経営・経営学のおすすめ本・書籍ランキング

最終更新日

本記事では経営・経営学のおすすめ本・書籍ランキング(2024年)を紹介します!

企業経営や経営学に興味を持ち、その知識を深めたいと思ったことはありませんか?しかし、多くの書籍がある中で、どれを選べばよいのか迷ってしまうことも多いでしょう。そんな時に参考にしたいのが、実際に多くの経営者やビジネスパーソンに支持され、評価の高い書籍です。この記事では、経営・経営学に関するおすすめの本・書籍をランキング形式でご紹介します。

初心者から上級者まで、それぞれのレベルに応じた本を厳選し、幅広くカバーしました。ビジネスの基本から最新の理論、実践的な戦略まで、経営に役立つ知識が満載です。良書や名著を多数紹介しており、読むだけで実際のビジネスシーンでの活用が期待できる内容ばかりです。ぜひ参考にしてください!

▼関連記事
「戦略」を学びたい人におすすめ本ランキング!良書・名著を厳選
コンサルタントのおすすめ本〜必読書、論理思考、問題解決、戦略策定、面接対策など〜
新規事業立ち上げのおすすめ本ランキング!現役コンサルタントが厳選

目次

1位:稲盛和夫の実学―経営と会計

経営・経営学のおすすめ本・書籍ランキングの第1位は「稲盛和夫の実学―経営と会計」です。

▼書籍概要
本書は、京セラの創業者である稲盛和夫氏が、自身の経営哲学と会計の重要性を説いた一冊です。稲盛氏は、経営者が会計を理解し、実践することが企業の成功に不可欠であると主張しています。具体的には、キャッシュベースの経営、透明性の高い経理、フェアなディスクロージャーなど、経営と会計の基本原則をわかりやすく解説しています。また、アメーバ経営や時間当たり採算制度といった独自の管理手法を紹介し、それがどのように企業の成長と安定に寄与するかを具体例と共に示しています。経営の実務に直結する内容が多く、経営者や管理職にとって必読の一冊です。

書籍名稲盛和夫の実学―経営と会計
対象者経営者や管理職、経理・財務部門のプロフェッショナルを対象としています。特に、企業の経営戦略や会計の実務を学びたいと考える方に最適です。また、これから起業を考えている方や、経営に関する知識を深めたいビジネスパーソンにもおすすめです。
ひとこと説明経営と会計の基本原則を稲盛和夫氏の実践例と共に学べる一冊。
著者稲盛 和夫 (著)
発売日2000/11/7
ページ数194ページ
出版社日本経済新聞出版
中身(目次)序章 私の会計学の思想
第一部 経営のための会計学―実践的基本原則
 第一章  キャッシュベースで経営する(キャッシュベース経営の原則)
 第二章 一対一の対応を貫く(一対一対応の原則)
 第三章 筋肉質の経営に徹する(筋肉質経営の原則)
 第四章 完璧主義を貫く(完璧主義の原則)
 第五章 ダブルチェックによって会社と人を守る(ダブルチェックの原則)
 第六章 採算の向上を支える(採算向上の原則)
 第七章 透明な経営を行う(ガラス張り経営の原則)
第二部 経営のための会計学の実践―盛和塾での経営問答からおわりに
読んだ人のクチコミ・経理担当者のバイブルとなる本です。会計の専門分野は、あくまで実学のためにあることを教えてくれます。
・当たり前のことを当たり前にやることの難しさを学べる1冊。経営と会計の原理原則がわかりやすく解説されています。
・稲盛氏が京セラで実践してきた経営を会計の視点から論じた内容で、特に原価管理についての考察が参考になりました。

購入はこちら

2位:経営者になるためのノート

経営・経営学のおすすめ本・書籍ランキングの第2位は「経営者になるためのノート」です。

▼書籍概要
本書は、ユニクロの創業者である柳井正氏が、経営者として成功するための具体的なアドバイスをまとめた一冊です。柳井氏が実際にユニクロの幹部社員にのみ配布していた門外不出のノートを基に、経営者に必要な「変革する力」「儲ける力」「人を動かす力」「自己変革力」の4つの力について詳細に解説しています。彼は、常識を疑う姿勢、厳しく要求し核心をつく質問をすること、お客様目線で物事を考えることの重要性を強調しています。また、ビジネスの実践に役立つ具体的な方法や、自らの経験から得た教訓も多数紹介されています。読者が自身の考えを書き込めるスペースも多く設けられており、自分だけの経営者ノートを完成させることができる構成です。

書籍名経営者になるためのノート
対象者現役の経営者や管理職、起業を目指すビジネスパーソンを対象としています。特に、企業の成長を目指すリーダーシップを持つ方や、新しいビジネスの創造に関心のある方に最適です。
ひとこと説明ユニクロ創業者・柳井正氏が語る、経営者として成功するための実践的なアドバイスと考え方をまとめた一冊
著者柳井 正 (著)
発売日2015/8/24
ページ数177ページ
出版社PHP研究所
中身(目次)序章 経営者とは
本編 経営者に必要な四つの力
 第一章 変革する力–経営者はイノベ-ターであれ
 第二章 儲ける力–経営者は商売人であれ
 第三章 チームを作る力–経営者は本物のリーダーであれ
 第四章 理想を追求する力–経営者は指名とともに生きよ
読んだ人のクチコミ・経営者としての視点を学べる貴重な一冊です。常識を疑う姿勢やお客様目線での考え方が非常に参考になりました。
・具体的なアドバイスが多く、実践的な内容で満足しています。読んでいて、自分も成長できる気がします。
・柳井氏の経験に基づく話が多く、リアルな経営の現場を感じられました。自分の考えを書き込むことで、より理解が深まりました。

購入はこちら

3位:両利きの経営

次に紹介する経営・経営学のおすすめ本・書籍は「両利きの経営」です。

▼書籍概要
本書は、チャールズ・A・オライリーとマイケル・L・タッシュマンによる「両利きの経営」を解説した一冊です。著者たちは、企業が持続的な成長を実現するためには、既存事業の深化と新規事業の探索を同時に行う「両利きの経営」が不可欠であると主張しています。具体的な事例として、USA TODAYのメディア戦略やIBMの変革プロジェクトなどが紹介されており、これらの企業がどのようにして両利きの経営を実践し成功を収めたのかが詳しく説明されています。さらに、両利きの経営を効果的に行うための組織文化の構築やリーダーシップの在り方についても深く掘り下げています。経営者や管理職が直面する課題に対する実践的な解決策を提供する本書は、イノベーションを追求する全てのビジネスパーソンにとって必読の一冊です。

書籍名両利きの経営
対象者経営者、管理職、イノベーションを推進する立場にあるビジネスパーソンを対象としています。特に、企業の持続的成長を目指し、新たな事業開発や既存事業の改善を並行して行いたいと考える方に適しています。
ひとこと説明既存事業の深化と新規事業の探索を同時に行う「両利きの経営」を実現するための理論と実践方法を詳述する一冊。
著者チャールズ・A. オライリー (著), マイケル・L. タッシュマン (著), 入山 章栄 (翻訳), 渡部 典子 (翻訳)
発売日2019/2/15
ページ数411ページ
出版社東洋経済新報社
中身(目次)第1部 基礎編:破壊にさらされる中でリードする
 第1章 イノベーションという難題
 第2章 探索と深化
 第3章 イノベーションストリームとのバランスを実現させる
第2部 両利きの実践:イノベーションのジレンマを解決する
 第4章 6つのイノベーションストーリー
 第5章 「正しい」対「ほぼ正しい」
第3部 飛躍する:両利きの経営を徹底させる
 第6章 両利きの要件とは?
 第7章 要としてのリーダー(および幹部チーム)
 第8章 変革と戦略的刷新をリードする
読んだ人のクチコミ・両利きの経営の概念が具体的に説明されており、実践に移しやすい内容でした。特にUSA TODAYの事例が非常に参考になりました。
・既存事業の深化と新規事業の探索を同時に行うことの重要性がよく理解できました。経営者としての視野が広がる一冊です。
・理論と実践のバランスが取れており、具体的な事例が多いので非常に読みやすかったです。イノベーションに挑戦したい人におすすめです。

購入はこちら

4位:ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則

経営・経営学のおすすめ本・書籍ランキングの第4位は「ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則」です。

▼書籍概要
本書は、ジム・コリンズとジェリー・ポラスが、長期間にわたり卓越したパフォーマンスを発揮し続ける「ビジョナリー・カンパニー」の秘密を解き明かす一冊です。徹底的な調査と比較分析に基づき、際立った成功を収める企業の共通点を探求しています。著者たちは、優れたアイデアやカリスマ的リーダーシップではなく、基本理念の堅持や自己変革能力が重要であると結論づけています。企業の使命として、顧客、社員、地域社会を優先し、株主への利益還元を最後に置くことが持続的な成功につながると説いています。具体的な事例として、アムジェン、インテル、サウスウエスト航空などが取り上げられ、実践的な洞察が満載です。

書籍名ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則
対象者経営者、管理職、ビジネスリーダーを目指す全ての社会人を対象としています。特に、企業の長期的な成功を目指すための戦略を学びたい方、持続可能な経営モデルを探求する方に最適です。
ひとこと説明企業が長期的に卓越したパフォーマンスを維持するための基本原則を探求し、成功企業の共通点を解き明かす一冊。
著者ジム・コリンズ (著), 山岡洋一 (翻訳)
発売日1995/9/26
ページ数475ページ
出版社日経BP社
中身(目次)第1章 最高のなかの最高
第2章 時を告げるのではなく、時計をつくる
第3章 利益を超えて
第4章 基本理念を維持し、進歩を促す
第5章 社運を賭けた大胆な目標
第6章 カルトのような文化
第7章 大量のものを試して、うまくいったものを残す
第8章 生え抜きの経営陣
第9章 決して満足しない
第10章 はじまりの終わり
読んだ人のクチコミ・企業が成功を続けるためには何が必要か、具体的な事例と共に学べる素晴らしい内容です。経営の本質が理解できます。
・時代を超えた経営の原則が明確に示されており、非常に納得のいく内容でした。ビジネスリーダーに必読の一冊です。
・理論と実践のバランスが取れており、すぐに使える洞察が多いです。企業の長期的な成功を目指すためのガイドとして役立ちます。

購入はこちら

5位:起業の天才!: 江副浩正 8兆円企業リクルートをつくった男

次に紹介する経営・経営学のおすすめ本・書籍は「起業の天才!: 江副浩正 8兆円企業リクルートをつくった男」です。

▼書籍概要
本書は、大西康之氏が描くリクルート創業者・江副浩正の生涯を通じて、起業家精神の真髄を探求する一冊です。江副氏は、日本の経済とビジネス文化に多大な影響を与えた人物であり、その経営哲学と実践は今日のビジネスリーダーにとっても非常に参考になります。江副氏は、情報の民主化を目指し、リクルートを情報サービス企業として成長させました。その過程で、社員に圧倒的な当事者意識を持たせ、企業文化を醸成しました。しかし、リクルート事件という影の部分も持ち合わせています。本書は、成功と挫折を通じて学ぶべき教訓を豊富に含んでおり、企業経営の本質を深く理解するための必読書です。

書籍名起業の天才!: 江副浩正 8兆円企業リクルートをつくった男
対象者起業家、経営者、管理職、ビジネスリーダーを目指す全ての社会人を対象としています。特に、新たなビジネスモデルを探求し、企業の成長を目指す方に最適です。
ひとこと説明江副浩正の生涯を通じて起業家精神と経営の本質を学ぶ一冊。
著者大西 康之 (著)
発売日2021/1/29
ページ数476ページ
出版社東洋経済新報社
中身(目次)序章 ふたりの天才
【第1部 1960】
第1章 ユニコーンの誕生 
第2章 紙のグーグル 
第3章 進撃のダイバーシティー 
第4章 「日本型経営」を叩き潰せ 
第5章 APPI 
第6章 打倒Y 
【第2部 1984】
第7章 江副か稲盛か 
第8章 森田の未来、真藤の未来、江副の未来 
第9章 情報の海へーーALL HANDS ON DECK !(総員配置につけ!) 
【第3部 1989 昭和の終焉・平成の夜明け】
第10章 変容 
第11章 情報が人間を熱くする 
第12章 世紀のスクープ 
第13章 反転 
第14章 「おまえら。もっといかがわしくなれ!」
エピローグ
読んだ人のクチコミ・江副氏の経営哲学と実践が非常に参考になりました。リクルートの成長とその背後にある考え方を学べる一冊です。
・リクルート事件の詳細も含まれており、成功と失敗の両面から学ぶことができます。非常に興味深い内容でした。
・社員に当事者意識を持たせる手法や情報の民主化というビジョンが印象的でした。現代のビジネスにも通じる洞察が多いです。

購入はこちら

6位:ワークマン式「しない経営」―― 4000億円の空白市場を切り拓いた秘密

経営・経営学のおすすめ本・書籍ランキングの第6位は「ワークマン式「しない経営」―― 4000億円の空白市場を切り拓いた秘密」です。

▼書籍概要
本書は、土屋哲雄氏による「ワークマン式『しない経営』―― 4000億円の空白市場を切り拓いた秘密」です。ワークマンが「しない」ことを基本にしながらも、どのようにして4000億円規模の市場を切り拓き、成功を収めたかを解説しています。具体的には、残業、ノルマ、期限、社内行事、接客を「しない」ことで、社員のストレスを最小限に抑え、効率的な経営を実現しています。また、低価格かつ高機能なアウトドアウェア市場で成功を収めた戦略や、データ活用ゼロから始めたエクセル経営の手法も詳しく説明されています。特に、顧客と直接対話せずに顧客満足度を高める独自のアプローチが興味深いです。このアプローチがいかにして企業の成長に寄与したかを学びたいビジネスパーソンにおすすめの一冊です。

