰まった一冊です。

▼書籍概要

書籍名ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく
対象者自己啓発やキャリアチェンジを目指す社会人に最適です。特に、挫折を経験しながらも前に進みたいと考えているビジネスパーソンや起業家に向いています。
ひとこと説明堀江貴文が自身の経験を通して、働くことの意味や希望について率直に語る内容です。
著者堀江 貴文 (著)
発売日2013/11/1
ページ数240ページ
出版社ダイヤモンド社
中身(目次)第0章 それでも僕は働きたい
第1章 働きなさい、と母は言った──仕事との出会い
第2章 仕事を選び、自分を選ぶ──迷い、そして選択
第3章 カネのために働くのか?──「もらう」から「稼ぐ」へ
第4章 自立の先にあるつながり──孤独と向き合う強さ
第5章 僕が働くほんとうの理由──未来には希望しかない
おわりに
読んだ人のクチコミ・成功への道筋や逆境を乗り越えた彼の姿勢に感銘を受けた。小さな成功の積み重ねや、自分を信じて行動することの重要性を学び、言い訳の余地がないことを再認識した。堀江さんの見方が良い意味で変わった。ゼロからイチへ背中を押してくれる良書。
・堀江貴文の経験を通じて、何もない状態からでも少しずつ前に進むことの大切さを学びました。失敗を恐れずに挑戦する姿勢に勇気づけられます。
・ゼロからイチを積み重ねるという考え方が、今の自分にとても共感できました。堀江氏の実直な言葉が、自分を奮い立たせてくれます。

購入はこちら

6位:1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術

次に紹介する社会人が読むべきおすすめのビジネス本・書籍は「1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術」です。

著者はヤフーアカデミア学長として多くのビジネスパーソンに影響を与えてきました。本書では、短時間で効果的にメッセージを伝えるためのテクニックを紹介しています。プレゼンテーションにおいて、複雑な内容をシンプルにし、聞き手に「動いてもらう」ことを目的としています。具体的なフレームワークや実践的なアドバイスが満載で、ビジネスの現場で即活用できる内容が詰まっています。伝え方に悩む全ての社会人にとって、必読の一冊です。

※本書は「プレゼンテーションのおすすめ本・良書〜定番本、話し方、資料作成など〜」でも紹介しています

▼書籍概要

書籍名1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術
対象者ビジネスシーンでのプレゼンテーションやコミュニケーションスキルを向上させたい社会人向けです。特に、リーダーシップを発揮する立場にある中堅社員や管理職
ひとこと説明伝え方のプロが教える、1分で相手に伝わるプレゼン技術。相手の興味を引き、理解と行動を促す方法を丁寧に解説。誰でも実践できる具体的なステップを提供し、効果的なコミュニケーションを身につける。
著者伊藤 羊一 (著)
発売日2018/3/14
ページ数240ページ
出版社SBクリエイティブ
中身(目次)はじめに 私は、人に何かを伝えることが本当に苦手だった
序章 そもそも「伝える」ために考えておくべきこと―うまいプレゼンより、「動いてなんぼ」
人はあなたの話の80 %は聞いていない/「1分」で話す/「右脳」と「左脳」に働きかける
第1章 「伝える」ための基本事項
第2章 1分で伝える―左脳が理解するロジックを作る
第3章 相手を迷子にさせないために「スッキリ・カンタン」でいこう
第4章 1分でその気になってもらう―右脳を刺激してイメージを想像させよう
第5章 1分で動いてもらう
第6章 「伝え方」のパターンを知っておこう 第7章 実践編
読んだ人のクチコミ・わかりやすく実践的なプレゼンテーション術。理論だけでなく、具体的な方法や実例を交えて解説されており、自信を持って伝えるためのノウハウが満載。1分で相手に響くメッセージを伝えるための必読書だ。
・1分で要点を伝えるためのフレームワークや実践的なテクニックが学べました。ビジネスの現場で役立つ内容が多く、すぐに使える実用書です。
・簡潔に話すことの重要性を再認識しました。プレゼンの準備や根回しの方法についても具体的なアドバイスがあり、とても参考になりました。

購入はこちら

7位:人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている

社会人が読むべきおすすめのビジネス書ランキング、第7位は「人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている」です。

本書は、ふろむだ著の『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』です。著者は、成功において「実力」や「運」だけでなく、他人に「実力がある」と勘違いさせる力、すなわち「錯覚資産」の重要性を説いています。錯覚資産とは、ハロー効果や利用可能性ヒューリスティックなどの認知バイアスを活用し、他人にプラスの印象を与えることです。これにより、良いポジションを手に入れ、さらに実力を磨くことができるという成功スパイラルが生まれます。具体的な事例や実践的なアドバイスが豊富で、現代社会での成功のために必読の一冊です。

▼書籍概要

書籍名人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている
対象者人生や社会の仕組みに興味があり、自己啓発や心理学に関心を持つ人。特に、リーダーシップを発揮する立場にある人や、人間関係をうまく築きたいと考えている人に向いています。
ひとこと説明人生や社会の仕組みを深く理解し、実力よりも「勘違いさせる力」が重要であるとする衝撃的な内容。興味深い心理学の解説と実用的なアドバイスが満載。読んでいるうちに目からウロコが落ちる一冊。
著者ふろむだ (著)
発売日2018/8/9
ページ数365ページ
出版社ダイヤモンド社
中身(目次)はじめに
おいしいのは「正しいとしか思えない間違ってること」
自分はハロー効果に騙されないと思ってる人が騙される理由
学生と社会人では人生ゲームのルールが根本的に異なる
誰も卑怯と気づかない卑怯なやり方が最強の勝ちパターン
運ゲーで運を運用して勝つ方法
優秀な人間が運に左右されずに成功する理由
食欲でも睡眠欲でもない、性欲よりもはるかに切実な欲望
なんでも悪く解釈される人とよく解釈される人の違い
ダメな奴はなにをやってもダメという呪いの正体
自分の意思で選択しているとしか思えない
成果主義という名のインチキゲームの裏をかいて勝つ方法
幸運を引き当てる確率を飛躍的に高くする方法
思考の死角に棲む悪魔の奴隷から主人になる
美しき敗者と醜悪な勝者、どちらになるべきか?
有能な人と無能な人を即座に見分けられるのはなぜか?
自分は公平だと思ってるえこひいき上司の脳内
欺瞞が錯覚を大繁殖させる
思考の錯覚のまとめ
錯覚資産を雪だるま式に増やしていく方法
おわりに
読んだ人のクチコミ・めちゃくちゃ面白い!『錯覚資産』という概念に驚き。自己啓発の本としては異色で、実践的な心理学を提供。読み終えると、自分の人生や仕事のあり方を再考したくなる。読んで絶対に損はない本!
・錯覚資産という新しい概念が非常に興味深かったです。自分の見せ方を変えるだけでキャリアに大きな影響を与えられると感じました。
・実力だけでなく、周囲にどう見られるかが成功のカギだと気付かされました。具体的な例が豊富で実践的です

購入はこちら

8位:ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

社会人が読むべきおすすめのビジネス書ランキング、第8位は「ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング」です。

本書は、赤羽雄二著の『ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング』です。著者は元マッキンゼーのコンサルタントであり、ビジネスの現場で培った経験を基に、思考力を鍛えるための具体的な方法を提案しています。主要なトレーニング方法は、A4用紙に1ページ1分以内で思いつくままに書き出すというシンプルなものです。このメソッドを毎日続けることで、思考のスピードと質を向上させ、問題解決能力を高めることができます。また、メモ書きによって悩みが減り、ポジティブ思考が身につく効果も期待できるとされています。実践的な内容が詰まった本書は、効率的に頭を整理し、深く考える力を身につけたい人に最適です。

▼書籍概要

書籍名ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング
対象者考える力や行動力を高めたい人、とくに仕事や学業・人間関係で頭を使う機会が多い人や、自己啓発に興味のある人
ひとこと説明「頭がよくなり、心も鍛えられるメモ書きトレーニング」を紹介。著者の独自メソッドであるメモ書きを通じて、思考と感情の言語化をトレーニングし、日々の思考量や行動量を増やす方法を解説。
著者赤羽 雄二 (著)
発売日2013/12/20
ページ数216ページ
出版社ダイヤモンド社
中身(目次)はじめに
第1章 「考える」ためのヒント
第2章 人はゼロ秒で考えられる
第3章 ゼロ秒思考をつくるメモの書き方
第4章 メモを使いつくす
第5章 メモの整理・活用法
おわりに
読んだ人のクチコミ・この本を読んで、考える力を鍛えるためのシンプルで効果的な方法を学びました。日常のモヤモヤや心配事をメモに書き出すことで、頭の整理ができ、アイデアが浮かび、答えが見えてくる不思議な体験をしました。誰にでも取り組める手法でありながら、驚くほどの効果を感じました。これからも継続して取り組みたいです。
・毎日1分のメモ書きが思考の整理に役立ち、ストレスが軽減されました。シンプルな方法で大きな効果を実感しています。
・ゼロ秒思考を実践することで、頭がクリアになり、仕事の効率が大幅にアップしました。特に問題解決能力が向上しました。

購入はこちら

9位:スタンフォードの自分を変える教室 (だいわ文庫)

次に紹介する社会人が読むべきおすすめのビジネス本・書籍は「スタンフォードの自分を変える教室 (だいわ文庫)」です。

本書は、ケリー・マクゴニガル著の『スタンフォードの自分を変える教室 (だいわ文庫)』です。著者はスタンフォード大学で心理学を教えるケリー・マクゴニガルで、意志力を科学的に解明し、その鍛え方をわかりやすく説明しています。意志力を「やる力」「やらない力」「望む力」の3つに分け、それぞれを効果的に強化するための具体的なエクササイズが紹介されています。特に瞑想や呼吸のコントロール、定期的な運動が意志力向上に役立つとされています。意志力の低下や誘惑に負けやすい状況を回避する方法も具体的に解説されており、日常生活や仕事にすぐに取り入れられる実践的な内容が満載です。自己改善や目標達成に興味がある人にとって非常に役立つ一冊です。