書籍名ワークマン式「しない経営」―― 4000億円の空白市場を切り拓いた秘密
対象者経営者や管理職、特に新しいビジネスモデルを探求し、企業の成長を目指すビジネスパーソンを対象としています。また、従来の方法に囚われず、新しい経営戦略を学びたいと考える方にも適しています。
ひとこと説明「しない経営」を通じて4000億円市場を切り拓いたワークマンの成功の秘密を解き明かす一冊。
著者土屋 哲雄 (著)
発売日2020/10/21
ページ数288ページ
出版社ダイヤモンド社
中身(目次)【はじめに】4000億円の空白市場を切り拓いた秘密
【第1章】「しない会社」にやってきたジャングル・ファイター
【第2章】ワークマン式「第2のブルーオーシャン市場」のつくり方
【第3章】「しない経営」が最強の理由
【第4章】データ活用ゼロの会社が「エクセル経営」で急成長した秘密
【第5章】なぜ「エクセル経営」で社員がぐんぐん成長するのか
【第6章】興味こそがやりきる経営のエンジンである
【第7章】「両利きの経営」はどうすれば実現できるのか
読んだ人のクチコミ・残業やノルマを排除しながらも高い業績を達成する方法が具体的に書かれており、非常に参考になりました。新しい経営手法を学びたい方におすすめです。
・データ活用ゼロからエクセル経営へと変革を遂げたワークマンの事例が非常に興味深いです。実践的なアプローチが満載で、すぐに役立つ内容です。
・ワークマンの成功の裏側にはこんなに多くの工夫があったとは驚きです。シンプルでありながら深い洞察が得られました。

購入はこちら

7位:ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か

次に紹介する経営・経営学のおすすめ本・書籍は「ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か」です。

▼書籍概要
本書は、エリヤフ・ゴールドラットによる「ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か」です。著者が開発した「制約理論(TOC)」を基に、企業が持続的に成長するための管理手法を小説形式で分かりやすく解説しています。物語の主人公は、倒産寸前の工場を立て直すために奮闘する工場長アレックス・ロゴ。彼は、工場の効率を高めるための本質的な問題に直面し、それを解決する過程で制約理論の概念を学び、適用していきます。本書を通じて、部分最適ではなく全体最適を目指す経営の重要性が説かれています。企業の究極の目的は「利益を出すこと」であり、そのためにはリソースの効率的な活用が不可欠です。

書籍名ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か
対象者本書は、経営者、管理職、ビジネスリーダーを目指す全ての社会人を対象としています。特に、企業の成長戦略や生産管理に関心がある方、問題解決のための新しい視点を学びたい方に最適です。
ひとこと説明企業の持続的な成長を実現するための制約理論(TOC)を小説形式で分かりやすく解説する一冊。
著者エリヤフ・ゴールドラット (著), 三本木 亮 (翻訳)
発売日2001/5/18
ページ数560ページ
出版社ダイヤモンド社
中身(目次)1 突然の閉鎖通告
2 恩師との邂逅
3 亀裂
4 ハイキング
5 ハービーを探せ
6 つかの間の祝杯
7 報告書
8 新たな尺度
読んだ人のクチコミ・物語形式なので読みやすく、経営の本質を楽しみながら学べました。制約理論の具体的な適用方法が非常に参考になります。
・企業の生産性向上について深く考えさせられました。ボトルネックを特定し、それを解消するためのプロセスが明確に示されています。
・具体的な事例と理論が融合しており、実践的な内容が多いです。ビジネスの現場で役立つヒントが満載で、非常に有益な一冊でした。

購入はこちら

8位:イノベーションのジレンマ 増補改訂版: 技術革新が巨大企業を滅ぼすとき

経営・経営学のおすすめ本・書籍ランキングの第8位は「イノベーションのジレンマ 増補改訂版: 技術革新が巨大企業を滅ぼすとき」です。

▼書籍概要
本書は、クレイトン・クリステンセンによる「イノベーションのジレンマ 増補改訂版: 技術革新が巨大企業を滅ぼすとき」です。著者は、企業が成功する過程で直面する「破壊的イノベーション」によるジレンマを解明し、企業が持続的に成長するための戦略を提案します。従来の成功パターンに固執することで、新しい市場や技術に適応できず、最終的に競争力を失うという現象を説明しています。本書では、企業がいかにして破壊的イノベーションを受け入れ、持続的な成長を維持するかについて、具体的な事例とともに詳細に解説されています。特に、ディスクドライブ産業を例に挙げ、成功企業が陥りがちな失敗のメカニズムを明らかにしています。

書籍名イノベーションのジレンマ 増補改訂版: 技術革新が巨大企業を滅ぼすとき
対象者経営者、管理職、イノベーションを推進する立場にあるビジネスパーソンを対象としています。特に、企業の成長戦略や新技術導入に関心がある方、持続的な競争優位性を保つための新しいアプローチを学びたい方に最適です。
ひとこと説明企業が破壊的イノベーションにどう対応し、持続的な成長を実現するかを具体例とともに解説する一冊。
著者クレイトン クリステンセン (著), 伊豆原 弓 (翻訳)
発売日2001/7/1
ページ数327ページ
出版社翔泳社
中身(目次)序章
第一部 優良企業が失敗する理由
 第一章 なぜ優良企業が失敗するのか
     -ハードディスク業界に見るその理由-
 第二章 バリュー・ネットワークとイノベーションへの刺激
 第三章 掘削機業界における破壊的イノベーション
 第四章 登れるが、降りられない
第二部 破壊的イノベーションへの対応
 第五章 破壊的技術それを求める顧客を持つ組織に任せる
 第六章 組織の規模を市場の規模に合わせる
 第七章 新しい成長市場を見出す
 第八章 組織のできること、できないことを評価する方法
 第九章 供給される性能、市場の需要、製品のライフサイクル
 第十章 破壊的イノベーションのマネジメント-事例研究-
 第十一章 イノベーションのジレンマ-まとめ-
読んだ人のクチコミ・企業が成功を続けるために何を避けるべきか、破壊的イノベーションの具体例とともに学べる内容です。非常に実践的で参考になります。
・優良企業がなぜ失敗するのか、その原因と対応策が明確に示されており、特にディスクドライブ産業の事例が印象的でした。
・破壊的技術がいかにして市場を変革し、既存の巨大企業を脅かすかについて深く理解できました。今後のビジネス戦略に役立つ一冊です。

購入はこちら

9位:ドラッカー名著集1 経営者の条件

経営・経営学のおすすめ本・書籍ランキングの第9位は「ドラッカー名著集1 経営者の条件」です。

▼書籍概要
本書は、ピーター・F・ドラッカーによる「経営者の条件」で、ドラッカー名著集の第1巻です。本書は、成果を上げるために必要なセルフマネジメントの方法を解説し、現代の知識労働者にとって必須の自己管理の習慣を提供します。具体的には、時間管理の重要性、意思決定の方法、貢献意識の高さが強調されています。また、自己をマネジメントし、成果を上げるための具体的なテクニックや実践方法が豊富に示されています。ドラッカーは、経営者だけでなく、全てのビジネスパーソンに向けて、いかにして自分の仕事において成果を上げるかを指南しています。

書籍名ドラッカー名著集1 経営者の条件
対象者経営者、管理職、リーダーシップを発揮したいビジネスパーソンを対象としています。また、自己管理や時間管理の方法を学びたい全ての社会人にも適しています。
ひとこと説明セルフマネジメントを通じて成果を上げるための具体的な方法を解説する一冊。
著者P.F.ドラッカー (著)
発売日2006/11/10
ページ数234ページ
出版社ダイヤモンド社
中身(目次)序章 成果をあげるには
第1章 成果をあげる能力は修得できる
第2章 汝の時間を知れ
第3章 どのような貢献ができるか
第4章 人の強みを生かす
第5章 最も重要なことに集中せよ
第6章 意思決定とは何か
第7章 成果をあげる意思決定とは
終章 成果をあげる能力を修得せよ
読んだ人のクチコミ・ドラッカーの理論が具体的に解説されており、自己管理の重要性がよく理解できました。特に時間管理の章が役立ちました。
・経営者のみならず、全てのビジネスパーソンに役立つ内容です。読みやすく、実践的なアドバイスが豊富に含まれています。
・自己管理の方法が詳細に書かれており、自分の仕事の進め方に大いに役立ちました。再読したいと思える一冊です。

購入はこちら

10位:世界標準の経営理論

次に紹介する経営・経営学のおすすめ本・書籍は「世界標準の経営理論」です。

▼書籍概要
本書は、入山章栄氏による「世界標準の経営理論」です。経営学の基礎から最新の理論までを網羅的に解説し、ビジネスの真理に肉薄する30の「標準理論」を紹介しています。著者は、各理論を具体的な事例とともに平易な言葉で解説しており、読者が実際のビジネスに応用できるように構成しています。内容は、経済学、心理学、社会学など多岐にわたり、経営者やビジネスパーソンにとって重要な視点を提供します。特に、「ファイブフォース」や「ジェネリック戦略」などの戦略フレームワークを通じて、企業の競争優位性を保つための方法が詳細に述べられています。入山氏の深い知見と実践的なアプローチにより、経営理論が具体的なビジネスの場面でどのように活用されるかを学べる一冊です。

書籍名世界標準の経営理論
対象者経営者や管理職、MBA取得者やビジネスリーダーを目指す全ての社会人を対象としています。また、経営理論に興味があり、実践的な知識を深めたいと考えているビジネスパーソンにも適しています。
ひとこと説明経営学の基礎から最新理論までを網羅し、実践的に学べるビジネスリーダー必読の一冊。
著者入山 章栄 (著)
発売日2019/12/12
ページ数832ページ
出版社ダイヤモンド社
中身(目次)序章 経営理論とは何か
第1部 経済学ディシプリンの経営理論
第2部 マクロ心理学ディシプリンの経営理論
第3部 ミクロ心理学ディシプリンの経営理論
第4部 社会学ディシプリンの経営理論
第5部 ビジネス現象と理論のマトリックス
第6部 経営理論の組み立て方・実証の仕方
終章 経営理論のさらなる視座
読んだ人のクチコミ・経営理論が具体的な事例とともに紹介されており、実践的に理解できる内容です。特にファイブフォースの章が非常に参考になりました。
・理論が体系的にまとめられており、学ぶことで仕事に対するスタンスが変わりました。辞書的に使えるので、常に手元に置いておきたい本です。
・複雑な理論が平易な言葉で解説されており、ビジネスパーソンにとって非常に役立つ内容です。経営理論の重要性を再認識させられました。

購入はこちら

11位:売上最小化、利益最大化の法則──利益率29%経営の秘密

次に紹介する経営・経営学のおすすめ本・書籍は「売上最小化、利益最大化の法則──利益率29%経営の秘密」です。

▼書籍概要
本書は、木下勝寿氏による「売上最小化、利益最大化の法則――利益率29%経営の秘密」です。著者は、株式会社北の達人コーポレーションの代表取締役社長として、資本金1万円からスタートし、利益率29%を達成した経営戦略を紹介しています。木下氏は、売上を最小化しながらも利益を最大化するための具体的な方法を提示し、従来の「売上アップ=利益増」という常識を覆します。本書では、売上と利益をセットで管理する重要性を説き、「無収入寿命」や「5段階利益管理」などの独自の経営手法を詳しく解説しています。また、マーケティング戦略や人材育成に関する具体的な事例も豊富に盛り込まれており、経営の実務に役立つ知識が満載です。

書籍名売上最小化、利益最大化の法則──利益率29%経営の秘密
対象者経営者や管理職、特に新しいビジネスモデルを模索しているビジネスパーソンを対象としています。また、企業の収益性を高めるための具体的な戦略を学びたい方にも最適です。
ひとこと説明売上を最小化しながら利益を最大化するための具体的な経営手法を詳しく解説する一冊​。
著者木下 勝寿 (著)
発売日2021/6/16
ページ数336ページ
出版社ダイヤモンド社
中身(目次)第1章 売上ゼロでも生き残れる「無収入寿命」という考え方
第2章 売上OSが利益OSに変わる! 売上最小化、利益最大化の法則
第3章 会社の弱点が一発でわかる「5段階利益管理」
第4章 小さい市場で圧勝する商品戦略
第5章 利益率29%を実現する販売戦略
第6章 ファンの心をつかんで離さない「演歌の戦略」
第7章 未経験者でも利益を上げ続ける人材戦略
第8章 売上1000億・利益300億円を実現する戦略
読んだ人のクチコミ・売上を追求せずに利益を最大化する方法が具体的に解説されており、非常に参考になりました。特に5段階利益管理の考え方が役立ちました​。
・北の達人の成功の裏側を知ることができ、実践的なマーケティング戦略が多く学べました。EC事業者だけでなく、幅広いビジネスに応用できる内容です​。
・売上と利益をセットで管理するという新しい視点が得られました。少数精鋭のチームで成果を上げるためのヒントが豊富に盛り込まれています。

購入はこちら

12位:この1冊ですべてわかる 経営戦略の基本

経営・経営学のおすすめ本・書籍ランキングの第12位は「この1冊ですべてわかる 経営戦略の基本」です。

▼書籍概要
本書は、日本総合研究所経営戦略研究会による「この1冊ですべてわかる 経営戦略の基本」です。経営戦略の基礎から実践までを網羅的に解説し、初めて経営戦略を学ぶビジネスパーソンでも理解しやすい構成となっています。本書では、3C分析、SWOT分析、ファイブフォース分析など、主要な戦略フレームワークを具体的な事例とともに紹介しています。また、経営戦略の定義から始まり、全社戦略と事業戦略の違いや、それぞれの策定方法について詳しく解説しています。さらに、戦略を実行に移すための具体的なステップや、成功と失敗のケーススタディも豊富に掲載されています。ビジネス環境の変化に柔軟に対応し、持続的な競争優位を築くための知識をこの一冊で得ることができます。