▼書籍概要

書籍名スタンフォードの自分を変える教室 (だいわ文庫)
対象者自分の目標や夢に向かって行動したい人。自己改善や目標達成を目指す社会人向けです。特に、意志力を強化して仕事や日常生活で成果を上げたいと考えているビジネスパーソンやプロフェッショナル
ひとこと説明行動に影響を与える意志の力について革新的な考え方を提示しています。心理学や神経科学、経済学の最新成果を元にした講義を通じて、人生を変える可能性を探求します。抽象的な概念を具体的な行動につなげ、読者に大きなインスピレーションを与えます。
著者ケリー・マクゴニガル (著), 神崎 朗子 (翻訳)
発売日2015/10/10
ページ数366ページ
出版社大和書房
中身(目次)Introduction 「自分を変える教室」へようこそ―意志力を磨けば、人生が変わる
第1章 やる力、やらない力、望む力―潜在能力を引き出す3つの力
第2章 意志力の本能―あなたの体はチーズケーキを拒むようにできている
第3章 疲れていると抵抗できない―自制心が筋肉に似ている理由
第4章 罪のライセンス―よいことをすると悪いことをしたくなる
第5章 脳が大きなウソをつく―欲求を幸せと勘ちがいする理由
第6章 どうにでもなれ―気分の落ち込みが挫折につながる
第7章 将来を売りとばす―手軽な快楽の経済学
第8章 感染した!―意志力はうつる
第9章 この章は読まないで―「やらない力」の限界
第10章 おわりに―自分自身をじっと見つめる
読んだ人のクチコミ・この本を読んで、自分の行動や習慣に対する新たな視点が得られました。科学的なアプローチで意志力や自制心について解説されているので、とてもわかりやすく、実践しやすいです。自分の人生をより良くするためのヒントがたくさん詰まった一冊です!
・意志力の重要性とその鍛え方を学ぶことで、日常生活での誘惑に負けずに目標達成ができるようになりました
・具体的なエクササイズが豊富で、実践しやすい内容が多かったです。意志力を鍛える方法がよくわかりました。

購入はこちら

10位:the four GAFA 四騎士が創り変えた世界

社会人が読むべきおすすめのビジネス書ランキング、第10位は「the four GAFA 四騎士が創り変えた世界」です。

本書は、スコット・ギャロウェイ著の『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』です。著者は、Google、Apple、Facebook、Amazon(GAFA)という4つの巨大テクノロジー企業が、どのようにして世界を支配し、私たちの生活やビジネスを変革したかを詳細に分析しています。これらの企業が成功した理由を「脳」「心」「性」に訴えかけるマーケティング戦略に基づき解説し、GAFAがそれぞれの分野でどのように圧倒的な地位を築いたかを明らかにします。さらに、GAFAがもたらす未来についての洞察や、個人がこの新しいデジタル時代にどのように対応すべきかについても提言しています。ビジネスの現状と未来を理解するための必読書です。

▼書籍概要

書籍名the four GAFA 四騎士が創り変えた世界
対象者テクノロジー業界やビジネス戦略に興味がある社会人に最適です。特に、経営者、マーケティング担当者、IT関連のプロフェッショナル向け。
ひとこと説明GAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)が世界をどう支配し、変えたかについて探求します。彼らが適用した新しいルールやビジョンに焦点を当て、次の10年にどう生きるかを考えます。興味深い洞察が得られる一冊です。
著者スコット・ギャロウェイ (著)
発売日2018/7/27
ページ数480ページ
出版社東洋経済新報社
中身(目次)1章 GAFA―世界を創り変えた四騎士
2章 アマゾン―1兆ドルに最も近い巨人
3章 アップル―ジョブズという教祖を崇める宗教
4章 フェイスブック―人類の1/4をつなげた怪物
5章 グーグル―全知全能で無慈悲な神
6章 四騎士は「ペテン師」から成り上がった
7章 脳・心・性器を標的にする四騎士
8章 四騎士が共有する「覇権の8遺伝子」
9章 NEXT GAFA―第五の騎士は誰なのか
10章 GAFA「以後」の世界で生き残るための武器
11章 少数の支配者と多数の農奴が生きる世界
読んだ人のクチコミ・GAFAのビジネスが日常生活に与える影響を、本書は洞察深く解説している。特に、アマゾンのサービス過剰やアップルの中間レベルの高級品製造業への影響について考えさせられる。各社の戦略と社会への影響を読み解きながら、現代社会の構造変化を理解する手助けとなる一冊だ。
・GAFAの成功要因を深く理解することができました。特に、マーケティング戦略に関する洞察が非常に参考になりました。
・テクノロジー企業の未来についての予測と提言が興味深いです。GAFAの力とその影響を改めて考えさせられました。

購入はこちら

11位:天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ

社会人が読むべきおすすめのビジネス書ランキング、第11位は「天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ」です。

本書は、北野唯我著の『天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ』です。著者は、職場での人間関係に悩む全ての人々に向けて、天才、秀才、凡人という異なる才能を持つ人々がどのように共存し、成功を収めるかを解説しています。物語形式で進行しながら、創造性を持つ「天才」、論理性を持つ「秀才」、共感力を持つ「凡人」の3つのタイプが職場でどのように相互作用し、時には衝突し、時には協力していくかが描かれています。特に、天才が凡人に理解されずに排斥されることを防ぎ、共に成長するための具体的なアプローチが提案されています。職場の人間関係を改善し、イノベーションを起こすための実践的な知識が詰まった一冊です。

▼書籍概要

書籍名天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ
対象者職場での人間関係に悩む社会人向けです。特に、チームマネジメントやリーダーシップに携わる人々、異なる才能を持つメンバーとの協力を求められるビジネスパーソンに最適
ひとこと説明「凡人が、天才を殺すことがある理由。」は、才能というテーマを通じて、社会やビジネスにおける人間関係やコミュニケーションのあり方を考えさせられるインスピレーションに満ちた書籍です。
著者北野 唯我 (著)
発売日2019/1/17
ページ数272ページ
出版社日本経済新聞出版
中身(目次)1 才能ってなんだろう(アンナは終わった?、ハチ公 語り出す、凡人が天才を殺す理由 ほか)
2 相反する才能(世界の崩壊を防ぐ人たち、「最強の実行者」を巻き込む方法、異なる主語を持つ人たち ほか)
3 武器を選び、戦え(天才のダークサイド、共感の神=根回しおじさん、才能を「信じる力」 ほか)
読んだ人のクチコミ・この本は天才、秀才、凡人というカテゴリーについてのイメージを覆す内容で、読みやすく、面白いです。自己のコントロールや相手への理解の重要性を考えさせられます。共感力の大切さや相手を知ることの意義を学び、実践したいと思いました。全体的に興味深く、気づきを与える一冊です。
・天才、秀才、凡人の関係性が詳しく描かれていて、自分の役割を理解するのに役立ちました。共感の重要性を再認識しました。
・物語形式で進むので読みやすく、職場での具体的な対処法が学べる実践的な内容です。特に共感力の重要性に納得しました。

購入はこちら

12位:嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え

次に紹介する社会人が読むべきおすすめのビジネス本・書籍は「嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え」です。

本書は、岸見一郎と古賀史健による『嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え』です。著者たちは、フロイトやユングと並び称されるアルフレッド・アドラーの心理学を、対話形式で分かりやすく解説しています。アドラー心理学は「目的論」を基礎とし、過去の原因ではなく未来の目的に焦点を当てます。これにより、自己変革と自己成長が可能であることを示します。また、「課題の分離」や「共同体感覚」などの概念を通じて、他者との健全な関係を築く方法を具体的に提案しています。特に、他人の期待に縛られず、自分の信念に基づいて行動する「嫌われる勇気」を持つことの重要性が強調されています。自己啓発や対人関係に悩む社会人にとって、非常に有益な一冊です。

▼書籍概要

書籍名嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え
対象者心理学に興味がある方、自己啓発や対人関係の改善を目指す社会人向けです。特に、職場での人間関係に悩む人や、自分の信念に基づいて行動する勇気を持ちたいと考えるビジネスパーソン
ひとこと説明アルフレッド・アドラーの心理学を分かりやすく解説する対話篇形式の書籍です。対人関係の悩みや人生の悩みにアドラー心理学がどのようにアプローチするかが紹介されています。
著者岸見 一郎 (著), 古賀 史健 (著)
発売日2013/12/13
ページ数296ページ
出版社ダイヤモンド社
中身(目次)第1夜 トラウマを否定せよ
第2夜 すべての悩みは対人関係
第3夜 他者の課題を切り捨てる
第4夜 世界の中心はどこにあるか
読んだ人のクチコミ・アドラー心理学の理論を分かりやすく説明し、対話形式で読み進めやすい構成になっています。タイトルから想像する内容とは異なる部分もあるかもしれませんが、自己実現や人生の目的に関する深い洞察が得られます。特に「目的論」と「課題の整理」に関する内容は、自分の人生に新たな視点を与えてくれるものでした。本書を読んでから数か月が経ちますが、その影響はまだ続いています。
・対人関係の悩みが全てアドラー心理学で解決できると感じました。特に課題の分離の概念が役立ちました。

購入はこちら

13位:日本再興戦略 (NewsPicks Book)

社会人が読むべきおすすめのビジネス書ランキング、第13位は「日本再興戦略 (NewsPicks Book)」です。

本書は、落合陽一氏が描く「日本再興戦略」を通じて、日本の未来を再構築するための革新的なアイデアと具体的な戦略を提案しています。彼はテクノロジー、教育、経済、文化など多岐にわたる分野での変革を説き、現代社会が直面する課題を解決するための洞察を提供しています。特に、AIやIoTなどの先端技術の導入と、それに伴う社会の再設計について詳述しており、日本が再び世界のリーダーシップを取り戻すための道筋を示します。

▼書籍概要

書籍名日本再興戦略 (NewsPicks Book)
対象者政治、教育、経済に興味のある人。ビジネスリーダー、政策立案者、技術者、教育者など、社会の変革に関心のある専門職の大人
ひとこと説明日本再興に向けた戦略をテクノロジーや社会の観点から提言する。著者は新たな未来を作りたい人々への啓発を込めて執筆。日本の課題と可能性を明確に提示し、グランドデザインを提示している。
著者落合 陽一 (著)
発売日2018/1/31
ページ数254ページ
出版社幻冬舎
中身(目次)第1章 欧米とは何か
第2章 日本とは何か
第3章 テクノロジーは世界をどう変えるか99
第4章 日本再興のグランドデザイン
第5章 政治(国防・外交・民主主義・リーダー)
第6章 教育
第7章 会社・仕事・コミュニティ221
読んだ人のクチコミ・日本の再興に向けて機械化やテクノロジーの重要性を説く。特に人口減少時代における機械化の必要性を示唆し、未来に向けた展望を提供。現実的な課題に取り組む姿勢が魅力で、自分の生活や仕事にも大きな示唆を与える。未来志向の読者におすすめ。
・落合陽一氏の鋭い洞察と具体的な戦略に驚かされました。特に技術革新と教育改革に関する視点は非常に参考になりました。
・日本の将来を真剣に考える全てのビジネスパーソンにとって必読の書です。具体的なアクションプランが多く、実践に役立ちます。

購入はこちら

14位:1%の努力

次に紹介する社会人が読むべきおすすめのビジネス本・書籍は「1%の努力」です。

本書は、ひろゆき氏が提唱する「1%の努力」を通じて、少ない努力で大きな成果を上げるための具体的な思考法と実践法を紹介しています。ひろゆき氏は、無駄な努力を避け、効率的に生きるためのアプローチを様々なエピソードを交えて解説します。特に、前提条件を意識し、余白を作り、徹底的に調べることの重要性を強調しています。これにより、現代社会での効率的な生き方や成功のための秘訣を学ぶことができます。この本は、ビジネスや日常生活での実践的なアドバイスを提供し、読者に新たな視点を提供します。

▼書籍概要

書籍名1%の努力
対象者起業したい方やすべてのビジネスパーソンに幅広くおすすめ
ひとこと説明ネット界の有名人・ひろゆきの謎の生い立ちから、彼の考え方と人生哲学を探求する。7つのエピソードを通じて、努力の本質を考える。読者はひらめきと努力のバランスについて深く考えさせられる。
著者ひろゆき (著)
発売日2020/3/5
ページ数288ページ
出版社ダイヤモンド社
中身(目次)序文 「1%の努力」とは何か
エピソード1 団地の働かない大人たち ── 「前提条件」の話
エピソード2 壺に何を入れるか ── 「優先順位」の話
エピソード3 なくなったら困るもの ── 「ニーズと価値」の話
エピソード4 どこにいるかが重要 ── 「ポジション」の話
エピソード5 最後にトクをする人 ── 「努力」の話
エピソード6 明日やれることは、今日やるな ── 「パターン化」の話
エピソード7 働かないアリであれ ── 「余生」の話
おわりに
読んだ人のクチコミ・努力の本質を見つめ直し、生まれ持った才能と努力のバランスを考えさせる。自分にとって最適なポジションを見つけ、楽に人生を歩むことの重要性を示唆する。環境を変えて居心地の良い場所を見つけることで、本当の意味で充実した人生を築くことができるというメッセージが響く。
・ひろゆき氏の独自の視点と具体的なアドバイスが満載で、効率的に成果を上げる方法がよくわかりました。
・無駄な努力を避けるための思考法が非常に参考になりました。特に、余白を作るという考え方が新鮮でした。

購入はこちら

15位:AI分析でわかった トップ5%社員の習慣 トップ5%シリーズ

社会人が読むべきおすすめのビジネス書ランキング、第15位は「AI分析でわかった トップ5%社員の習慣 トップ5%シリーズ」です。

本書は、越川慎司氏が1万8000人のビジネスパーソンのデータをAI分析し、トップ5%社員の共通する習慣を明らかにしたものです。トップ5%の社員は、結果を重視し、自己開示をして信頼を築き、挑戦を「実験」として捉えます。また、意識改革に時間をかけず、常に「ギャップ」を考えながら行動しています。これにより、効率的に成果を上げるための具体的な行動指針が示されています。本書は、ビジネスパーソンが自分の働き方を見直し、効率的に成果を出すための実践的なアドバイスを提供します。

▼書籍概要

書籍名AI分析でわかった トップ5%社員の習慣 トップ5%シリーズ
対象者仕事に時間に追われていて成果が出せない人や、働き方改革に興味がある人
ひとこと説明効率的に成果を出すための「トップ5%社員の習慣」を紹介しています。残業やストレスを減らし、仕事を早く終わらせる方法が具体的に解説されており、働き方改革やテレワークを導入するビジネスパーソンにとって必読の一冊です。
著者越川慎司 (著)
発売日2020/9/25
ページ数226ページ
出版社ディスカヴァー・トゥエンティワン
中身(目次)序章 AIで1万8000人分析してわかった、ずば抜けた結果を出す人の五原則
第1章 良かれと思ってやってしまう「95%社員」の行動
第2章 トップ「5%社員」のシンプルな思考と行動
第3章 トップ「5%社員」の強いチームをつくる発言
第4章 トップ「5%社員」のすぐやる習慣
第5章 今日からできるトップ「5%社員」のルーティン
読んだ人のクチコミ・トップ5%の成果を出す社員の行動パターンを明らかにし、それを理解することで効率的な働き方を身につける手助けをしてくれる。特に、自ら発信・行動し、人を動かし成果に結びつける力、意識からではなく行動から意識が変わる考え方、コミュニケーションの重要性、自分の軸を持つこと、感謝の意識が挙げられる。読んでいるうちに自分の働き方と比較し、改善できるポイントが見つかる一冊だ。
・トップ5%社員の行動パターンが具体的に紹介されており、実践的なアドバイスが豊富で非常に参考になりました。
・時間管理や結果重視の考え方が特に役立ちました。自分の働き方を見直すきっかけになりました。

購入はこちら

16位:伝え方が9割

次に紹介する社会人が読むべきおすすめのビジネス本・書籍は「伝え方が9割」です。

▼書籍概要

書籍名伝え方が9割
対象者伝え方の重要性を知りたい人や、コミュニケーションスキルを向上させたい人
ひとこと説明コトバの力を最大限に引き出す方法を教えてくれる実践的なガイドです。誰もが身につけられる伝え方の技術を提供し、人生におけるコミュニケーションスキルを向上させます。
著者佐々木 圭一 (著)
発売日2013/3/1
ページ数212ページ
出版社ダイヤモンド社
中身(目次)はじめに 伝え方にはシンプルな技術がある
第1章 伝え方にも技術があった!
第2章 「ノー」を「イエス」に変える技術
第3章 「強いコトバ」をつくる技術
おわりに
読んだ人のクチコミ伝え方の技術が簡潔にまとめられ、実践的。誰でもすぐに活用できるので、コミュニケーションが格段にスムーズになった。日常的にもビジネスにもすごく役に立つ。

購入はこちら

17位:ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250

社会人が読むべきおすすめのビジネス書ランキング、第17位は「ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250」です。

※習慣については「習慣化のおすすめ本〜定番本、ベストセラーやロングセラーなど〜」もおすすめです

▼書籍概要

書籍名ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250
対象者効率的な仕事をしたい方、日常的に使えるライフハックに興味がある方
ひとこと説明時間やタスク管理からストレス対策、コミュニケーション方法まで、生産性を高めるためのハックを網羅した実用書です。読者は小さな習慣を身につけ、効率的で快適な生活を送ることができます。
著者堀 正岳 (著)
発売日2017/11/16
ページ数304ページ
出版社KADOKAWA
中身(目次)00 始めよう「人生を変える7つのライフハック」
01 時間管理「時間は増やせる」
02 タスク管理「小さな勝利を積み重ねる」
03 集中力・ストレス対策「やる気も仕組み化」
04 読書・情報収集・学習「情報は減らして管理する」
05 発想・アウトプット・思考「自分だけのアイデアがある」
06 コミュニケーション&チーム「味方は増やせる」
07 日常生活・旅行「ちょっとした快適さを」
08 習慣化・やめない技術「人生を変える小さな習慣」
読んだ人のクチコミ毎日の生活を効率的に過ごしたいと思っている人には必読です。堀正岳氏のアプローチは非常に実践的で、読みやすい内容になっています。特に、短い項目ごとに分かれているので、忙しい人でも隙間時間に取り組みやすいです。自分の生活を改善したいと思っている人には、ぜひオススメしたい一冊です!