書籍名この1冊ですべてわかる 経営戦略の基本
対象者経営者や管理職、企業戦略を学びたいビジネスパーソンを対象としています。特に、経営戦略の基本を理解し、実践的な知識を身につけたい方に適しています。また、ビジネススクールで学ぶ前の予習や復習にも最適です。
ひとこと説明経営戦略の基礎から実践までを体系的に学べる、ビジネスリーダー必読の一冊。
著者(株)日本総合研究所 経営戦略研究会 (著), 手塚 貞治 (監修, 読み手)
発売日2008/11/13
ページ数208ページ
出版社日本実業出版社
中身(目次)第1章 経営戦略の役割と特徴
第2章 経営戦略の理論を俯瞰する
第3章 戦略を動かすための仕組みづくり
第4章 企業全体のパフォーマンスを向上させる全社戦略の実践
第5章 個別事業の競争優位を構築する事業戦略の実践
第6章 不確実性の時代における“新しい”戦略論の潮流
読んだ人のクチコミ・経営戦略が具体的な事例とともに解説されており、非常に実践的な内容です。特に3C分析の章が役立ちました。
・この本を読むことで、経営戦略の全体像を理解することができました。特に新しい戦略の策定方法が詳しく書かれているのが良かったです。
・経営戦略を学び始めたばかりの私にとって、非常にわかりやすい内容でした。フレームワークが整理されていて、実際のビジネスに応用しやすいです。

購入はこちら

13位:ビジョナリー・カンパニー 2 – 飛躍の法則

次に紹介する経営・経営学のおすすめ本・書籍は「ビジョナリー・カンパニー 2 – 飛躍の法則」です。

▼書籍概要
本書は、ジム・コリンズによる「ビジョナリー・カンパニー 2 – 飛躍の法則」で、優良企業がいかにして偉大な企業に成長するかを探求しています。著者は、11の企業を対象に調査を行い、それらが卓越した成果を達成するための共通要因を分析しています。主要なテーマは、「Good to Great(良好から偉大へ)」であり、企業が「良好」であることに満足せず、「偉大」を目指すための具体的なステップが解説されています。コリンズは、リーダーシップの重要性、適切な人材配置、文化の構築、規律ある行動が、企業の飛躍に欠かせない要素であることを強調しています。さらに、現実的な事例を通じて、理論を具体化し、実践に役立つ知見を提供しています。

書籍名ビジョナリー・カンパニー 2 – 飛躍の法則
対象者経営者や管理職、企業の成長戦略に関心があるビジネスパーソンを対象としています。特に、企業の持続的な成長を目指すための具体的な手法を学びたい方に最適です。また、リーダーシップや組織文化の構築に興味がある方にも役立つ内容となっています。
ひとこと説明優良企業が偉大な企業に飛躍するための原則と具体的な実践方法を解説する一冊。
著者ジム・コリンズ (著), 山岡 洋一 (翻訳)
発売日2001/12/18
ページ数360ページ
出版社日経BP
中身(目次)第1章 時代を超えた成功の法則―良好は偉大の敵
第2章 野心は会社のために―第五水準のリーダーシップ
第3章 だれをバスに乗せるか―最初に人を選び、その後に目標を選ぶ
第4章 最後にはかならず勝つ―厳しい現実を直視する
第5章 単純明快な戦略―針鼠の概念
第6章 人ではなく、システムを管理する―規律の文化
第7章 新技術にふりまわされない―促進剤としての技術
第8章 劇的な転換はゆっくり進む―弾み車と悪循環
第9章 ビジョナリー・カンパニーへの道
読んだ人のクチコミ・具体的な事例が多く、理論だけでなく実践的な内容も充実しており、非常に参考になりました。リーダーシップの重要性が改めて理解できました。
・企業が偉大になるためには、良好な状態で満足せず、常に成長を追求する姿勢が必要であることを学びました。実務にすぐに応用できる内容です。
・リーダーとしての資質や企業文化の構築方法について深く学べる一冊。特に、人材配置の重要性とその具体的な方法が役立ちました。

購入はこちら

14位:永守流 経営とお金の原則

経営・経営学のおすすめ本・書籍ランキングの第14位は「永守流 経営とお金の原則」です。

▼書籍概要
本書は、永守重信氏による「永守流 経営とお金の原則」であり、日本電産を一代で築き上げた著者が、50年にわたる経営経験と財務戦略のエッセンスをまとめた一冊です。永守氏は、企業の成長を支えるための財務戦略と資金繰りの重要性を強調し、具体的な実践方法を紹介しています。例えば、銀行との付き合い方、取引先の選定基準、M&Aの成功条件など、多岐にわたるテーマをカバーしています。また、永守氏の「3Q6S」や「ホラ、夢、目標」といった独自の経営哲学も詳しく解説されており、企業を安定的に成長させるための具体的な戦略が学べます。特に、実践的なアドバイスと具体例が豊富で、ベンチャー企業から大企業の経営者まで幅広い層に役立つ内容です。

書籍名永守流 経営とお金の原則
対象者経営者や管理職、財務戦略に関心のあるビジネスパーソンを対象としています。特に、企業の成長戦略や資金繰りの管理方法を学びたいと考える方に最適です。また、企業の経営を改善し、安定的に成長させるための具体的な手法を知りたい方にもおすすめです。
ひとこと説明企業の成長と安定を支えるための財務戦略と資金繰りの具体的な方法を解説する一冊。
著者永守 重信 (著)
発売日2022/1/6
ページ数236ページ
出版社日経BP
中身(目次)序章 お金の戦略が必要だ――会社を絶対つぶさないために
第1章 キャッシュこそ企業価値の源泉――コスト意識を鍛えよう
第2章 会社を成長へ導く財務戦略――創業期に重視すべき指標とは
第3章 創業時の資金の集め方――やっぱりお金から始まる
第4章 金融機関とどう付き合うか――「取引は人なり」で活路
第5章 取引先を見極める方法――その選択が会社の命運を分かつ
第6章 チャレンジと財務バランス――持続的成長へ変化を恐れない
第7章 いざ株式上場 規律の中で鍛える――問われる発信力
第8章 M&Aをどう活用するか――永守流・勝利の方程式
第9章 海外展開は飛躍のチャンス――リスク管理は分散から
第10章 波乱の時代をどう乗り切るか
読んだ人のクチコミ・具体的な事例が多く、財務戦略の重要性がよく理解できました。特に銀行との関係構築方法が参考になりました。
・ベンチャー企業の経営に携わっている私にとって、非常に実践的で役立つ内容でした。永守氏の経営哲学に感銘を受けました。
・M&Aの成功条件や取引先の選定基準など、実務に直結するアドバイスが豊富で、すぐに役立つ内容でした。

購入はこちら

15位:小倉昌男 経営学

次に紹介する経営・経営学のおすすめ本・書籍は「小倉昌男 経営学」です。

▼書籍概要
本書は、小倉昌男氏による「小倉昌男 経営学」です。小倉氏は、ヤマト運輸の元社長であり、クロネコヤマトの宅急便という画期的なサービスを生み出したことで知られています。本書では、彼が実践してきた経営哲学や戦略を詳しく紹介しています。小倉氏は、顧客第一主義を徹底し、社員の自主性を尊重する経営方針を貫いてきました。また、国との激しい交渉や社内の改革を通じて、いかにしてヤマト運輸を成功に導いたかが具体的な事例とともに解説されています。彼の経営スタイルは、現代のビジネスパーソンにも多くの示唆を与えるものであり、経営の基本から実践までを学ぶための貴重な一冊です。

書籍名小倉昌男 経営学
対象者経営者や管理職、起業家、企業戦略を学びたいビジネスパーソンを対象としています。特に、物流業界やサービス業に携わる方、企業の変革を目指す方に最適です。
ひとこと説明顧客第一主義と社員の自主性を尊重した経営哲学でヤマト運輸を成功に導いた小倉昌男氏の経営戦略を学べる一冊。
著者小倉 昌男 (著)
発売日1999/10/1
ページ数294ページ
出版社日経BP
中身(目次)第1部 牛丼とマンハッタン―宅急便前史
(宅急便前史、私の学習時代、市場の転換―商業貨物から個人宅配へ ほか)
第2部 サービスは市場を創造する―宅急便の経営学
(宅急便の開発、サービスの差別化、サービスとコストの問題 ほか)
第3部 私の経営哲学
(組織の活性化、経営リーダー10の条件)
読んだ人のクチコミ・小倉氏の顧客第一主義と社員の自主性を重視する経営スタイルが非常に参考になりました。物流業界に新しい視点を提供する一冊です。
・実際の経営現場での具体的なエピソードが多く、非常に読み応えがあります。特に国との交渉の部分が興味深かったです。
・小倉氏の信念と情熱が感じられる本です。経営者としての考え方や行動が具体的に書かれており、実務に役立つ内容です。

購入はこちら

16位:感動経営――世界一の豪華列車「ななつ星」トップが明かす49の心得

次に紹介する経営・経営学のおすすめ本・書籍は「感動経営――世界一の豪華列車「ななつ星」トップが明かす49の心得」です。

▼書籍概要
本書は、唐池恒二氏による「感動経営――世界一の豪華列車『ななつ星』トップが明かす49の心得」です。唐池氏は、JR九州の社長として「ななつ星 in 九州」を立ち上げ、最高のサービスで多くの人々を感動させた経験をもとに、経営の要諦を49の心得として紹介しています。彼は「感動経営」という理念を掲げ、従業員が心から感動し、その感動が顧客に伝わることで企業全体が成長するという考えを実践してきました。本書では、夢を持つこと、スピード感を持つこと、明るく元気な声を出すことなど、具体的な行動指針とその効果を詳細に解説しています。これにより、ビジネスパーソンは、感動を経営の原動力に変える方法を学ぶことができます。

書籍名感動経営――世界一の豪華列車「ななつ星」トップが明かす49の心得
対象者経営者や管理職、サービス業に携わるビジネスパーソンを対象としています。特に、顧客満足度を高め、従業員のモチベーションを向上させるための具体的な方法を学びたい方に最適です。
ひとこと説明顧客と従業員の感動を経営の原動力に変えるための具体的な心得を紹介する一冊。
著者唐池 恒二 (著)
発売日2018/9/13
ページ数336ページ
出版社ダイヤモンド社
中身(目次)はじめに
第1章 仕事はひとを感動させる
第2章 仕事はひとを元気にする
第3章 仕事は楽しむもの
第4章 仕事とは伝えること
第5章 仕事とは気づくこと
第6章 仕事とはつくること
第7章 仕事とは時代を読むこと
おわりに
読んだ人のクチコミ・唐池氏の熱意と経営哲学が詰まった本です。具体的な事例が豊富で、経営のヒントが満載です。
・感動を生み出すための具体的なアプローチが書かれており、すぐに実践できる内容です。特に『掃除の重要性』が印象に残りました。
・従業員の自主性を引き出し、顧客に感動を与えるための経営手法が学べました。読み終わると自分も元気になれる一冊です。

購入はこちら

17位:京セラフィロソフィ

経営・経営学のおすすめ本・書籍ランキングの第17位は「京セラフィロソフィ」です。

▼書籍概要
本書は、稲盛和夫氏による「京セラフィロソフィ」です。稲盛氏が創業した京セラ株式会社の経営理念や哲学を体系化したもので、経営者としての成功を支えるための具体的な考え方と実践方法がまとめられています。本書では、「考え方×熱意×能力」が成功の方程式であることを示し、正しい動機と私心のない判断の重要性を強調しています。さらに、「利他の心を判断基準にする」といった稲盛氏の経営哲学が詳細に解説されており、企業の持続的な成長と社員の幸福を追求する方法を学ぶことができます。また、具体的な事例を通じて、フィロソフィの実践方法が具体的に説明されており、リーダーシップや組織作りに関する貴重な洞察が得られます。

書籍名京セラフィロソフィ
対象者経営者や管理職、企業のリーダーシップを発揮するビジネスパーソンを対象としています。特に、経営理念を理解し、実践的な経営手法を学びたい方に最適です。
ひとこと説明企業の成功と成長を支える稲盛和夫氏の経営哲学と実践的な方法を学ぶための一冊。
著者稲盛和夫 (著)
発売日2014/6/2
ページ数608ページ
出版社サンマーク出版
中身(目次)第1章 すばらしい人生をおくるために
 きれいな心で願望を描く/一日一日をど真剣に生きる ほか
第2章 経営のこころ
 心をベースとして経営する/公明正大に利益を追求する ほか
第3章 京セラでは一人一人が経営者
 値決めは経営である/売上を極大に、経費を極小に ほか
第4章 日々の仕事を進めるにあたって
 現場主義に徹する/手の切れるような製品をつくる ほか
読んだ人のクチコミ・稲盛氏の経営哲学が具体的に書かれており、非常に参考になりました。特に率先垂範の重要性が心に響きました。
・フィロソフィの具体的な実践方法が詳細に説明されており、経営にすぐに役立つ内容です。社員教育にも活用しています。
・利他の心を持つ経営という理念に感銘を受けました。人間として正しい判断をすることの重要性が再認識できる一冊です。