購入はこちら

18位:多動力 (NewsPicks Book)

次に紹介する社会人が読むべきおすすめのビジネス本・書籍は「多動力 (NewsPicks Book)」です。

▼書籍概要

書籍名多動力 (NewsPicks Book)
対象者ビジネスや自己啓発に興味がある人、効率的な仕事術やライフハックに関心がある方
ひとこと説明堀江貴文氏のビジネス書の決定版。今や多動力こそが求められる時代の生き方を伝授。ビジネスのみならず、人生を楽しみ尽くすためのヒントも満載。
著者堀江 貴文 (著)
発売日2017/5/27
ページ数228ページ
出版社幻冬舎
中身(目次)第1章 1つの仕事をコツコツとやる時代は終わった
第2章 バカ真面目の洗脳を解け
第3章 サルのようにハマり、鳩のように飽きよ
第4章 「自分の時間」を取り戻そう
第5章 自分の分身に働かせる裏技
第6章 世界最速仕事術
第7章 最強メンタルの育て方
第8章 人生に目的なんていらない
読んだ人のクチコミビジネスや自己啓発に興味がある方に向けて、堀江貴文氏が独自の視点から多動力を持つことの重要性を説いています。伝統的な「コツコツと一つのことに取り組む」時代から脱却し、多様な経験を積み重ねることが求められる現代社会において、どのように自分の力を最大限に引き出し、効率的に生きるかを示唆しています。ビジネスにおける最新の仕事術から、人生全体を充実させるためのヒントまで、幅広い情報が提供されています。

購入はこちら

19位:生き方

次に紹介する社会人が読むべきおすすめのビジネス本・書籍は「生き方」です。

▼書籍概要

書籍名生き方
対象者経営者、目標や夢がない方にもおすすめです
ひとこと説明成功を収めた経営者が自らの経験や人生哲学を通じて、夢の実現や人生の意義について語る一冊です。実践的なアドバイスから心の成長に至るまで、幅広いテーマを網羅しています。
著者稲盛和夫 (著)
発売日2004/7/22
ページ数246ページ
出版社サンマーク出版
中身(目次)第1章 思いを実現させる
第2章 原理原則から考える
第3章 心を磨き、高める
第4章 利他の心で生きる
第5章 宇宙の流れと調和する
読んだ人のクチコミお金の使い方が人生の方向性を決定づけるという視点は新鮮であり、深い洞察力に満ちています。読み終えた後、自分のお金に対する考え方を見直すきっかけとなりました。

購入はこちら

20位:人を動かす 文庫版

社会人が読むべきおすすめのビジネス書ランキング、第20位は「人を動かす 文庫版」です。

※本書はリーダーシップのおすすめ本・良書(定番、チーム作り、管理職など)でも紹介している良書です^^

▼書籍概要

書籍名人を動かす 文庫版
対象者人間関係やコミュニケーションに興味のある全ての人、特に管理職の方におすすめ
ひとこと説明人間関係の基本原則を実例を交えて紹介し、人を動かし、好かれ、説得し、変える方法を示す不朽の名著です。誰もが必要とする人間関係のスキルを実践的に学べる一冊。
著者D・カーネギー (著), 山口 博 (翻訳)
発売日2016/1/26
ページ数320ページ
出版社創元社
中身(目次)改訂にあたって
PART1 人を動かす三原則
PART2 人に好かれる六原則
PART3 人を説得する十二原則
PART4 人を変える九原則
訳者あとがき
読んだ人のクチコミ人間関係のバイブルと呼ぶにふさわしい内容でした。特に印象に残ったのは、相手の感情や自尊心を尊重しつつ、自分の意見をしっかりと伝える方法についての記述です。また、他人に対する関心の持ち方や他人への配慮の大切さについて改めて気づかされました。これらの原則を日常生活や仕事に活かすことで、より良い人間関係を築くことができると感じました。皆にオススメできる一冊です。

購入はこちら

21位:ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 (だいわ文庫)

次に紹介する社会人が読むべきおすすめのビジネス本・書籍は「ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 (だいわ文庫)」です。

▼書籍概要

書籍名ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 (だいわ文庫)
対象者一般読者やビジネス志向の人々
ひとこと説明アメリカ人の老富豪と日本人青年の出会いから始まる、成功への道を探る物語。成功の秘訣やお金の法則、失敗から学ぶ知恵など、幅広いテーマを扱っています。
著者本田 健 (著)
発売日2006/2/9
ページ数240ページ
出版社大和書房
中身(目次)衝撃的な出会いと最初の試練
社会の成り立ちを知る
自分を知り、大好きなことをやる
ものや人を見る目を養い、直観力を高める
思考と感情の力を知る
セールスの達人になる
スピーチの天才になる
人脈を使いこなす
お金の法則を学ぶ
自分のビジネスをもつ
アラジンの魔法のランプの使い方をマスターする
多くの人に気持ちよく助けてもらう
パートナーシップの力を知る
ミリオネア・メンタリティを身につける
勇気をもって決断し、情熱的に行動すること
失敗とうまくつき合う
夢を見ること
人生がもたらす、すべてを受け取る
最後の試練―ビジョン・クエスト
読んだ人のクチコミお金持ちになることよりも、幸せのあり方に焦点を当てた一冊です。失敗や困難も、自分がどう受け止めるかによって、全く異なる経験となります。心の平安が幸せへの道を開き、周囲にもその幸せが広がります。この考えを忘れず、幸せへの努力を続ければ、不思議なことに幸福が実現します。心に響く、繰り返し読みたくなる良書です。

購入はこちら

22位:道は開ける 新装版

社会人が読むべきおすすめのビジネス書ランキング、第22位は「道は開ける 新装版」です。

▼書籍概要

書籍名道は開ける 新装版
対象者人生に悩みを抱える人、自己啓発に興味を持つ人
ひとこと説明悩みを克服し、幸せな人生を送るための具体的な方法を提供するカーネギーの名著。現代にも通用する普遍的な知恵が満載。
著者デール カーネギー (著), Dale Carnegie (著), 香山 晶 (著)
発売日1999/10/20
ページ数442ページ
出版社創元社
中身(目次)訳者まえがき
序――本書の生いたち
本書から最大の成果を得るための九カ条
PART1 悩みに関する基本事項
PART2 悩みを分析する基礎技術
PART3 悩みの習慣を早期に断つ方法
PART4 平和と幸福をもたらす精神状態を養う方法
PART5 悩みを完全に克服する方法
PART6 批判を気にしない方法
PART7 疲労と悩みを予防し心身を充実させる方法
PART8 私はいかにして悩みを克服したか
読んだ人のクチコミ「道は開ける」は、他の自己啓発本とは一線を画す素晴らしい内容です。この本は何度も読み返したくなるほどの力強さがあります。日常の悩みやストレスに苦しんでいる方、健康を害している方に特におすすめです。ぜひ手に取り、心の支えとして活用してください。

購入はこちら

23位:スタンフォード式 最高の睡眠

次に紹介する社会人が読むべきおすすめのビジネス本・書籍は「スタンフォード式 最高の睡眠」です。

▼書籍概要

書籍名スタンフォード式 最高の睡眠
対象者忙しい生活の中で質の高い睡眠を取りたい人、睡眠の重要性を知りたい人
ひとこと説明世界的権威の睡眠研究者による最新の科学的エビデンスを基にした究極の疲労回復法を解説した書籍です。睡眠に関する悩みや日中の眠気に悩む人にぴったりで、最高の睡眠法が明かされています。
著者西野精治 (著)
発売日2017/2/27
ページ数251ページ
出版社サンマーク出版
中身(目次)0章 「よく寝る」だけでパフォーマンスは上がらない
1章 なぜ人は「人生の3分の1」も眠るのか
2章 夜に秘められた「黄金の90分」の法則
3章 スタンフォード式 最高の睡眠法
4章 超究極! 熟眠をもたらすスタンフォード覚醒戦略
5章 「眠気」を制する者が人生を制す
読んだ人のクチコミ睡眠ライフがガラリと変わりました。忙しい日々でも質の高い睡眠を取ることができ、心身の健康にもプラスになっています。睡眠に関する具体的な方法が満載で、誰でも取り組みやすいです。

購入はこちら

24位:エフォートレス思考 努力を最小化して成果を最大化する

社会人が読むべきおすすめのビジネス書ランキング、第24位は「エフォートレス思考 努力を最小化して成果を最大化する」です。

▼書籍概要

書籍名エフォートレス思考 努力を最小化して成果を最大化する
対象者頑張っても上手くいかないことに悩む方、頑張りすぎてしまう方
ひとこと説明「エッセンシャル思考」の第2弾で、成果を最大化し無駄な努力を0%にする方法を紹介。エフォートレス思考は「何を」やるかではなく、「どのように」やるかを極める技術を提供します。
著者グレッグ・マキューン (著), 高橋 璃子 (翻訳)
発売日2021/12/8
ページ数296ページ
出版社かんき出版
中身(目次)Prologue エフォートレス思考とは
PART1 エフォートレスな精神
PART2 エフォートレスな行動
PART3 エフォートレスのしくみ化
Epilogue エフォートレス思考を生きる
読んだ人のクチコミ「エッセンシャル思考」の続編として待望されていたが、その期待に応える内容だ。努力の量よりも質を重視し、エフォートレスなアプローチで成果を最大化する方法を具体的に示している。読後、自分の思考や行動を見直すきっかけになり、人生のあらゆる面で役立つ知識を得られる。価値のある一冊だ。

購入はこちら

25位:世界の「頭のいい人」がやっていることを1冊にまとめてみた

次に紹介する社会人が読むべきおすすめのビジネス本・書籍は「世界の「頭のいい人」がやっていることを1冊にまとめてみた」です。

▼書籍概要

書籍名世界の「頭のいい人」がやっていることを1冊にまとめてみた
対象者自己改良やパフォーマンス向上に興味がある方
ひとこと説明「頭のいい人」が実践する脳科学的な方法を通じて、誰もが即日から取り入れられる実用的なテクニックを提供する一冊です。
著者中野 信子 (著)
発売日2021/9/1
ページ数208ページ
出版社アスコム
中身(目次)第1章 世界の「頭のいい人」はどんな人か?
第2章 世界の「頭のいい人」が心がけていること
第3章 世界の「頭のいい人」のスケジュールの立て方
第4章 世界の「頭のいい人」の自己分析と自己改良
第5章 世界の「頭のいい人」に近づくために
読んだ人のクチコミ思考を変えることで人生の景色が変わることを示唆し、実践可能な方法が満載です。中野信子氏の著書は要点が明瞭で、頭にすっと入ってきました。特に、「自信をつけることでマイナス部分も受け入れられる」という言葉が印象的でした。シンプルな方法で自己成長をしていきたいです。

購入はこちら

26位:1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書

次に紹介する社会人が読むべきおすすめのビジネス本・書籍は「1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書」です。

▼書籍概要

書籍名1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書
対象者経営者やビジネスパーソン
ひとこと説明一流プロ365人のインタビューを通じて仕事や人生のヒントを提供する永久保存版。日めくり形式で、1日1話1ページ、1年間読める。感動秘話も満載で、幻の秘蔵記事も初公開。ビジネス書の金字塔とも呼べる一冊。
著者藤尾秀昭 (監修), 稲盛 和夫 (その他), 永守 重信 (その他), 森岡 毅(ほか述) (その他)
発売日2020/11/30
ページ数424ページ
出版社致知出版社
中身(目次)1月(人生の闇を照らしてくれる光(五木寛之(作家))
2月(一ミリの努力、一秒の努力の積み重ね(井村雅代(アーティスティックスイミング日本代表ヘッドコーチ))
3月(昨日の敵は今日の友(篠沢秀夫(学習院大学名誉教授))
4月(仏道は待ちて熟さん(松原紗蓮(浄名寺副住職))
5月(ディレクターズチェア(岡本喜八(映画監督))
6月(自分が納得のできる料理を出せ(村田吉弘(菊乃井三代目主人))
7月(バーベルが挙がる条件(三宅宏実(重量挙げ女子日本代表))
8月(物事を成就するには狂を発揮せざらん(佐藤幸夫(シリウスグループ代表))
9月(真珠王・御木本幸吉の信念(松月清郎(ミキモト真珠島真珠博物館館長)
10月(人生の大病は、傲の一字にあり(井原隆一(経営評論家))
11月(すべての人が「お得意さん」(谷口全平(PHP総合研究所参与))
12月(企業の価値は永続すること(塚越寛(伊那食品工業会長))
読んだ人のクチコミ豪華な著名人のエピソードを1日1ページで楽しめるビジネス書。隙間時間でも読み進められ、多彩なストーリーが感動や考えさせられる。ただ、深みを求めるなら著者の他の作品や関連情報も必要。読者の自己探求に適した入口となる。

購入はこちら

27位:「原因」と「結果」の法則

社会人が読むべきおすすめのビジネス書ランキング、第27位は「「原因」と「結果」の法則」です。

▼書籍概要

書籍名「原因」と「結果」の法則
対象者自己啓発や成功哲学に興味がある人
ひとこと説明成功哲学の古典『AS A MAN THINKETH』の完訳。原因と結果の法則を通じて、思考の力が人生に与える影響を探求。読者は思考の力を理解し、人生を変えるための洞察を得られる。
著者ジェームズ アレン (著), James Allen (原名), 坂本 貢一 (翻訳)
発売日2003/4/15
ページ数95ページ
出版社サンマーク出版
中身(目次)思いと人格
思いと環境
思いと健康
思いと目標
思いと成功
ビジョン
穏やかな心
読んだ人のクチコミ心の力が環境を変える原因と結果の法則を解き明かす名著。心の管理が環境を変える力を伝え、自己啓発と生き方の創造に貢献する。特に病気療養中などの厳しい状況下で読むと、心を前向きに変える希望と力を与えてくれる。天風の「ほんとうの心の力」との共通性も感じられ、二大書物として心を支える存在になる。

購入はこちら

28位:神モチベーション 「やる気」しだいで人生は思い通り

次に紹介する社会人が読むべきおすすめのビジネス本・書籍は「神モチベーション 「やる気」しだいで人生は思い通り」です。

▼書籍概要

書籍名神モチベーション 「やる気」しだいで人生は思い通り
対象者モチベーションを向上させたい方、ビジネスパーソン、目標に向かって頑張りたい方
ひとこと説明モチベーションを科学的にアップさせる方法を提案。ハイモチベーションやアクションモチベーションに頼るのではなく、ギャップモチベーションを利用して、自然にモチベーションを持続させるテクニックを紹介。
著者星渉 (著)
発売日2021/12/17
ページ数288ページ
出版社SBクリエイティブ
中身(目次)はじめに 「やる気」が出ない日常からお別れする日がやってきました
あなたのモチベーションタイプを30秒で診断します
第1章 人生は100%モチベーションで変わる
第2章 永遠に続く「やる気」のつくり方
第3章 嫌われるくらい「やる気」が止まらない
第4章 世界一簡単に自分を変える方法
最終章 今日から始めるやる気の壁突破トレーニング
読んだ人のクチコミ難しい言葉を使わず、読みやすく、モチベーションアップ法を科学的に解説。未来記憶やギャップモチベーションを用いて、行動に移る秘訣を提供。具体的なトレーニングも紹介し、モチベーションが持続する。専門用語を気にせず、ストレスなく読める。

購入はこちら

29位:人は聞き方が9割

社会人が読むべきおすすめのビジネス書ランキング、第29位は「人は聞き方が9割」です。

▼書籍概要

書籍名人は聞き方が9割
対象者聞くことが苦手な人やコミュニケーションスキルを向上させたい人
ひとこと説明「聞き上手」になるためのコツがわかりやすく解説されている。コミュニケーション能力向上や人間関係改善に役立つ一冊。
著者永松 茂久 (著)
発売日2021/12/9
ページ数240ページ
出版社すばる舎
中身(目次)第1章 なぜ「聞く人」はうまくいくのか?
第2章 人に好かれる人の聞き方
第3章 嫌われない聞き方
第4章 「また会いたい」と思われる人の聞き方
読んだ人のクチコミ相手の話を大切にし、傾聴力を身につけることで、人間関係を改善。安心感を与えることで自信を持てる一冊。コミュニケーション不安を抱える人におすすめ。

購入はこちら

30位:自分を操る超集中力

次に紹介する社会人が読むべきおすすめのビジネス本・書籍は「自分を操る超集中力」です。

▼書籍概要

書籍名自分を操る超集中力
対象者集中力を向上させたい人
ひとこと説明食事、睡眠、運動など日常の習慣を変えることで、即効性の高い18のメンタリズムを学ぶ。疲れたままでも集中力を維持し、仕事や勉強を効率的にこなす方法が満載。
著者メンタリストDaiGo (著)
発売日2016/5/31
ページ数256ページ
出版社かんき出版
中身(目次)まえがき
 もはや集中力は、最短・最速で身につくスキル
 集中力で、1年が13カ月になる
 どんなに疲れていても、集中力を発揮できる人の秘密とは?
第1章 集中力を自在に操る3つのルール
 集中力の高い人に共通する行動原則とは
第2章 高い集中力を生み出す7つのエンジン
 トップスピードで「すぐ没頭できる」自分に変わる
第3章 疲れをリセットする3つの回復法
 疲れを感じている方は、ここから読み進めてください
第4章 集中力を自動でつくり出す時間術
 いつもの仕事の時間を変えるだけで、パフォーマンスは上がっていく
読んだ人のクチコミ集中力を高めるための有名人の習慣や科学的手法を紹介。運動や瞑想、環境整備など、実践的なテクニックが満載。集中力向上を目指す人におすすめ。

購入はこちら

31位:考具 ―考えるための道具、持っていますか?

社会人が読むべきおすすめのビジネス書ランキング、第31位は「考具 ―考えるための道具、持っていますか?」です。

▼書籍概要

書籍名考具 ―考えるための道具、持っていますか?
対象者仕事やプロジェクトでアイデアを求める人
ひとこと説明仕事や企画立案に役立つ考え方やツールを紹介しています。著者自身が日々実践してきたシンキング・ツールを初めて公開し、アイデアを生み出すための方法や行き詰まったときの対処法を具体的に解説しています。
著者加藤 昌治 (著)
発売日2003/4/4
ページ数239ページ
出版社CCCメディアハウス
中身(目次)1.情報がアタマに入ってくる考具
「カラーバス」
「聞き耳」
「ちょいメモ」他
2.アイデアが拡がる考具
「ポストイット」
「マンダラート」他
3.アイデアを企画に収束させる考具
「5W1Hフォーマット」
「ビジュアライズ」他
4.行き詰まったときの考具
「アイデアマラソン」
「問いかけの展開」
5.あなただけの考具
「情報メディア」
「プロダクト」他
読んだ人のクチコミアイデアが湧かないときに、この本の考具を使ってみたら、アイデアが湧き出してきた!具体的なツールや方法がたくさん紹介されているので、仕事がよりクリエイティブになりました。若い人に特におすすめです!