購入はこちら

18位:経営者のノート 会社の「あり方」と「やり方」を定める100の指針

次に紹介する経営・経営学のおすすめ本・書籍は「経営者のノート 会社の「あり方」と「やり方」を定める100の指針」です。

▼書籍概要
本書は、坂本光司氏による「経営者のノート 会社の『あり方』と『やり方』を定める100の指針」です。著者は8000社以上の企業を訪問・研究し、永続する企業を築くための法則を明らかにしています。坂本氏は、企業経営において「あり方」と「やり方」を明確にすることの重要性を強調し、経営者が直面する多様な課題に対する解決策を100の指針として提示しています。具体的には、企業の使命やビジョン、倫理観の確立、社員のモチベーション向上、効果的なリーダーシップなど、幅広いテーマをカバーしています。各指針は実践的であり、企業経営にすぐに役立つ内容が満載です。特に、経営者が取るべき具体的なアクションや心構えが詳細に解説されており、日々の経営に活かせる実践的な知識を提供しています。

書籍名経営者のノート 会社の「あり方」と「やり方」を定める100の指針
対象者経営者、管理職、起業家、企業の成長戦略に関心があるビジネスパーソンを対象としています。特に、企業経営の基本から実践的な手法までを学びたい方に最適です。
ひとこと説明企業の成功と成長を支えるための100の具体的な指針を紹介する一冊。
著者坂本 光司 (著)
発売日2020/6/19
ページ数224ページ
出版社あさ出版
中身(目次)第1章 企業の「あり方」についての18の指針
第2章 経営者の「あり方」についての22の指針
第3章 企業の「やり方」についての28の指針
第4章 「企業と社員」についての19の指針
第5章 「正しくある」ことについての13の指針
エピローグ 企業の目的・使命は、5人の永遠の幸せの追求と実現である
読んだ人のクチコミ・具体的な事例とともに経営の基本がわかりやすく解説されており、非常に実践的な内容です。毎日の経営にすぐに役立つ知識が満載です。
・坂本氏の経営哲学に感銘を受けました。特に企業の使命とビジョンの重要性についての説明が印象的でした。
・この本を読んで、経営の『あり方』と『やり方』を再確認することができました。非常に参考になる一冊です。

購入はこちら

19位:【新版】財務3表一体理解法

次に紹介する経営・経営学のおすすめ本・書籍は「【新版】財務3表一体理解法」です。

▼書籍概要
本書は、國貞克則氏による「【新版】財務3表一体理解法」です。累計80万部を突破した「財務3表シリーズ」の最新改訂版であり、財務諸表の基本的な理解から実践的な活用法までを網羅的に解説しています。著者は、初心者でも分かりやすいように、具体的な事例や会計ドリルを交えながら、財務3表(貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書)のつながりを説明しています。本書は、経営判断の基礎となる財務諸表の読み方や分析方法を学びたいビジネスパーソンにとって必読の一冊です。また、最新の会計基準や国際会計基準にも対応しており、現代のビジネス環境に適応した内容となっています。

書籍名【新版】財務3表一体理解法
対象者経営者、管理職、会計や財務の知識を深めたいビジネスパーソンを対象としています。特に、財務諸表を活用して経営判断を行いたい方、会計の基礎を学び直したい方に最適です。
ひとこと説明財務3表の基本から実践までを網羅し、経営判断に役立つ知識を提供する一冊。
著者國貞 克則 (著)
発売日2021/2/12
ページ数256ページ
出版社朝日新聞出版
中身(目次)【第1章】 財務3表の基礎知識
(1) なぜ会計が簡単に理解できるのか
(2) 会計の全体像
(3) 損益計算書(PL)で5つの正しい利益を計算する
(4) 貸借対照表(BS)は財産残高一覧表
(5) 複式簿記とは何か
(6) キャッシュフロー計算書(CS)は会社の家計簿
【第2章】 財務3表一体理解法~基礎編
(1) 財務3表のつながりを理解する
(2) 一つひとつの取引が財務3表にどう反映されるかを理解する
(3) 配当の仕組みと「株主資本等変動計算書」を理解する
【附 章】 財務3表の読み解き方
(1) PLとBSを図にしてみる
(2) CS分析の方法
読んだ人のクチコミ・具体的な事例を交えながら、財務3表のつながりを解説しており、非常に分かりやすい内容でした。初心者でも理解しやすいです。
・最新の会計基準にも対応しているので、現代のビジネス環境にも適応した内容が学べます。実務に役立つ情報が満載です。
・財務諸表の基本から実践までを丁寧に解説しており、経営判断に役立つ知識が身につきました。会計の勉強を始める方におすすめです。

購入はこちら

20位:経営戦略全史【動画付き】

経営・経営学のおすすめ本・書籍ランキングの第20位は「経営戦略全史【動画付き】」です。

▼書籍概要
本書は、三谷宏治氏による「経営戦略全史【動画付き】」です。本書は、20世紀初頭から現在までの約100年間に登場した90余りの戦略コンセプトをその背景とともに紹介し、経営戦略の歴史を一気に学べる内容となっています。著者は、ビジネス革新をめぐる巨人たちの冒険活劇をストーリー形式で描き、読者に知的興奮を誘います。具体的な戦略理論の解説だけでなく、その理論がどのように実際のビジネスに適用されてきたかも詳述されています。さらに、本書のエッセンスをコンパクトにまとめた動画が付属しており、視覚的にも理解を深めることができます。経営戦略の基本から最新のトレンドまでを網羅し、戦略実践のための新たな気づきを提供する一冊です。

書籍名経営戦略全史【動画付き】
対象者経営者、管理職、ビジネス戦略の立案に携わるビジネスパーソンを対象としています。また、経営戦略の基礎を学びたい中級以上のビジネスパーソンにも適しています。
ひとこと説明経営戦略の100年の歴史とその実践法を網羅した、ビジネスパーソン必読の一冊。
著者三谷宏治 (著)
発売日2013/4/28
ページ数382ページ
出版社ディスカヴァー・トゥエンティワン
中身(目次)第1章 近代マネジメントの3つの源流
第2章 近代マネジメントの創世
第3章 ポジショニング派の大発展
第4章 ケイパビリティ派の群雄割拠
第5章 ポジショニングとケイパビリティの統合と整合
第6章 21世紀の経営環境と戦略諸論
第7章 最後の答え「アダプティブ戦略」
補章 全体俯瞰のためのB3Cフレームワーク
読んだ人のクチコミ・戦略の歴史をストーリー形式で学べるのが魅力です。動画も付いていて、理解が深まりました。
・具体的な事例が多く、戦略コンセプトの背景がよく理解できました。実践に役立つ内容が満載です。
・経営戦略の全体像を俯瞰するのに最適な一冊です。読みやすく、実務にも直結する知識が得られます。

購入はこちら

21位:生き残る会社をつくる 「守り」の経営

次に紹介する経営・経営学のおすすめ本・書籍は「生き残る会社をつくる 「守り」の経営」です。

▼書籍概要
本書は、浜口隆則氏による「生き残る会社をつくる『守り』の経営」です。著者は、数千社の企業を支援してきた経験から、企業が長期にわたり安定して成長するための「守り」の重要性を強調しています。具体的には、企業が直面するリスクを認識し、それに対する備えを強化するための具体的な戦略を提供しています。顧客や事業、取引先の分散をはじめ、資金の備蓄や流動性の確保など、多角的なアプローチを解説しています。また、守りを固めることで競争優位性を高める方法や、経営者自身のストレスマネジメントの重要性についても触れています。本書は、経営者が見落としがちな「守り」の視点を強化し、企業の持続可能な成長を実現するための具体的な指針を提供する一冊です。

書籍名生き残る会社をつくる 「守り」の経営
対象者経営者や管理職、リスク管理に関心のあるビジネスパーソンを対象としています。特に、企業の安定的な成長を目指す方や、経営リスクに対する具体的な備えを学びたい方に最適です。
ひとこと説明企業の長期的な成長と安定を実現するための「守り」の経営戦略を具体的に解説する一冊。
著者浜口隆則 (著)
発売日2021/10/21
ページ数380ページ
出版社かんき出版
中身(目次)はじめに
第一章 「守り」の重要性
第二章 社長が「守り」の重要性に気づかない【5つの原因】
第三章 守りの「基礎力」
第四章 「守り」の三大分野
第五章 「7つの脅威」から会社を守る
第六章 社長の「ストレスマネジメント」の重要性
おわりに
読んだ人のクチコミ・守りの視点から経営を見直す重要性が理解できました。具体的な事例が豊富で、すぐに実践できる内容が多いです。
・会社のリスク管理について具体的な方法が詳しく書かれており、非常に参考になりました。特に分散の重要性が印象的でした。
・守りを固めることで競争優位性を高めるという視点が新鮮でした。経営者としての視点を広げる一冊です。

購入はこちら

22位:企業の「成長の壁」を突破する改革 顧客起点の経営

経営・経営学のおすすめ本・書籍ランキングの第22位は「企業の「成長の壁」を突破する改革 顧客起点の経営」です。

▼書籍概要
本書は、西口一希氏による「企業の『成長の壁』を突破する改革 顧客起点の経営」です。著者は、ロート製薬やロクシタンジャポン、スマートニュースなどの企業で成功を収めた経験をもとに、顧客を中心とした経営戦略の重要性を説いています。西口氏は「顧客起点の経営構造」「顧客戦略」「5セグメンツカスタマーダイナミクス」といった3つのフレームワークを紹介し、顧客の心理、多様性、変化を理解する方法を詳細に解説しています。これらのフレームワークを活用することで、企業は顧客のニーズに応じた価値を提供し、持続的な成長を実現することができます。本書は、顧客を経営の中心に据えることで、企業が直面する成長の壁を突破し、長期的な成功を目指すための具体的な手法を提供する一冊です。

書籍名企業の「成長の壁」を突破する改革 顧客起点の経営
対象者経営者や管理職、マーケティングや経営戦略に携わるビジネスパーソンを対象としています。特に、企業の成長を目指す中で顧客の重要性を再認識したい方や、顧客起点の経営戦略を実践したいと考えている方に適しています。
ひとこと説明顧客を中心に据えた経営戦略で企業の成長の壁を突破するための具体的な方法を解説する一冊。
著者西口 一希 (著)
発売日2022/6/24
ページ数296ページ
出版社日経BP
中身(目次)序章 経営が顧客を見失う理由
第1章 顧客起点の経営改革の全体像
第2章 経営の視界に「顧客の心理と行動」を組み込む ― 顧客の心理を捉える
第3章 基礎編 収益を生み出す「顧客戦略(WHO & WHAT)」の立案 ― 顧客の多様性を捉える
第4章 基礎編 継続的に収益を高める「カスタマーダイナミクス」 ― 顧客の変化を捉える
第5章 応用編 NPIを加えた「9セグズ カスタマーダイナミクス」
第6章 顧客起点の経営改革とビジョン
第7章 ドラッカーを顧客起点で読み解く
対談 顧客起点の経営の実践
読んだ人のクチコミ・顧客起点の経営構造を実践するためのフレームワークが具体的に説明されており、非常に参考になりました。顧客心理の変化を捉える重要性を学びました。
・具体的な事例が多く、経営に役立つ内容が満載です。顧客を中心に据えることで、企業の成長を持続させる方法が理解できました。
・顧客起点のマーケティングと経営の融合が詳細に解説されており、経営戦略を見直す良いきっかけになりました。

購入はこちら

23位:ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書 297)

次に紹介する経営・経営学のおすすめ本・書籍は「ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書 297)」です。

▼書籍概要
本書は、石野雄一氏による「ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務」です。著者は、難解とされがちな企業財務の基本概念を、初心者でも理解しやすいように、具体的な事例やシンプルな解説でわかりやすくまとめています。主な内容として、財務3表(貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書)の基礎から、投資判断、資本コスト、リスク管理まで幅広くカバーしています。また、企業価値の最大化を目指すための実践的なアプローチも紹介されており、経営者として必要なファイナンス知識を体系的に学ぶことができます。日常の経営判断に役立つ具体的なツールや方法が豊富に提供されており、ビジネスパーソンにとって必読の一冊です。

書籍名ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書 297)
対象者経営者、管理職、財務や経営戦略に携わるビジネスパーソンを対象としています。特に、財務の基礎知識を身につけたい中級レベル以上のビジネスパーソンに適しています。
ひとこと説明企業財務の基本から実践的な応用までを簡潔に解説し、経営センスを磨くための一冊。
著者石野 雄一 (著)
発売日2007/4/17
ページ数240ページ
出版社光文社
中身(目次)はじめに
第1章 会計とファイナンスはどう違う?
第2章 ファイナンス、基本のキ
第3章 明日の1万円より今日の1万円?お金の時間価値
第4章 会社の値段
第5章 投資の判断基準
第6章 お金の借り方・返し方
さいごに
読んだ人のクチコミ・具体例が多く、財務の基本を非常に分かりやすく解説しているので、初心者でも理解しやすい内容でした。経営判断に役立つ知識が詰まっています。
・財務3表のつながりが明確に説明されており、実務にすぐに活用できる内容でした。特に資本コストやリスク管理の章が参考になりました。
・ファイナンスの基本をざっくりと理解できる一冊。著者の豊富な経験に基づく実践的なアドバイスが多く、大変参考になりました。

購入はこちら

24位:論語と算盤 (角川ソフィア文庫)

経営・経営学のおすすめ本・書籍ランキングの第24位は「論語と算盤 (角川ソフィア文庫)」です。

▼書籍概要
本書は、渋沢栄一による「論語と算盤 (角川ソフィア文庫)」です。渋沢栄一は日本近代資本主義の父として知られ、多くの企業設立や社会福祉事業に貢献しました。本書では、彼の講演や著述を基に、道徳(論語)と経済活動(算盤)を調和させることの重要性を説いています。具体的には、道徳心を持った上での利益追求が企業の長期的な繁栄に繋がると強調しています。現代のビジネスパーソンにとって、経済的成功と社会的責任を両立させるためのヒントが詰まった一冊です。経営者や管理職だけでなく、幅広いビジネスパーソンにとって学ぶべき内容が満載です。