購入はこちら

32位:シンプルに考える

社会人が読むべきおすすめのビジネス書ランキング、第32位は「シンプルに考える」です。

▼書籍概要

書籍名シンプルに考える
対象者ビジネスやキャリアに興味のある人で、シンプルで効果的な仕事のアプローチを求める方におすすめ
ひとこと説明著者が成功した経験から得た知識を元に、本質を見極め、集中することの重要性を教えてくれます。ビジネスパーソンにとって刺激的な内容が満載です。
著者森川亮 (著)
発売日2015/5/29
ページ数200ページ
出版社ダイヤモンド社
中身(目次)はじめに
第1章 ビジネスは「戦い」ではない
第2章 自分の「感性」で生きる
第3章 「成功」は捨て続ける
第4章 「偉い人」はいらない
第5章 余計なことは全部やめる
第6章 イノベーションは目指さない
おわりに
読んだ人のクチコミ著者の経営手法や哲学を通じて、シンプルさの重要性に焦点を当てています。会議や情報共有の方法を見直し、現場での自律性を重視するなど、斬新なアイデアが提案されています。特に、人々の求めるものを的確に提供し、変化に対応する柔軟性が重要だというメッセージは印象的でした。タイトルの通りシンプルにわかりやすい内容です。

購入はこちら

33位:佐藤可士和の超整理術 (日経ビジネス人文庫) (日経ビジネス人文庫 ブルー さ 15-1)

次に紹介する社会人が読むべきおすすめのビジネス本・書籍は「佐藤可士和の超整理術 (日経ビジネス人文庫) (日経ビジネス人文庫 ブルー さ 15-1)」です。

▼書籍概要

書籍名佐藤可士和の超整理術 (日経ビジネス人文庫) (日経ビジネス人文庫 ブルー さ 15-1)
対象者ビジネスパーソン、頭の中を整理するのが苦手な人、クリエイティブな仕事をしている方におすすめです。
ひとこと説明アートディレクター佐藤可士和氏が、整理術を通じてアイデアを生み出す方法を解説しています。空間、情報、思考の整理に焦点を当て、事例を交えながら具体的な手法を紹介しています。
著者佐藤 可士和 (著)
発売日2011/4/9
ページ数224ページ
出版社日本経済新聞出版
中身(目次)1章 問題解決のための“超”整理術
2章 すべては整理から始まる
3章 レベル1「空間」の整理術―プライオリティをつける
4章 レベル2「情報」の整理術―独自の視点を導入する
5章 レベル3「思考」の整理術―思考を情報化する
6章 整理術は、新しいアイデアの扉を開く
読んだ人のクチコミ考え方や物の整理がスムーズになり、行動も具体的で迅速になりました。この本は必読書であり、行き詰まった時に再読して深く理解したいと思います。

購入はこちら

34位:スタンフォード式 疲れない体

社会人が読むべきおすすめのビジネス書ランキング、第34位は「スタンフォード式 疲れない体」です。

▼書籍概要

書籍名スタンフォード式 疲れない体
対象者アスリート、指導者の方々、日常的な疲労感にお悩みの方
ひとこと説明トップアスリートの疲労改善法を明かす一冊。体内圧力を高めることで疲れにくくなる理論を科学的に解説。スタンフォード大学での実践と豊富なデータで裏付けられた究極のリカバリー法が満載。
著者山田知生 (著)
発売日2018/5/25
ページ数254ページ
出版社サンマーク出版
中身(目次)プロローグ 全米最強のスポーツ医局が明かす「疲れない体」の作り方
0章 スタンフォードで突き止めた「疲労発生」のメカニズム
 ―なぜ人は疲れるのか・・・知られざる「疲弊する仕組み」
1章 世界最新の疲労予防「IAP」メソッド
 ―「体内圧力」を高めてダメージを完璧にブロックする
2章 疲れを持ち越さない 究極のリカバリー法
 ―「最高の回復」で脳と体から疲労物質を即時除去
3章 抗疲労体質になる 一流の食事術
 ―「体内に入れるもの」であなたの回復力は変わる
4章 スタンフォード式 ハードワーク・メソッド
 ―働いても、働いても、ダメージを最小化する方法
読んだ人のクチコミ疲労感、減!と感じるほどの効果。疲労に苦しんでいたが、本書のメソッドで明らかに改善。誰もが実践できる簡単な方法で、疲れ知らずの生活が送れる。感謝します!

購入はこちら

35位:ハイパフォーマー思考 高い成果を出し続ける人に共通する7つの思考・行動様式

次に紹介する社会人が読むべきおすすめのビジネス本・書籍は「ハイパフォーマー思考 高い成果を出し続ける人に共通する7つの思考・行動様式」です。

▼書籍概要

書籍名ハイパフォーマー思考 高い成果を出し続ける人に共通する7つの思考・行動様式
対象者仕事の効率や生産性を上げたい人
ひとこと説明ハイパフォーマーの思考と行動様式を分析し、誰もが活用できる知的体力の鍛え方を提案。自己成長や仕事の効率化を目指す人に向けた指南書。読みやすく実践的な内容で、ハイパフォーマーの秘密を学び、自身のパフォーマンスを向上させる手助けをする。
著者増子 裕介 (著), 増村 岳史 (著)
発売日2022/12/23
ページ数250ページ
出版社ディスカヴァー・トゥエンティワン
中身(目次)第1章 そもそも仕事ができること、そして「優秀」の定義とは?
第2章 「ハイパフォーマー分析」とは?
第3章 ハイパフォーマーに学ぶ7つの思考・行動様式
第4章 人生100年時代、キャリアシフトは続く
読んだ人のクチコミハイパフォーマーの思考・行動様式を学び、自己成長に役立つ。知的体力のアップデートが重要だと感じた。理論だけでなく、実践的なステップも示されており、自分のキャリアを見つめ直すきっかけになった。

購入はこちら

36位:10年後の仕事図鑑

次に紹介する社会人が読むべきおすすめのビジネス本・書籍は「10年後の仕事図鑑」です。

▼書籍概要

書籍名10年後の仕事図鑑
対象者未来の社会や仕事の変化について考える人、学生におすすめ
ひとこと説明未来の社会や仕事の変化について考え、自分自身のポジションを見つけるためのヒントを提供。AIやテクノロジーの進化がもたらす変化を楽観的に捉え、自分の人生をポジティブに切り拓く方法を示す。広範な読者層に向けて、未来のキャリアや社会についての洞察を提供する。
著者堀江 貴文 (著), 落合 陽一 (著)
発売日2018/4/5
ページ数256ページ
出版社SBクリエイティブ
中身(目次)序章 これからやってくる未来のために
第1章 “常識”が通用しない未来を生きる君たちへ
第2章 なくなる仕事、減る仕事
第3章 生まれる仕事・伸びる仕事
第4章 お金の未来
第5章 ピュアな情熱に導かれた、”自分の人生”を生きよ
読んだ人のクチコミ未来の不透明な社会に対する洞察力と、ポジティブな生き方を提案してくれる。自分の役割や生き方について考えさせられる一冊。就活前の学生に読んでおくと良い!

購入はこちら

37位:超 筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超・科学的な理由

社会人が読むべきおすすめのビジネス書ランキング、第37位は「超 筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超・科学的な理由」です。

▼書籍概要

書籍名超 筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超・科学的な理由
対象者筋トレによる身体と精神の変化を学びたい人
ひとこと説明筋トレが人生の99%の悩みを解決する最強のソリューションであることを科学的エビデンスで裏付けながら紹介。マッチョ社長とスポーツ科学者がタッグを組み、筋トレの効果を示す実例やエビデンスを豊富に提供。人生を変えた6人の実話も収録。
著者Testosterone (著), 久保 孝史 (著), 福島モンタ(漫画) (その他)
発売日2018/4/27
ページ数240ページ
出版社文響社
中身(目次)第1章 – 「死にたくなったら筋トレ」が真実である理由
第2章 – 筋トレは最強のアンチエイジングである
第3章 – モテたかったら筋トレしかない
第4章 – 仕事ができる人はなぜ筋トレをしているのか
第5章 – ダイエッターこそ筋トレすべき本当の理由
第6章 – 長生きしたけりゃ筋トレをしなさい
第7章 – 筋トレに関する誤解と偏見を解消する
第8章 – 自信がない人は筋トレをしろ
読んだ人のクチコミ人間関係やメンタルの強化に悩んでいた私にとって、まさに救世主でした。過去のトラウマや悩みが、なぜ自分に影響を与えているのか、その答えが筋トレという身体のアプローチによって明らかにされました。これまで色々なアプローチを試してきましたが、筋トレの効果は圧倒的でした。時間を割いてでも習慣にしたいと思います。

購入はこちら

38位:「言葉にできる」は武器になる。

次に紹介する社会人が読むべきおすすめのビジネス本・書籍は「「言葉にできる」は武器になる。」です。

▼書籍概要

書籍名「言葉にできる」は武器になる。
対象者言葉を用いて他者に伝える力を高めたいと考えている社会人。ビジネスシーンでのコミュニケーションやプレゼンテーション、さらには日常生活での自己表現を改善したいと考える全てのレベルの読者
ひとこと説明自分の思いを効果的に言葉にするための実践的な技術が学べる書籍
著者梅田 悟司 (著)
発売日2016/8/1
ページ数255ページ
出版社日経BP 日本経済新聞出版
中身(目次)1 「内なる言葉」と向き合う(言葉で評価される時代
言葉には2つの種類がある―「外に向かう言葉」と「内なる言葉」
「内なる言葉」と向き合う
「人を動かす」から「人が動く」へ―言葉が響けば、人は自然と動きだす
最後は「言葉にできる」が武器になる)

2 正しく考えを深める「思考サイクル」(内なる言葉の解像度を上げる
「思考サイクル」で正しく考えを深める―内なる言葉を磨く全身思考法
自分との会議時間を確保する)

3 プロが行う「言葉にするプロセス」(思いをさらけ出す2つの戦略
日本語の「型」を知る
言葉を生み出す「心構え」を持つ)
読んだ人のクチコミ・思考を深めるプロセスが非常に興味深いです。特に、内なる言葉を育てる方法が具体的に示されていて、日常の仕事に役立てています
・考え方を深めるT字型の思考法が面白かったです。表現技法も現実の仕事に応用できる内容で、とても参考になりました
・内なる言葉を磨くことで、表面的なテクニックではなく、深い思考力が必要だと実感しました。言葉にする過程が非常に丁寧に解説されています