書籍名論語と算盤 (角川ソフィア文庫)
対象者経営者、管理職、企業の戦略立案に携わるビジネスパーソンを対象としています。また、道徳と経済活動のバランスを考えたい中級以上のビジネスパーソンにも適しています。
ひとこと説明道徳と経済活動の調和を追求し、企業の持続可能な成長を目指すための具体的な教えを示した一冊。
著者渋沢 栄一 (著)
発売日2008/10/24
ページ数320ページ
出版社KADOKAWA
中身(目次)処世と信条
立志と学問
常識と習慣
仁義と富貴
理想と迷信
人格と修養
算盤と権利
実業と士道
教育と情詛
成敗と運命
読んだ人のクチコミ・渋沢栄一の人生哲学が具体的なエピソードを交えて語られており、非常に勉強になりました。道徳と利益のバランスを取る重要性を再認識しました。
・具体的な事例が豊富で、現代の経営にも応用できる内容が多いです。特に経営者としての視点を広げる一冊です。
・道徳を基盤にした経済活動の重要性がよく理解できました。これからの経営に役立つヒントがたくさん詰まっています。

購入はこちら

25位:ビジョナリー・カンパニー3 衰退の五段階

次に紹介する経営・経営学のおすすめ本・書籍は「ビジョナリー・カンパニー3 衰退の五段階」です。

▼書籍概要
本書は、ジム・コリンズによる「ビジョナリー・カンパニー3 衰退の五段階」です。企業の成長と衰退を分析した本書は、偉大な企業がどのようにして衰退し、いかにしてその状態から回復するかを詳細に解説しています。著者は、成功から生まれる傲慢、規律なき拡大路線、リスクと問題の否認、一発逆転策の追及、そして屈服と凡庸な企業への転落という五段階のプロセスを明らかにし、企業が陥りがちな危機を避けるための具体的な方法を提示しています。また、危機管理や再生のための戦略も詳細に解説されており、経営者やリーダーにとって貴重な洞察を提供しています。

書籍名ビジョナリー・カンパニー3 衰退の五段階
対象者経営者、管理職、ビジネスコンサルタント、MBA学生、組織開発や人事部門でリーダーシップの強化に取り組むビジネスパーソンを対象としています。特に、組織の長期的な成功を目指す方や、経営戦略を見直したい方に最適です
ひとこと説明企業の成長と衰退のプロセスを五段階で解説し、危機管理と再生のための具体的な方法を提供する一冊。
著者ジム・コリンズ (著), 山岡 洋一 (翻訳)
発売日2010/7/22
ページ数316ページ
出版社日経BP
中身(目次)第1章 静かに忍び寄る危機
第2章 衰退の五段階
第3章 第一段階 成功から生まれる傲慢
第4章 第二段階 規律なき拡大路線
第5章 第三段階 リスクと問題の否認
第6章 第四段階 一発逆転策の追求
第7章 第五段階 屈服と凡庸な企業への転落か消滅
第8章 充分に根拠ある希望
読んだ人のクチコミ・この本は、成功からくる傲慢がいかに企業を危険にさらすかを具体的に説明しており、非常に参考になりました。再生のための具体的な方法が多く示されているのが良かったです。
・読んでいて、我が社も同じ過ちを犯していないかと考えさせられました。問題解決のための組織再編や規律の重要性が理解できました。
・企業が直面する危機に対してどう対応するべきかのヒントが満載です。具体的な事例が多く、経営に直結する内容でした。

購入はこちら

26位:プロ経営者・CxOになる人の絶対法則

経営・経営学のおすすめ本・書籍ランキングの第26位は「プロ経営者・CxOになる人の絶対法則」です。

▼書籍概要
本書は、荒井裕之氏と小杉俊哉氏による「プロ経営者・CxOになる人の絶対法則」です。本書では、20年以上のヘッドハンター経験を持つ荒井氏と、人事のプロである小杉氏が、優れた経営人材になるための法則を詳述しています。プロ経営者やCxOとして活躍するために必要なスキルや心構え、具体的なキャリアパスを示し、各分野のリーダーとしての役割をどのように果たすかを解説しています。実際の成功事例を元に、経営人材がどのようにしてその地位を築いたのか、そのプロセスを詳細に紹介しています。また、経営人材の不足に対応するため、組織内での法則の展開方法やチームビルディングの方法についても触れています。これからの経営者を目指す方にとって、具体的な指針を提供する実践的な一冊です。

書籍名プロ経営者・CxOになる人の絶対法則
対象者プロ経営者やCxOを目指す現役のビジネスパーソン、管理職、経営層に向けて書かれています。特に、キャリアを次のステップに進めたいと考えている中堅ビジネスパーソンや、経営人材としてのスキルを磨きたい方に最適です。
ひとこと説明プロ経営者やCxOになるための具体的な法則と成功事例を提供する実践的な指南書。
著者荒井裕之 (著), 小杉俊哉 (著)
発売日2023/7/28
ページ数272ページ
出版社クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
中身(目次)第1章:日本は今、プロ経営者・CxOを求めている!
第2章:近年のプロ経営者・CxO像
第3章:プロ経営者・CxOの絶対法則
第4章:プロ経営者・CxOインタビュー
第5章:〜採用側から見た〜プロ経営者・CxOとして活躍する人、しない人
第6章:プロ経営者・CxOになるためのロードマップ
読んだ人のクチコミ・実際の成功者のインタビューが多く、非常に学びが多いです。特にPEファンドの視点からの分析が新鮮で、具体的な行動指針が得られました。
・プロ経営者やCxOになるためのステップが詳細に説明されており、キャリア構築に役立ちました。特に経営人材に必要なスキルセットが明確に示されています。
・経営者としての視野を広げるための具体的なアドバイスが豊富で、自分のキャリアを見直す良い機会になりました。読んでいてモチベーションが上がります。・_

購入はこちら

27位:マネジメントへの挑戦 復刻版

次に紹介する経営・経営学のおすすめ本・書籍は「マネジメントへの挑戦 復刻版」です。

▼書籍概要
本書は、一倉定氏による「マネジメントへの挑戦 復刻版」です。55年前、日本の経営者を震撼させた「反逆の書」が再び登場します。一倉氏は「日本のドラッカー」とも称され、数多くの企業に経営指導を行ってきた経歴を持つ経営コンサルタントです。本書では、従来の経営論の限界を指摘し、現実に即した実践的なマネジメントの方法を提示しています。例えば、責任と権限の明確化、強みを活かす人材配置、労働分配率の調整など、具体的なアプローチが詳細に解説されています。また、企業の成長や変革を促すための戦略や実行計画の重要性も強調されています。現代のビジネス環境でも有用な示唆が詰まった一冊です。

書籍名マネジメントへの挑戦 復刻版
対象者経営者や管理職、企業改革を目指すビジネスパーソンを対象としています。特に、実践的なマネジメント手法を学びたい方や、企業の成長戦略に関心のある方に適しています。
ひとこと説明従来の経営論の限界を超え、現実に即した実践的なマネジメント手法を示す一冊。
著者一倉 定 (著)
発売日2020/6/25
ページ数272ページ
出版社日経BP
中身(目次)1章 計画は本来机上論である
2章 実施は決意に基づく行動
3章 統制とは目標を達成しようとする執念
4章 組織は目標達成のためのチーム・ワーク
5章 有能な経営担当者への道
6章 お金(財務)に強くなる法
7章 時代おくれの教育訓練
8章 破産しかかっている人間関係論
9章 労務管理の基礎は賃金
読んだ人のクチコミ・具体的なデータとともに解説されており、説得力があります。特に、責任と権限の明確化に関する部分が非常に参考になりました。
・経営の現実に即したアプローチが満載で、実務に役立つ内容が多いです。特に新しい目標設定の方法が印象に残りました。
・ラッカープランなど、具体的な戦略が詳細に説明されており、経営戦略を見直す良いきっかけになりました。

購入はこちら

28位:13歳からの経営の教科書 「ビジネス」と「生き抜く力」を学べる青春物語

経営・経営学のおすすめ本・書籍ランキングの第28位は「13歳からの経営の教科書 「ビジネス」と「生き抜く力」を学べる青春物語」です。

▼書籍概要
本書は、岩尾俊兵氏による「13歳からの経営の教科書 『ビジネス』と『生き抜く力』を学べる青春物語」です。中学校の図書室で見つけた不思議な教科書を通じて、主人公ヒロトとその仲間たちが「株式会社」を設立し、さまざまな社会の課題に立ち向かうストーリーが展開されます。物語形式で描かれているため、経営やビジネスの基本原則を楽しみながら学べる内容になっています。各章では、実際のビジネスシーンに役立つ具体的な知識やスキルが紹介されており、読者はビジネスの基本から実践までを段階的に理解することができます。特に、企業運営や経営戦略の基礎を身につけたいビジネスパーソンにおすすめです。

書籍名13歳からの経営の教科書 「ビジネス」と「生き抜く力」を学べる青春物語
対象者経営やビジネスの基礎知識を学びたい社会人を対象としています。特に、ビジネスにおける実践的なスキルや知識を身につけたい方に適しています。
ひとこと説明物語を通じてビジネスと生き抜く力を楽しく学べる一冊。
著者岩尾 俊兵 (著)
発売日2022/6/29
ページ数296ページ
出版社KADOKAWA
中身(目次)第一章 不思議な教科書
第二章 ぼくたちの放課後ビジネス
第三章 私たち、株式会社はじめます
第四章 俺たちの合言葉は「なんでも、どこでも!」
第五章 ワタシたち「ゴミ買います!」 放課後株式会社の奇策
第六章 放課後株式会社、乗っ取りの危機
第七章 伝説の経営者登場
あとがき
読んだ人のクチコミ・読みやすく、わかりやすい内容で、13歳向けとありますが大人が読んでも多くの気づきを得られると思います。ビジネスの基本を楽しく学べました。
・具体的な事例を交えながら、経営やビジネスの基本を学べる点が非常に良かったです。初心者にも理解しやすい構成です。
・中学生向けとは思えないほど、内容が充実していて驚きました。ビジネスの基礎から応用までを段階的に学べるので、実務にも活かせる知識が身につきます。

購入はこちら

29位:事業部長になるための「経営の基礎」 ―会計・ファイナンスから経営戦略、目標管理、人事評価までがわかる本

次に紹介する経営・経営学のおすすめ本・書籍は「事業部長になるための「経営の基礎」 ―会計・ファイナンスから経営戦略、目標管理、人事評価までがわかる本」です。

▼書籍概要
本書は、新井健一氏と陶山匠也氏による「事業部長になるための『経営の基礎』」です。会計・ファイナンス、経営戦略、目標管理、人事評価といった経営に必要な基礎知識を網羅し、実務に直結する内容を提供します。著者たちは、実際の経営現場での経験を基に、具体的な事例とともに理論と実践を解説しています。特に、経営戦略の立案からその実行、結果の評価に至るまでのプロセスを詳細に説明し、経営者や事業部長が直面する課題に対する実践的な解決策を提供します。また、VUCA時代に求められる人事の役割についても触れており、次世代リーダーを目指す方にとって必読の一冊です。

書籍名事業部長になるための「経営の基礎」 ―会計・ファイナンスから経営戦略、目標管理、人事評価までがわかる本
対象者経営者、事業部長、管理職、及び経営戦略や財務管理に関心のあるビジネスパーソンを対象としています。特に、経営の基礎を体系的に学びたい中級から上級のビジネスパーソンに適しています。
ひとこと説明経営に必要な理論と実践を具体的な事例とともに学び、事業部長としてのスキルを磨くための一冊。
著者新井 健一 (著), 陶山 匠也 (著)
発売日2022/8/10
ページ数476ページ
出版社生産性出版
中身(目次)知識編「会計」と「ファイナンス」の関係を読み解く
 第1章 会計の基本
実践編「経営戦略」「目標管理」「人事評価」を理解する
 第2章 これからの「経営戦略」を考える
 第3章 フレームワークで事業の全体像を掴む 
 第4章 「経営管理」と「目標管理」を連動させる
 第5章 VUCA時代に求められる人事の役割
読んだ人のクチコミ・事業運営に関する数字が学べ、前半の内容が特に充実していました。実務に直結する情報が多く、非常に参考になりました。
・経営戦略から人事評価までの内容が網羅されており、具体的な事例が多いので実務に活かせます。特に、会計とファイナンスの関係がよく理解できました。
・この本を通じて、経営の基礎から戦略の実行までを体系的に学ぶことができました。次世代リーダーを目指す方におすすめです。

購入はこちら

30位:A4一枚で成果を出す! まんがでわかる経営計画の作り方、進め方

経営・経営学のおすすめ本・書籍ランキングの第30位は「A4一枚で成果を出す! まんがでわかる経営計画の作り方、進め方」です。

▼書籍概要
本書は、宮内健次氏による「A4一枚で成果を出す! まんがでわかる経営計画の作り方、進め方」です。著者は、中小企業診断士として1万件以上の経営指導を行ってきた経験を持ち、その実践的なノウハウをまんが形式でわかりやすく解説しています。本書は、A4一枚の経営計画書の作成方法から、その活用方法までを丁寧に説明し、経営計画の重要性や具体的な進め方を紹介します。特に、PDCAサイクルの実践方法や5Sの導入など、企業が直面する課題を解決するための具体的なアプローチが満載です。初心者でも理解しやすいようにまんがを用いて説明されているため、ビジネスパーソンにとって役立つ内容となっています。