購入はこちら

39位:グロービスMBAで教えている 交渉術の基本―――7つのストーリーで学ぶ世界標準のスキル

社会人が読むべきおすすめのビジネス書ランキング、第39位は「グロービスMBAで教えている 交渉術の基本―――7つのストーリーで学ぶ世界標準のスキル」です。

▼書籍概要

書籍名グロービスMBAで教えている 交渉術の基本―――7つのストーリーで学ぶ世界標準のスキル
対象者ビジネスパーソンを対象としており、特に管理職やリーダーシップを担う方、プロジェクトマネージャー、営業職の方
ひとこと説明具体的な事例を通して実践的な交渉スキルを7つのストーリーで学べる一冊
著者グロービス (著)
発売日2016/6/10
ページ数208ページ
出版社ダイヤモンド社
中身(目次)はじめに
序章 何のための交渉か
第1章 交渉の構造を理解する
第2章 めざすは価値創造型の交渉
第3章 妥結を阻むさまざまな障害とその克服法
第4章 交渉のプロセスの実際
おわりに
読んだ人のクチコミ・交渉者に必要な姿勢やスキルが具体的に書かれており、特にBATNAやアンカリング、フレーミングの重要性がよく理解できました
・日本企業にありがちな交渉ケースを基にしており、実際のビジネスシーンに応用しやすい内容です。基本を復習するには最適な教材です
・交渉の基礎から高度な技術までをカバーしており、交渉を公平かつ効果的に進めるための具体的な方法が学べました

購入はこちら

40位:お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

次に紹介する社会人が読むべきおすすめのビジネス本・書籍は「お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)」です。

▼書籍概要

書籍名お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)
対象者ビジネスパーソンや経済の新しい潮流に興味を持つ全ての社会人を対象としています。特に、現代の経済動向やテクノロジーの進化に敏感であり、自分自身のキャリアやビジネスにそれをどう活かすかを模索している方に適しています
ひとこと説明現代の新しい経済のルールとその中での生き方を具体的な事例と共に解説する一冊
著者佐藤 航陽 (著)
発売日2017/11/30
ページ数263ページ
出版社幻冬舎
中身(目次)第1章 お金の正体
第2章 テクノロジーが変えるお金のカタチ
第3章 価値主義とは何か?
第4章 「お金」から解放される生き方
第5章 加速する人類の進化
読んだ人のクチコミ・仮想通貨やシェアリングエコノミーの具体例が豊富で、非常に分かりやすかったです。新しい経済の仕組みがどう変わっていくのかがよく理解できました
・伝統的な資本主義から価値主義への移行を説く内容が新鮮で、今後のビジネス戦略を考える上で非常に参考になりました。特に、無形資産の重要性に気づかされました」
・佐藤氏の経験を基にした具体的な事例が多く、実践的な内容でした。フィンテックや評価経済についての深い理解が得られました

購入はこちら

41位:図解 コンサル一年目が学ぶこと

社会人が読むべきおすすめのビジネス書ランキング、第41位は「図解 コンサル一年目が学ぶこと」です。

▼書籍概要

書籍名図解 コンサル一年目が学ぶこと
対象者社会人としての基本スキルを向上させたい全てのビジネスパーソンを対象としています。特に新入社員や若手社員だけでなく、中堅社員やマネジメント層にも役立つ内容が含まれており、日常業務に即活用できる実践的なスキルを提供します。
ひとこと説明仕事の基本から高度なテクニックまで、図解でわかりやすく学べるビジネススキルの実践書
著者大石 哲之 (著)
発売日2021/7/16
ページ数224ページ
出版社ディスカヴァー・トゥエンティワン
中身(目次)はじめに
第1章 コンサル流話す技術
第2章 コンサル流思考術
第3章 コンサル流デスクワーク術
第4章 プロフェッショナル・ ビジネスマインド
おわりに
読んだ人のクチコミ・図解で要点がシンプルに示されていて、コンサル一年目の学びがよく理解できました。社会人として働くとは何かを考えさせられる良書です
・新人だけでなく、全てのビジネスマンに役立つポイントが多く、特に議事録の書き方が非常に参考になりました。3時間ほどで読み終えられるのも良いです
・期待値を超えること、仮説思考、素早く仮説を立てて修正することの重要性が強調されており、実務に直結する内容でした。図解とエッセンスがわかりやすく、学びが多かったです

購入はこちら

42位:メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book)

次に紹介する社会人が読むべきおすすめのビジネス本・書籍は「メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book)」です。

▼書籍概要

書籍名メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book)
対象者自己成長を目指す全ての社会人を対象としています。特に、ビジネスシーンでの情報整理やアイデア創出、自己分析を効果的に行いたい方に適しています。また、リーダーシップを発揮する役職の方やプロジェクトマネージャーにも役立つ内容が含まれています
ひとこと説明メモを通じて自己成長を促し、夢を実現するための実践的なメソッドを紹介する一冊
著者前田 裕二 (著)
発売日2018/12/24
ページ数254ページ
出版社幻冬舎
中身(目次)序章 「メモの魔力」を持てば世界に敵はいない
第1章 メモで日常をアイデアに変える
第2章 メモで思考を深める
第3章 メモで自分を知る
第4章 メモで夢をかなえる
第5章 メモは生き方である
終章 ペンをとれ。メモをしろ。そして人生を、世界を変えよう
読んだ人のクチコミ・メモを取ることがこれほどまでに効果的だとは思いませんでした。アイデアの整理から自己分析まで、幅広く活用できる技術が満載です
・具体的なメソッドが豊富で、すぐに実践できる内容が多いです。特に自己分析の部分は、自分を見つめ直す良い機会となりました
・メモの力を使って夢をかなえる方法が具体的に示されており、とても参考になりました。ビジネスシーンだけでなく、日常生活にも役立つ一冊です

購入はこちら

43位:スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン

社会人が読むべきおすすめのビジネス書ランキング、第43位は「スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン」です。

▼書籍概要

書籍名スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン
対象者プレゼンテーションスキルを向上させたいビジネスパーソンを対象としています。特に、経営者、マーケティング担当者、セールスパーソンなど、日常的にプレゼンテーションを行う機会の多い方に適しています。また、リーダーシップを発揮するためのコミュニケーションスキルを磨きたい方にも役立つ内容です
ひとこと説明スティーブ・ジョブズのプレゼン技術を18の法則で解き明かし、実践的なスキルを提供する一冊
著者カーマイン・ガロ (著), 外村仁 解説 (その他), 井口耕二 (翻訳)
発売日2010/7/15
ページ数408ページ
出版社日経BP
中身(目次)第1幕 ストーリーを作る
(構想はアナログでまとめる、一番大事な問いに答える、救世主的な目的意識を持つ ほか)
第2幕 体験を提供する(禅の心で伝える、数字をドレスアップする、「びっくりするほどキレがいい」言葉を使う ほか)
第3幕 仕上げと練習を行う(存在感の出し方を身につける、簡単そうに見せる、
目的に合った服装をする ほか)
読んだ人のクチコミ・ジョブズの真摯な態度と人に伝える心意気が感じられる本です。具体的なテクニックが多く、すぐに実践できる内容でした
・ジョブズのプレゼンテーションがなぜこれほどまでに効果的なのか、その理由がよく理解できました。特に、ストーリーテリングの重要性が強調されています
・ジョブズのプレゼンの背後にある細部へのこだわりやリハーサルの重要性を知り、非常に参考になりました。私たちも学ぶべき点が多いと感じました

購入はこちら

44位:知的生産の技術 (岩波新書 青版 722)

次に紹介する社会人が読むべきおすすめのビジネス本・書籍は「知的生産の技術 (岩波新書 青版 722)」です。

▼書籍概要

書籍名知的生産の技術 (岩波新書 青版 722)
対象者知的生産を効率化したいと考える全ての社会人を対象としています。特に、ビジネスパーソンや研究者、ライターなど、日常的に大量の情報を扱う必要がある方に適しています。また、自己成長を目指すプロフェッショナルにも有用な内容です
ひとこと説明情報整理からアイデア創出まで、知的生産を高めるための実践的な技術と考え方を体系的に学べる一冊
著者梅棹 忠夫 (著)
発売日1969/7/21
ページ数218ページ
出版社岩波書店
中身(目次)まえがき
はじめに
1 発見の手帳
2 ノートからカードへ
3 カードとそのつかいかた
4 きりぬきと規格化
5 整理と事務
6 読 書
7 ペンからタイプライターへ
8 手 紙
9 日記と記録
10 原 稿
11 文 章
おわりに
読んだ人のクチコミ・メモの取り方やカードの利用法など、具体的なテクニックが満載で、知的生産の質を高めるためのヒントが多く得られました
・著者の先見の明に驚かされました。情報時代を見据えた内容が多く、現在でも十分に通用する技術が詰まっています
・形式に基づくアウトプットの大切さが強調されており、実際の業務にすぐに活用できる内容が多く含まれています。特に、資料の整理法が参考になりました

購入はこちら

45位:世界最高の話し方――1000人以上の社長・企業幹部の話し方を変えた! 「伝説の家庭教師」が教える門外不出の50のルール

社会人が読むべきおすすめのビジネス書ランキング、第45位は「世界最高の話し方――1000人以上の社長・企業幹部の話し方を変えた! 「伝説の家庭教師」が教える門外不出の50のルール」です。

▼書籍概要

書籍名世界最高の話し方――1000人以上の社長・企業幹部の話し方を変えた! 「伝説の家庭教師」が教える門外不出の50のルール
対象者ビジネスパーソンやリーダーシップを発揮する必要がある方々を対象としています。特に、社長や企業幹部、プレゼンテーションを頻繁に行う職種の方、コミュニケーション能力を高めたい方に適しています
ひとこと説明実践的なコミュニケーション術を50のルールで解説し、ビジネスシーンでの話し方を劇的に改善する一冊
著者岡本 純子 (著)
発売日2020/10/30
ページ数256ページ
出版社東洋経済新報社
中身(目次)第1章 あっという間に絆が生まれる!―話がうまい人の「もっと話したい!」と思わせる雑談・会話のルール
第2章 「モチベーションの魔術師」になれ!―やる気をかきたてるほめ方・叱り方のルール
第3章 誰もがうなずき、納得し、感心する!―頭がいい人のシンプルクリアな説明のルール
第4章 相手の心をがっちり掴む!―「ついていきたい」と思わせる人の共感される話し方のルール
第5章 みるみるうちに「人が動く」!―できる人の超「エモロジカル」な説得のルール
第6章 緊張ゼロ!満足度100%!―聴衆を魅了する超一流のプレゼンのルール
第7章 誰もがあなたの熱狂的なファンになる!―カリスマリーダーの魅せ方のルール
読んだ人のクチコミ・具体的なテクニックが多く、すぐに実践できる内容が豊富です。特にプレゼンテーションの章は非常に参考になりました
・話し方の重要性を改めて認識させられました。岡本氏の経験に基づいたアドバイスは信頼性が高く、役立つ情報が満載です
・共感を引き出す話し方や緊張を克服する方法など、実際のビジネスシーンで役立つ内容が多く含まれており、とても満足しています

購入はこちら

46位:プロフェッショナルの条件――いかに成果をあげ、成長するか

社会人が読むべきおすすめのビジネス書ランキング、第46位は「プロフェッショナルの条件――いかに成果をあげ、成長するか」です。

▼書籍概要

書籍名プロフェッショナルの条件――いかに成果をあげ、成長するか
対象者ビジネスパーソンや管理職、リーダーシップを発揮する立場の方々に最適です。特に、自己成長を目指す社会人や、仕事において高い成果を求める方に適しています。ドラッカーの理論を実践的に学びたい方にもおすすめです
ひとこと説明知的生産性を向上させ、自己実現を達成するための具体的な方法をドラッカーが自身の経験を基に教える一冊
著者P・F. ドラッカー (著), Peter F. Drucker (原名), 上田 惇生 (翻訳)
発売日2000/7/1
ページ数266ページ
出版社ダイヤモンド社
中身(目次)1 いま世界に何が起こっているか
2 働くことの意味が変わった
3 自らをマネジメントする
4 意思決定のための基礎知識
5 自己実現への挑戦
読んだ人のクチコミ・ドラッカーの理論が具体的に解説されており、自己マネジメントや効果的な働き方について多くの学びが得られました。再読したい一冊です
・知識労働者としての生産性向上の方法が詳しく書かれており、実務にすぐに役立つ内容でした。自己成長を目指す人に最適です
・具体的なエピソードが多く、ドラッカーの教えを実感できます。少し難しい部分もありますが、何度も読み返す価値があります

購入はこちら

47位:伝える力 (PHPビジネス新書)

次に紹介する社会人が読むべきおすすめのビジネス本・書籍は「伝える力 (PHPビジネス新書)」です。

※本書は「プレゼンテーションのおすすめ本・良書〜定番本、話し方、資料作成など〜」でも紹介している良書です^^

▼書籍概要

書籍名伝える力 (PHPビジネス新書)
対象者ビジネスパーソン全般を対象としています。特に、コミュニケーションスキルを向上させたい社会人、リーダーシップを発揮する必要がある管理職、プレゼンテーションや会議での発言力を強化したい方に適しています
ひとこと説明仕事の成果を劇的に向上させるための「話す」「書く」「聞く」能力を実践的に解説する一冊
著者池上 彰 (著)
発売日2007/4/19
ページ数205ページ
出版社PHP研究所
中身(目次)第1章 「伝える力」を培う
第2章 相手を惹きつける
第3章 円滑にコミュニケーションする
第4章 ビジネス文書を書く
第5章 文章力をアップさせる
第6章 わかりやすく伝える
第7章 この言葉・表現は使わない
第8章 上質のインプットをする
読んだ人のクチコミ・池上彰氏の具体的なアドバイスが満載で、ビジネスシーンで即実践できる内容です。特にプレゼンのスキルが大幅に向上しました
・話す、書く、聞くという基本的なコミュニケーションの技術が、どれほど重要かを改めて実感しました。読んだ後は仕事のやり方が変わりました
・文章の書き方から始まり、聞く力の重要性まで網羅されており、非常に参考になりました。池上さんの経験に基づく具体的な事例が役立ちます

購入はこちら

48位:1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

社会人が読むべきおすすめのビジネス書ランキング、第48位は「1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365」です。

▼書籍概要

書籍名1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365
対象者自己啓発や教養を高めたい全ての社会人を対象としています。特に、忙しい日常の中で効率的に知識を身につけたいビジネスパーソンや、日常生活に新たな視点を取り入れたい方に適しています
ひとこと説明世界の教養を1日1ページで効率的に学べる、知的好奇心を刺激する一冊
著者デイヴィッド・S・キダー (著), ノア・D・オッペンハイム (著), 小林朋則 (翻訳)
発売日2018/4/27
ページ数384ページ
出版社文響社
中身(目次)
読んだ人のクチコミ・毎日少しずつ読むことで、無理なく続けられました。各トピックが短くまとまっており、理解しやすいです。忙しい中でも教養を深めたい方におすすめです
・7つの分野にわたる豊富な内容で、読んでいて飽きません。歴史や哲学など、普段あまり触れることのないテーマにも興味を持つきっかけになりました
・一日の終わりにリラックスしながら読むのに最適な本です。教養が広がり、新しい視点を得ることができました。全てのビジネスパーソンに読んでほしい一冊です

購入はこちら

49位:「解像度が高い人」がすべてを手に入れる 「仕事ができる人」になる思考力クイズ51問

次に紹介する社会人が読むべきおすすめのビジネス本・書籍は「「解像度が高い人」がすべてを手に入れる 「仕事ができる人」になる思考力クイズ51問」です。

▼書籍概要

書籍名「解像度が高い人」がすべてを手に入れる 「仕事ができる人」になる思考力クイズ51問
対象者ビジネスパーソンやプロフェッショナルとしてのスキルを向上させたい社会人を対象としています。特に、リーダーシップを発揮する必要がある管理職や、日常的に問題解決に取り組む必要がある職種の方に適しています
ひとこと説明解像度を高める思考力をクイズ形式でトレーニングし、仕事の質を劇的に向上させる一冊​
著者権藤 悠 (著)
発売日2024/3/2
ページ数296ページ
出版社SBクリエイティブ
中身(目次)第1章 解像度がすべて――「仕事ができる人」とは、解像度が高い人
第2章 どうしたら解像度は高まるのか?――「高機能の思考レンズ」を手に入れる
第3章 思考の「画素数」を増やす――具体化思考トレーニング
第4章 思考の「画像幅」を広げる――抽象化思考トレーニング
第5章 思考の「調整力」を鍛える――具体・抽象トレーニング
読んだ人のクチコミ・具体と抽象のバランスを取る思考法が学べるので、問題解決のスピードが格段に上がりました。ビジネスで即役立つ内容です
・51問のクイズ形式なので、楽しく続けられます。解像度が高い思考とは何かを理解し、自分の思考のクリアさが増したと感じます
・非常に実践的な内容で、日常の業務にすぐに応用できるヒントがたくさんありました。思考力を鍛えたい全ての社会人におすすめです

購入はこちら

50位:「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

社会人が読むべきおすすめのビジネス書ランキング、第50位は「「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書」です。

▼書籍概要

書籍名「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書
対象者自己啓発や読書法に興味を持つ社会人を対象としています。特に、ビジネスシーンでの意思決定力や問題解決能力を高めたいと考える方に適しています。また、効率的に知識を身につけたいと考えている方にもおすすめです
ひとこと説明能動的な読書法を通じて「読む力」と「地頭力」を高める実践的な読書術を学べる一冊
著者西岡 壱誠 (著)
発売日2018/6/1
ページ数282ページ
出版社東洋経済新報社
中身(目次)PART1 地頭が良くなる「東大読書」の5ステップ
 STEP1 仮説作りで「読み込む力」が劇的に上がる!――東大生は「読み始める前」に考える
 STEP2 取材読みで「論理の流れ」がクリアに見える――東大生は「読者」ではなく「記者」になる
 STEP3 整理読みで難しいことも「一言」で説明できる――東大生は立ち止まりながら読む
 STEP4 検証読みで「多面的なモノの見方」を身につける――東大生はカバンに「2冊の本」を入れている
 STEP5 議論読みで本の内容を「ずっと記憶」しておける――東大生はアウトプットを重視する
 
PART2 東大流「読むべき本」の探し方
 METHOD0 「得るものが多い本」をどう探すのか
 METHOD1 売れている本・ベストセラーを選ぼう!
 METHOD2 信頼できる人のレコメンデーション
 METHOD3 時代を超えて読み継がれている古典
 METHOD4 今年のマイテーマを決める
 METHOD5 「読まず嫌い」を避ける
読んだ人のクチコミ・具体的なステップがわかりやすく、実践しやすい内容でした。読書が楽しくなり、知識が深まる感じがします
・受動的な読書から能動的な読書への切り替えが重要だと感じました。読書の質が向上し、理解力が増しました
・読む前に目次を見て仮説を立てるなど、具体的なテクニックがすぐに使えました。仕事でも大いに役立つ内容です

購入はこちら

シェアする