書籍名A4一枚で成果を出す! まんがでわかる経営計画の作り方、進め方
対象者経営者や管理職、経営計画の作成や実践に関心のあるビジネスパーソンを対象としています。特に、具体的な経営改善手法を学びたい方や、効果的な経営計画を作成したい方に適しています。
ひとこと説明経営計画をA4一枚で作成し、実践に活かす方法をまんが形式でわかりやすく解説する一冊。
著者宮内健次 (著), かめやともまさ (イラスト)
発売日2018/3/16
ページ数240ページ
出版社ウェッジ
中身(目次)プロローグ 経営計画書を作ろう
 Story1 玉の輿のはずが!?
 【解説】経営計画を作ると会社はこんなに変わる!
第1章 経営計画書はこうやって作る
 Story2 経営計画って何!?
 【解説】A4用紙1枚に経営計画をまとめる
第2章 経営計画で儲かる会社に
 Story3 経営計画書で会社が変わる
 【解説】A4用紙1枚の経営計画を完成させる
第3章 経営計画に5Sを組み入れる
 Story4 会社を見直す5Sの力
 【解説】5Sがあなたの会社の価値を高める
第4章 経営計画を確実に達成するには
 Story5 進化する経営計画書
 【解説】計画を実行する仕組みはこうやって作る
エピローグ 経営計画は未来をひらく
 Story6 そして奮闘は続く!
 【解説】経営計画を定着させて未来のある会社に
読んだ人のクチコミ・経営計画の重要性とその具体的な作り方が非常にわかりやすく説明されており、実践的な内容が多かったです。特にPDCAサイクルの実践方法が役立ちました。
・まんが形式で読みやすく、経営計画のポイントをしっかりと押さえた内容でした。経営初心者でも理解しやすく、実践に役立つ情報が満載です。
・具体的な事例と解説が豊富で、経営計画書の作成が初めての方にもおすすめです。A4一枚というシンプルなアプローチが非常に効果的でした。

購入はこちら

31位:起業の科学 スタートアップサイエンス

経営・経営学のおすすめ本・書籍ランキングの第31位は「起業の科学 スタートアップサイエンス」です。

▼書籍概要
本書は、スタートアップが直面する課題とその解決策を科学的に整理した一冊です。著者の田所雅之氏は、自身の豊富な起業経験と研究に基づき、起業家が成功するための具体的なステップを提供しています。起業家が直面する問題を時系列で解説し、失敗を避けるための知識を網羅。1000人以上の起業家・投資家への取材や、膨大な文献と動画解析をもとに作成された内容は、起業家にとって非常に実践的です。

書籍名起業の科学 スタートアップサイエンス
対象者新規事業を立ち上げたいと考える社会人や現役の起業家を対象としています。特に、ビジネスの基礎知識を持ち、具体的な起業手法を学びたいと考えている方に最適です。
ひとこと説明科学的手法で起業の失敗リスクを減らし、成功へ導くための実践的ガイドブック。
著者田所 雅之 (著)
発売日2017/11/2
ページ数279ページ
出版社日経BP
中身(目次)第1章 IDEA VERIFICATION(アイデアの検証)
第2章 CUSTOMER PROBLEM FIT(課題の質を上げる)
第3章 PROBLEM SOLUTION FIT(ソリューションの検証)
第4章 PRODUCT MARKET FIT(人が欲しがるものを作る)
第5章 TRANSITION TO SCALE(スケールするための変革)
読んだ人のクチコミ・具体的なステップが示されており、どの段階で何をすべきかが明確で非常に参考になった。再現性のある方法論が役立ちました​。
・スタートアップの成功と失敗を体系的に学べる内容。著者の豊富な経験に基づく実践的なアドバイスが詰まっている​。
・新しいビジネスアイデアの検証方法や、顧客のニーズに応えるための具体的なアプローチが詳しく解説されていて、実際の起業活動に役立つ。

購入はこちら

32位:ど素人でもわかる経営学の本: 日常が学びに変わる!

次に紹介する経営・経営学のおすすめ本・書籍は「ど素人でもわかる経営学の本: 日常が学びに変わる!」です。

▼書籍概要
本書は、経営学の基本をわかりやすく解説した「ど素人でもわかる経営学の本」です。著者の中川功一氏は、難解な経営学の概念を日常の身近な事例を使って説明し、初学者でもスムーズに理解できるよう工夫しています。例えば、スティーブ・ジョブズのプレゼン術やライザップの成功戦略など、具体的なビジネスケーススタディを通じて、経営学の基礎知識から最新のトレンドまで幅広くカバーしています。経営学を学び始めたいビジネスパーソンにとって、実践的かつ役立つ一冊です​。

※スティーブ・ジョブズのプレゼンテーションなどが学べる本のまとめ:「プレゼンテーションのおすすめ本・良書〜定番本、話し方、資料作成など〜

書籍名ど素人でもわかる経営学の本: 日常が学びに変わる!
対象者経営学に興味があるビジネスパーソンや、経営の基礎を学びたい初学者を対象としています。特に、具体的な事例を通して実務に活かせる知識を得たい方に適しています。
ひとこと説明日常の身近な事例を通して経営学の基礎から最新トレンドまで学べる実践的な一冊。
著者中川 功一 (著)
発売日2019/8/1
ページ数223ページ
出版社翔泳社
中身(目次)序章 経営をめぐる21世紀の変化
第1章 そもそも経営学って何?
第2章 新しい事業を創造する「イノベーション論」
第3章 売れる仕組みをつくる「マーケティング論」
第4章 事業のかたちをつくる「事業システム論」
第5章 会社の方針を描いて決める「経営戦略論」
第6章 自分の働き方を考える「組織行動論」
第7章 会社を動かす仕組みを知る「経営組織論」
第8章 経営学で押さえておきたい人物
読んだ人のクチコミ・具体例が豊富で、経営学の基本がしっかりと理解できた。初学者にぴったりの内容です​。
・VUCAの時代に対応する柔軟な経営戦略がわかりやすく説明されており、実務に役立ちました。
・経営学の概念が図解で説明されており、非常にわかりやすかった。実際のビジネスシーンで使える知識が満載です。

購入はこちら

33位:新しい経営学

経営・経営学のおすすめ本・書籍ランキングの第33位は「新しい経営学」です。

▼書籍概要
本書は、三谷宏治氏による「新しい経営学」です。これまで専門分野の集合体として理解されてきた経営学を、ビジネスの目的別に再構築し、誰にでもわかりやすく解説しています。「ターゲット」「バリュー」「ケイパビリティ」「収益モデル」という4つの要素から経営学を理解し、実際のビジネスモデルを描くことで、具体的な経営視点を身につけることができます。GoogleやAmazonなどの成功企業の事例を用いながら、22題の演習を通じて実践力を養うことができます。平易な文体と豊富な図解で、経営学の入門書としても、経験豊富なビジネスパーソンにとっても価値のある一冊です​ 。

書籍名新しい経営学
対象者ビジネスパーソン全般、特に経営者や管理職、事業戦略に関わるプロフェッショナルを対象としています。初学者でも理解しやすいように書かれていますが、経営の実務に携わる中級者や上級者にも新しい視点を提供します。
ひとこと説明経営学をビジネスの目的別に再構築し、実践的なビジネスモデルを描くための実践書。
著者三谷 宏治 (著)
発売日2019/9/27
ページ数359ページ
出版社ディスカヴァー・トゥエンティワン
中身(目次)序章 経営学の全体像とこの本での学び方
1章 ターゲット:誰を狙う?
2章 バリュー:提供価値は何?
3章 ケイパビリティ:どうやって価値を提供する?
4章 収益モデル:どうお金を回す?
5章 あと3つ:事業目標、共通言語、IT・AI
補章 ミクロ経済学基礎と経営戦略史
読んだ人のクチコミ・豊富な事例とわかりやすい文体で、経営学の基本から応用まで学べる一冊。経営者として非常に役立ちました。
・ビジネスモデルのフレームワークを使い、自分で考える力を養うことができる内容。初心者でも一気に読める。
・経営戦略の全体像をつかむのに最適。各章ごとに具体的な演習があり、実際のビジネスにどう応用するかがよくわかる。

購入はこちら

34位:[新版]グロービスMBA経営戦略

経営・経営学のおすすめ本・書籍ランキングの第34位は「[新版]グロービスMBA経営戦略」です。

▼書籍概要
本書は、グロービス経営大学院による「新版 グロービスMBA経営戦略」です。本書は1999年に発行された『MBA経営戦略』の全面改訂版で、次世代のビジネスリーダーが知っておくべき経営戦略のエッセンスと実践的なツールを詳細に解説しています。従来のポジショニング論に加え、資源ベース論やラーニング論など新しい戦略概念を取り入れ、現代のビジネス環境に対応する内容となっています。特に、3CやSWOT分析などの定番ツールの使い方を具体例を交えながら紹介し、環境分析から戦略立案、資源配分、競争優位の再考まで幅広くカバーしています。現代のビジネスシーンに即した事例も豊富に含まれており、実践的な知識を身につけることができます。

書籍名[新版]グロービスMBA経営戦略
対象者企業の経営者、管理職、戦略立案に関わるビジネスパーソンを主な対象としています。経営戦略の基本から最新のトレンドまで幅広くカバーしているため、初学者から中級者、さらには上級者まで幅広い層に役立つ内容となっています。
ひとこと説明次世代のビジネスリーダー向けに全面改訂された、実践的な経営戦略のエッセンスを詳細に解説する一冊。
著者グロービス経営大学院 (著, 編集)
発売日2017/3/17
ページ数264ページ
出版社ダイヤモンド社
中身(目次)序章
第1部 経営戦略の基本コンセプト
 第1章 事業経済性の活用
 第2章 自社の強みの構築と活用
 第3章 戦略の動的プロセスとラーニング
第2部 実務に使えるフレームワーク
 第4章 環境分析と戦略立案
 第5章 資源配分と戦略立案
 第6章 戦略のマネジメント
第3部 経営戦略の応用
 第7章 事業創造の戦略
 第8章 グローバル経営の戦略
 第9章 競争優位の再考
読んだ人のクチコミ・具体的な事例が豊富で、経営戦略の実務に非常に役立つ内容。理論と実践のバランスが取れている。
・新版では最新のトピックスやフレームワークが追加されており、非常に読み応えがある。戦略を学ぶには最適の一冊​。
・経営戦略の基本から応用までを網羅しており、実務での活用方法がよくわかる。分かりやすい解説が魅力。

購入はこちら

35位:今と未来の利益を増やす社長のための経営戦略の本

次に紹介する経営・経営学のおすすめ本・書籍は「今と未来の利益を増やす社長のための経営戦略の本」です。

▼書籍概要
本書は、椢原浩一氏による「今と未来の利益を増やす社長のための経営戦略の本」です。中小企業の経営者を対象に、売上を伸ばすだけでなく、利益を確保し企業の存続と成長を実現するための具体的な戦略を提供します。著者が確立した「黒字メソッド」を活用し、実際のクライアント企業の事例を交えながら、利益を増やすための実践的な手法を解説しています。特に、利益とお金の正しい関係を理解し、短期間での黒字化や持続可能な成長を目指す方法を詳述。金融機関との信頼構築や事業再生のためのアプローチも紹介されており、経営者が直面する現実的な課題に対する有用な解決策が満載です。

書籍名今と未来の利益を増やす社長のための経営戦略の本
対象者中小企業の経営者や管理職、事業戦略に携わるプロフェッショナルを対象としています。特に、実務経験を持つビジネスパーソンや、会社の利益改善や事業再生に関心がある方に適しています。
ひとこと説明売上の増加だけでなく、利益確保と企業の持続的成長を実現するための実践的な経営戦略書。
著者椢原 浩一 (著)
発売日2021/6/20
ページ数240ページ
出版社あさ出版
中身(目次)第1章 利益とお金の話
第2章 “今”のあなたの会社の利益を増やす
第3章 “未来”のあなたの会社の利益を保証する
第4章 経営戦略の実践と落とし穴
読んだ人のクチコミ・具体的な事例が豊富で、黒字メソッドの実践的な活用方法が分かりやすく解説されている。経営者必読の一冊です。
・短期間での黒字化や事業再生のための具体的な戦略が多く、実務に直結する内容が非常に役立ちました。
・売上と利益の関係を明確に理解でき、実際のビジネスに応用できる具体的な手法が満載です。特に中小企業の経営者におすすめ。

購入はこちら

36位:教科書経営 本が会社を強くする

経営・経営学のおすすめ本・書籍ランキングの第36位は「教科書経営 本が会社を強くする」です。

▼書籍概要
本書は、中沢康彦氏による「教科書経営 本が会社を強くする」です。経営の第一線で活躍する経営者や学者が、自身のビジネスにどのように「教科書」を活用しているかを具体的に紹介しています。星野リゾートの星野佳路氏、USJ再建の森岡毅氏、ワークマンの土屋哲雄氏など、名だたる経営者たちが推奨する本とその活用法が満載です。本書は、単なる読書ガイドに留まらず、経営者が本を通じて学び、実践に活かすための方法論を提供しています。教科書通りに実践することで、ビジネスの現場で直面する課題を解決し、会社を強くするためのヒントが詰まった一冊です。

書籍名教科書経営 本が会社を強くする
対象者中小企業の経営者や管理職、ビジネス戦略に関心のあるプロフェッショナルを対象としています。特に、実践的な経営の知識を深めたいと考えるビジネスパーソンに適しています。
ひとこと説明経営の第一線で活躍する経営者たちが推奨する本を通じて、会社を強くするための実践的な知識と方法を学べる一冊。
著者中沢 康彦 (著)
発売日2023/3/30
ページ数264ページ
出版社日経BP
中身(目次)◎ 同業他社と差異化し、混戦から抜け出すために役立つ教科書は?
◎ コスト競争力を高め、同時に顧客満足度も引き上げるために役立つ教科書は?
◎ 部下のやる気を引き出して、現場のミスを減らすために役立つ教科書は?
読んだ人のクチコミ・多くの企業経営者が推奨する本の紹介が豊富で、経営に直結する具体的な知識が得られます。読んだ後にすぐ実践に移せる内容が魅力です。
・本を読むだけでなく、どう活用するかが重要だと学びました。経営者としての成長に大いに役立ちました。
・経営の教科書としての本の選び方や活用法が具体的に示されており、自分のビジネスにどう役立てるかを考える良い機会になりました。

購入はこちら

37位:経営学入門 上 第2版

次に紹介する経営・経営学のおすすめ本・書籍は「経営学入門 上 第2版」です。

▼書籍概要
本書は、榊原清則氏による「経営学入門 上 第2版」です。経営学の二大柱である組織論と戦略論を中心に、基礎から応用までを幅広くカバーしています。組織行動論では個人行動や集団活動、リーダーシップなどのミクロ視点を、組織理論では組織構造やデザインなどのマクロ視点を詳細に解説。さらに、経営戦略論では基礎から資源戦略、競争戦略、ドメイン戦略までを網羅し、実務に直結する知識を提供します。多くの事例や具体的なフレームワークを用い、初心者でも理解しやすい内容となっており、経営学の全体像を体系的に学ぶことができる一冊です。

書籍名経営学入門 上 第2版
対象者経営学を初めて学ぶビジネスパーソンや、既に実務経験があるが体系的な知識を深めたいと考えているプロフェッショナルを対象としています。特に、企業の管理職や経営戦略に関わる人にとって有益な内容です。
ひとこと説明組織論と戦略論を基礎から応用まで網羅し、具体的な事例を通じて経営学の全体像を体系的に学べる実践書。
著者榊原 清則 (著)
発売日2013/4/1
ページ数218ページ
出版社日経BPマーケティング(日本経済新聞出版)
中身(目次)第1章 経営学とは何か(企業を対象とする学、組織としての企業 ほか)
第2章 組織行動論―ミクロ組織論(個人行動、集団活動 ほか)
第3章 組織理論―マクロ組織論(組織構造、組織構造の機能分析 ほか)
第4章 経営戦略論(戦略論の基礎、資源戦略論 ほか)
読んだ人のクチコミ・経営学の広範な領域をわかりやすく解説しており、特に経営戦略論に興味を持ちました。初心者にもおすすめです。
・理論的な内容が多く、アカデミックな視点から経営を学ぶには最適。実務書としてはやや不向きかもしれませんが、基礎知識を深めるには非常に良い本です。
・経営学の基本概念を幅広く扱っており、特に組織理論と戦略論の部分が勉強になりました。具体的な事例も多く、実務に活かせる内容です。

購入はこちら

38位:勝ち抜ける 経営者のキャリアデザイン

経営・経営学のおすすめ本・書籍ランキングの第38位は「勝ち抜ける 経営者のキャリアデザイン」です。

▼書籍概要
本書は、野本理恵氏による「勝ち抜ける 経営者のキャリアデザイン」です。中小企業の経営者を対象に、未来を見据えた経営戦略とキャリアデザインを具体的に解説しています。特に、貸借対照表(B/S)の理解を深め、企業の価値を最大化するための戦略を中心に据えています。著者は、長年のコンサルタント経験を通じて、多くの経営者が直面する課題に対し、具体的な事例や実践的なアドバイスを提供しています。特に、成長する経営者に必要なマインドセットや、事業計画の立案・モニタリングの方法、M&Aや事業承継に関する実務的な知識を網羅しています。未来を見据えた強い会社を作るための実践的な内容が詰まった一冊です。

書籍名勝ち抜ける 経営者のキャリアデザイン
対象者中小企業の経営者や管理職、企業の成長戦略を担当するプロフェッショナルを対象としています。実務経験を持つビジネスパーソンに最適で、経営戦略やキャリアデザインに関心がある方に役立ちます。
ひとこと説明B/Sを基に企業の成長戦略とキャリアデザインを具体的に解説し、経営者の未来を見据えた実践的なアプローチを提供する一冊
著者野本理恵 (著)
発売日2023/9/29
ページ数224ページ
出版社クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
中身(目次)第1章 中小企業の10年後の姿
第2章 ここから10年 社長に必要なマインドとは
第3章 B/S基本編~必要な利益はB/Sが教えてくれる~
第4章 B/S応用編~自社の価値はいくらになるのか~
第5章 未来を選べる強い会社をつくるために社員と共有すべきこと
読んだ人のクチコミ・B/Sの基本から応用までを詳しく解説しており、自社の価値を正確に把握する方法が具体的に学べました。経営者に必須の知識が詰まっています。
・未来から逆算した経営計画の重要性や社員教育のポイントが非常に参考になりました。経営者としての視野が広がる一冊です。
・具体的な事例が多く、実務に直結する内容が満載です。特に節税思考の危険性についての説明が印象的で、自社の長期的な成長を考える上で非常に役立ちました。

購入はこちら

39位:今さら聞けない中小企業経営のイロハを学ぶ やさしい経営改善の教科書

次に紹介する経営・経営学のおすすめ本・書籍は「今さら聞けない中小企業経営のイロハを学ぶ やさしい経営改善の教科書」です。

▼書籍概要
本書は、田中孝樹氏による「今さら聞けない中小企業経営のイロハを学ぶ やさしい経営改善の教科書」です。中小企業経営者が直面する経営の基本課題をわかりやすく解説し、実践的な改善方法を提案します。組織作りから管理資料の活用、収支計画、資金繰り、会議運営、営業スタイルの改善、製造現場の効率化、新製品開発まで、幅広いトピックを網羅しています。特に、「儲からない会社」の特徴をチェックし、改善の具体的な手法を段階的に説明している点が特徴です。実際の現場で使えるツールやノウハウが満載で、日々の経営にすぐに役立つ内容が詰まっています。

書籍名今さら聞けない中小企業経営のイロハを学ぶ やさしい経営改善の教科書
対象者中小企業の経営者や管理職、経営改善に関心のあるビジネスパーソンを対象としています。特に、経営の基本を体系的に学びたいと考えている実務経験者に適しています。
ひとこと説明中小企業経営者が直面する基本課題を解決し、経営改善を実現するための具体的なノウハウを提供する実践書。
著者田中 孝樹 (著)
発売日2021/9/17
ページ数208ページ
出版社クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
中身(目次)序章「儲からない会社」になっていませんか?
第1章 組織を作って従業員それぞれの役割をはっきりさせる
第2章 管理資料で業績改善に向かう体制をつくる
第3章 収支計画(損益収支)でやるべき行動をはっきりさせる
第4章 資金繰り表で会社のお金の動きを実感する
第5章 予実管理で業績を具体的に高める
第6章 会議でチームを動かす
第7章 営業スタイルを正して売上を伸ばす
第8章 製造現場に指示して原価を下げる
第9章 新製品を作って売上をさらに伸ばす
補章 従業員のモチベーションアップに取り組もう
読んだ人のクチコミ・具体的な事例が豊富で、実際に現場で役立つツールやノウハウが詰まっています。経営改善の第一歩として非常に参考になりました。
・収支計画や資金繰りの重要性が具体的に説明されており、すぐに実践できる内容が多かったです。中小企業経営者におすすめです。
・組織作りから営業スタイルの改善、新製品開発まで、幅広いトピックを網羅しており、経営の全体像を理解するのに役立ちました。

購入はこちら

40位:図解「ROEって何?」という人のための経営指標の教科書

経営・経営学のおすすめ本・書籍ランキングの第40位は「図解「ROEって何?」という人のための経営指標の教科書」です。

▼書籍概要
本書は、小宮一慶氏による「図解『ROEって何?』という人のための経営指標の教科書」です。ROE(自己資本利益率)をはじめとする主要な経営指標の基本を図解で分かりやすく解説しています。ROEの計算方法やその重要性、ROEとROA(総資産利益率)の違い、企業の実力を財務諸表で分析する方法などを具体的に説明。また、経営指標をどのように改善していくかについての実践的なアドバイスも豊富に盛り込まれています。初学者から中級者まで、経営指標の基本をしっかりと理解し、実務に活かすための一冊です。

書籍名図解「ROEって何?」という人のための経営指標の教科書
対象者ビジネスパーソンや管理職、特に経営戦略や財務に関心のある人を対象としています。経営指標の基本から応用までを学びたい方に適しています。
ひとこと説明ROEやROAなど主要な経営指標の基本を図解で分かりやすく学び、企業の実力を分析するための実践的な知識を提供する一冊。
著者小宮 一慶 (著)
発売日2017/6/16
ページ数301ページ
出版社PHP研究所
中身(目次)第1章 [準備編]これだけは知っておきたい「貸借対照表」と「損益計算書」の基本─最低限のポイントだけを分かりやすく解説!
第2章 注目の経営指標「ROE」を完全理解する─「ROA」との違いは?どうすれば高まる?
第3章 財務諸表で「企業の実力」を分析する方法─経営のプロは「ここ」を必ずチェックする!
第4章 [発展編]ワンランク上の経営指標を学ぶ─これが分かれば、ファイナンス上級者!
読んだ人のクチコミ・ROEとROAの違いや重要性が具体的に説明されており、経営指標の基本がよく理解できました。図解も多くて非常に分かりやすいです。
・財務諸表の見方や経営指標の改善方法について具体的なアドバイスが豊富で、実務に役立つ内容が多かったです。
・経営指標について初めて学ぶ人にも分かりやすく、経営に必要な基本的な知識をしっかりと身につけることができる一冊です。

購入はこちら

41位:マンガでやさしくわかる経営企画の仕事

次に紹介する経営・経営学のおすすめ本・書籍は「マンガでやさしくわかる経営企画の仕事」です。

▼書籍概要
本書は、井口嘉則氏と柾朱鷺氏による「マンガでやさしくわかる経営企画の仕事」です。経営企画部門に配属された新入社員・安奈が、様々な課題に直面しながら成長していくストーリーを通じて、経営企画の基本から実務までをわかりやすく解説しています。経営企画の役割や必要なスキル、具体的な業務内容をマンガで視覚的に理解できるため、初心者でも取り組みやすい内容です。経営会議の議事録作成や予算進捗会議の資料作成、新規事業の企画や海外進出のサポートなど、多岐にわたる経営企画の仕事を幅広くカバーしています。実際のビジネスシーンで活用できる知識が満載で、経営企画の基本をしっかり学びたい方におすすめの一冊です。

書籍名マンガでやさしくわかる経営企画の仕事
対象者経営企画に初めて配属されたビジネスパーソンや、経営企画の仕事に興味がある方を対象としています。また、既に経営企画の仕事に従事しているが、基礎を再確認したい人にも適しています。
ひとこと説明マンガを通じて、経営企画の基本から実務までをわかりやすく学べる、初心者向けの実践的な解説書。
著者井口 嘉則 (著), 柾 朱鷺 (その他)
発売日2018/4/26
ページ数264ページ
出版社日本能率協会マネジメントセンター
中身(目次)Part1 経営企画スタッフの役割と必要知識・スキル
Part2 週次業務
Part3 月次業務・年間業務
Part4 スポット業務・プロジェクト対応
Part5 社内制度・体制の整備
読んだ人のクチコミ・マンガ形式で非常に読みやすく、経営企画の基本を楽しく学ぶことができました。初めて経営企画に携わる人におすすめです。
・具体的な事例が豊富で、実務に役立つ内容が多かったです。経営企画の全体像が掴めて、自分の業務に自信が持てるようになりました。
・経営会議の議事録作成や予算進捗管理、新規事業の企画など、幅広い業務をカバーしており、経営企画の仕事の全体像が理解できました。

購入はこちら

42位:経営者が知るべき基礎知識と仕組みがよくわかる本

経営・経営学のおすすめ本・書籍ランキングの第42位は「経営者が知るべき基礎知識と仕組みがよくわかる本」です。

▼書籍概要
本書は、吉田信昭氏による「経営者が知るべき基礎知識と仕組みがよくわかる本」です。中小企業の経営者が事業を成功させるために必要な基礎知識とその仕組みを、横断的かつわかりやすく解説しています。簿記・会計・財務諸表の意味、経営分析、お金の管理、金融機関との付き合い方など、経営資源を総合的にコントロールするための知識と情報が網羅されています。特に、「人」「物」「金」「情報」「時間」という経営資源の管理方法について、基礎から実践まで具体的に説明しています。40年以上の経験を持つ税理士である著者が、中小企業経営者の実情に即したアドバイスを提供しており、事業の成長と継続に役立つ一冊です。

書籍名経営者が知るべき基礎知識と仕組みがよくわかる本
対象者中小企業の経営者や管理職、経営の基礎をしっかりと学びたいビジネスパーソンを対象としています。特に、経営の基本知識を再確認したい実務経験者にも適しています。
ひとこと説明中小企業経営者が必要な基礎知識と仕組みをわかりやすく解説し、事業の成長と継続に役立つ実践的な指南書。
著者吉田 信昭 (著)
発売日2022/6/3
ページ数270ページ
出版社現代書林
中身(目次)第1章 事業スタート時に知っておくべき知識と情報
第2章 人の雇用に関する法律と運用方法
第3章 簿記・会計・財務諸表の意味とその活用
第4章 経営効率を高める経営分析とその活用
第5章 事業経営に関する税金の知識と情報
第6章 お金の管理と金融機関との付き合い方
第7章 経営リスクの対処法と事業用物品の管理・運用方法
第8章 廃業の際に知っておくべき知識と情報
読んだ人のクチコミ・経営の基礎をしっかりと理解できる内容で、特に簿記や財務諸表の部分が非常に役立ちました。初心者にもおすすめです。
・具体的な事例が豊富で、経営者としての視野が広がりました。実務に直結するアドバイスが多く、すぐに活用できる内容が魅力です​。
・長年の経験を持つ著者の視点から、中小企業経営の実践的なノウハウが詰まっていて、とても参考になりました。

購入はこちら

43位:今さらだけど、ちゃんと知っておきたい「経営学」 (DOBOOKS)

次に紹介する経営・経営学のおすすめ本・書籍は「今さらだけど、ちゃんと知っておきたい「経営学」 (DOBOOKS)」です。

▼書籍概要
本書は、佐藤耕紀氏による「今さらだけど、ちゃんと知っておきたい『経営学』」です。防衛大学校で20年以上にわたり経営学を教えてきた著者が、その講義ノートを基に、経営学の基本概念をわかりやすく解説しています。組織の利益最大化のために必要な知識とスキル、実務で活きるビジネスの基礎原理が網羅されています。具体的には、経営戦略、マーケティング、財務管理、組織行動などの基本的なトピックをカバーし、実践的なアプローチを学べる内容です。経営者だけでなく、ビジネスパーソン全般にとっても価値のある一冊となっています。

書籍名今さらだけど、ちゃんと知っておきたい「経営学」 (DOBOOKS)
対象者経営学の基本を再確認したいビジネスパーソンや管理職、特に経営に関わる基礎知識を深めたい実務経験者を対象としています。初学者から中級者まで、幅広い読者層に対応しています。
ひとこと説明経営学の基本概念と実践的なビジネス原理をわかりやすく解説し、組織の利益最大化を目指すための入門書。
著者佐藤 耕紀 (著)
発売日2021/6/25
ページ数260ページ
出版社同文舘出版
中身(目次)経営学の基本的な考え方を学ぶ「費用対効果」
賢く考え、正しく判断する心理学「意思決定」
価格のしくみを理解して、売上と利益を増やす「価格戦略」
相乗効果を生み、コストを下げる「多角化戦略」と「経済性」
ライバルとの戦いを勝ち抜く「競争戦略」
みんなで協力して目的を実現する「組織」
やる気と個性を活かして、強いチームをつくる「モチベーション」と「リーダーシップ」
DX時代の組織のカタチを考える「ヒエラルキー」と「ネットワーク」
地位をめぐる競争で、自分の価値を高める「人材マネジメント」
豊かな人生を切り拓く「お金」と「時間」と「知識」のマネジメント
少子高齢化に向き合い、生産性を高める「働き方改革」
読んだ人のクチコミ・経営学の基本を再確認でき、実務に役立つ知識が満載です。ビジネスパーソン全般におすすめの一冊。
・組織の利益最大化に必要なスキルや知識が具体的に説明されており、非常に役立ちました。防衛大学校での講義ノートが基になっている点も興味深いです。
・経営戦略からマーケティング、財務管理まで、幅広いトピックがカバーされており、経営学の全体像を把握するのに最適です。

購入はこちら

44位:小さなお店がムリ・ムダ・ムラをなくして利益を上げる「引き算の経営」 (DO BOOKS)

経営・経営学のおすすめ本・書籍ランキングの第44位は「小さなお店がムリ・ムダ・ムラをなくして利益を上げる「引き算の経営」 (DO BOOKS)」です。

▼書籍概要
本書は、大塚誉士氏による「小さなお店がムリ・ムダ・ムラをなくして利益を上げる『引き算の経営』」です。著者は、岐阜県で複数の美容室や飲食店を運営する代表取締役であり、自身の経営経験から得た「引き算の経営」手法を紹介しています。ムリ・ムダ・ムラを排除し、シンプルかつ効率的な経営を目指す具体的な方法を解説。例えば、複雑な作業や過剰なメニュー、無駄な広告費を削減し、朝礼や残業、休日出勤をなくすことで、従業員の負担と経営ロスを大幅に減らす方法を提示しています。実際の事例を交えながら、利益を最大化するための具体的なアクションプランを提供する一冊です。

書籍名小さなお店がムリ・ムダ・ムラをなくして利益を上げる「引き算の経営」 (DO BOOKS)
対象者中小企業の経営者や管理職、特に経営の効率化と利益最大化を目指すビジネスパーソンに適しています。実務経験者や、新しい経営スタイルを模索している方に特におすすめです。
ひとこと説明ムリ・ムダ・ムラを排除し、効率的な経営を実現するための具体的な手法を紹介する経営指南書。
著者大塚 誉士 (著)
発売日2022/9/22
ページ数272ページ
出版社同文舘出版
中身(目次)1章 常識と思いこみからの脱却!利益のスパイラル「引き算の経営」
2章 小さなお店の経営 ウソ・ホント
3章 今こそ経営者マインドを見つめ直す
4章 従業員の満足と働きやすさを満たす「引き算の経営」
5章 シンプル・フラットこそがスタッフ教育の肝
6章 メニューを極める過剰な接客をやめる
7章 新規集客よりも固定客化に特化する
8章 店舗・設備・作業のシンプル化で経費も手間も得をする
9章 黒字経営を実践!経営のムダをそぎ落とす
10章 「引き算の経営」で唯一無二のお店を確立する
読んだ人のクチコミ・具体的な事例が豊富で、実務に直結する内容が多い。シンプルな経営の大切さを実感しました。
・無駄を省くことで、利益を大幅に増やす方法がわかりやすく解説されています。実践的なアドバイスが満載。
・著者の経験に基づいた実践的な内容で、すぐに活用できるアイデアが多いです。中小企業経営者にとって非常に参考になる一冊です。

購入はこちら

45位:逆境経営 (文春新書 1403)

次に紹介する経営・経営学のおすすめ本・書籍は「逆境経営 (文春新書 1403)」です。

▼書籍概要
本書は、樽谷哲也氏による「逆境経営 (文春新書 1403)」です。逆境に立たされた企業がどのようにして困難を乗り越え、再び成長を遂げるのかを実例を交えながら解説しています。特に、中小企業が直面する資金繰りや人材不足、経営方針の見直しなど、具体的な課題に対する解決策を示しています。著者自身の経営経験と、多くの企業コンサルティングから得た知見をもとに、逆境から立ち直るための具体的なステップを詳細に説明しています。経営者としてのマインドセットの変革や、実践的な経営戦略の見直しを学びたい方に最適の一冊です。

書籍名逆境経営 (文春新書 1403)
対象者特に中小企業の経営者や管理職、経営改善を目指すビジネスパーソンに向けられています。逆境に直面している企業の再建に関心がある方や、困難な状況を乗り越えたいと考える実務経験者に適しています。
ひとこと説明逆境に立たされた企業が困難を乗り越え、成長を遂げるための具体的なステップを実例を交えて解説した実践的な指南書。
著者樽谷 哲也 (著)
発売日2023/4/20
ページ数272ページ
出版社文藝春秋
中身(目次)第一章 カリスマ社長 創業の志:ヨークベニマル サイゼリヤ ダイソー
第二章 継承者の矜持:カインズ サトウ食品 西松屋チェーン キタムラ
第三章 一〇〇年企業の叡智:貝印(KAI)グループ コマツ ミズノ グンゼ
第四章 ローカルに宿るブランド:岩下食品 銚子電気鉄道 崎陽軒
読んだ人のクチコミ・具体的な事例をもとにした解説が非常に参考になりました。経営者としての視点が広がり、逆境に対する新たなアプローチを学べました。
・困難な状況を乗り越えるための具体的なステップが詳細に説明されており、実務に直結する内容が多いです。経営者必読の一冊です。
・経営の基礎から実践まで幅広くカバーされており、逆境に直面している企業にとって非常に有益な情報が詰まっています。

購入はこちら

46位:経営を強くする戦略経営企画

経営・経営学のおすすめ本・書籍ランキングの第46位は「経営を強くする戦略経営企画」です。

▼書籍概要
本書は、日本総合研究所の経営企画機能研究チームによる「経営を強くする戦略経営企画」です。変化の激しい現代のビジネス環境において、経営企画の重要性とその具体的な役割を解説しています。経営企画担当者が企業の成長と変革をリードするために必要な視点とスキルを提供し、中期経営計画の策定、新規事業の立ち上げ、M&Aの実践まで幅広いトピックをカバー。実際の事例を交えながら、実務に直結する戦略的アプローチを紹介しています。企業価値向上を目指すための実践的な知識と方法論が詰まった一冊です。

書籍名経営を強くする戦略経営企画
対象者経営企画部門の担当者や管理職、特に企業の戦略企画に携わるビジネスパーソンを対象としています。経営企画に関する基礎から応用までを学びたい中級者や上級者に適しています。
ひとこと説明企業価値向上を目指し、経営企画担当者が必要とする視点と実践的スキルを提供する実務的な指南書。
著者株式会社日本総合研究所 経営企画機能研究チーム (著)
発売日2017/12/1
ページ数224ページ
出版社日本能率協会マネジメントセンター
中身(目次)第1章 「戦略経営企画」が経営を強くする
第2章 世間一般の経営企画部門の実態と「戦略経営企画」のあり方
第3章 不確実性の時代を生き抜く戦略経営企画の実践法
第4章 戦略経営企画の実践事例
第5章 これからの戦略経営企画に求められる力と展望
読んだ人のクチコミ・具体的な事例が多く、経営企画の実務に非常に役立つ内容が満載。企業価値向上に貢献できる視点が得られました。
・変化の激しい環境での経営企画の役割を具体的に学べ、実践的なアプローチが多く、すぐに業務に活かせる内容が多かったです。
・経営企画担当者として必要なスキルや視点が詳細に解説されており、企業の成長戦略に関する知識を深めることができました。

購入はこちら

47位:会計クイズを解くだけで財務3表がわかる 世界一楽しい決算書の読み方

次に紹介する経営・経営学のおすすめ本・書籍は「会計クイズを解くだけで財務3表がわかる 世界一楽しい決算書の読み方」です。

▼書籍概要
本書は、大手町のランダムウォーカー氏による「会計クイズを解くだけで財務3表がわかる 世界一楽しい決算書の読み方」です。決算書や財務3表(貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書)の読み方を、クイズ形式で楽しく学べるよう工夫された一冊です。登場人物たちが実在する企業の決算書を題材に、各種財務指標の意味やその見方を学び、ビジネスの視点から企業の財務状況を理解する力を養います。特に、財務諸表の基礎を学びたい人や、実際のビジネスシーンで財務分析を活用したい人にとって、実務に直結する知識を身につけることができます。

書籍名会計クイズを解くだけで財務3表がわかる 世界一楽しい決算書の読み方
対象者会計や財務の基礎を学びたいビジネスパーソン、特に経営者や財務担当者に適しています。決算書の読み方を楽しみながら学びたい初心者から中級者まで幅広く対応しています​。
ひとこと説明クイズ形式で楽しく学べる、決算書と財務3表の読み方を実践的に解説した一冊。
著者大手町のランダムウォーカー (著), わかる (イラスト)
発売日2020/3/28
ページ数200ページ
出版社KADOKAWA
中身(目次)Chapter0 introduction:財務3表をおさらいしよう
Chapter1 時系列分析ってどんなもの? 入門編
Chapter2 時系列分析ってどんなもの? 応用編
Chapter3 競合比較分析ってどんなもの?
Chapter4 事例分析 実践編/ケース別・決算書の読み方に挑め!
読んだ人のクチコミ・具体的な企業の資料を使って解説されており、どの指標がどのように繋がるのかが非常によくわかりました。決算書の読み方で迷ったらまたこの本を読み直したいです。
・簿記の知識が忘れかけていましたが、特に知識がなくても読みやすく、決算書の基礎をしっかりと学べました​。
・仕事で決算書を読むことが多いのですが、この本を読んで理解が深まりました。会話形式で説明されている部分も、自分の考えを整理するのに役立ちました。

購入はこちら

48位:〔エッセンシャル版〕マイケル・ポーターの競争戦略

経営・経営学のおすすめ本・書籍ランキングの第48位は「〔エッセンシャル版〕マイケル・ポーターの競争戦略」です。

▼書籍概要
本書は、ジョアン・マグレッタ氏による「〔エッセンシャル版〕マイケル・ポーターの競争戦略」です。マイケル・ポーター教授の競争戦略論を、コンパクトかつ分かりやすく学べるようにまとめられています。競争戦略の古典とも言われる「競争の戦略」のエッセンスを抽出し、競争優位、バリューチェーン、五つの競争要因、差別化、トレードオフ、適合性など、企業が持続的に成功するために不可欠な戦略のアイデアを豊富な事例と最新の理論に基づいて解説します。ポーターの理論を学ぶための基礎的な知識を提供し、実践に直結する内容が詰まった一冊です。

書籍名〔エッセンシャル版〕マイケル・ポーターの競争戦略
対象者経営戦略を深く学びたいビジネスパーソン、特に経営者、管理職、戦略企画担当者に最適です。初心者から上級者まで、幅広い読者層に対応しています。
ひとこと説明競争戦略の基礎から応用までをコンパクトに学べる、実践的な経営戦略書。
著者ジョアン・マグレッタ (著), マイケル・ポーター(協力) (その他), 櫻井 祐子 (翻訳)
発売日2012/9/21
ページ数318ページ
出版社早川書房
中身(目次)1 競争とは何か?(競争―正しい考え方 五つの競争要因―利益をめぐる競争 競争優位―バリューチェーンと損益計算書)
2 戦略とは何か?(価値創造―戦略の核 トレードオフ―戦略のかすがい 適合性―戦略の増幅装置 継続性―戦略の実現要因)
終章 本書の実践的な意味
読んだ人のクチコミ・競争戦略の基本がよくわかり、事例も豊富で理解しやすい。ポーター理論を学ぶのに最適な一冊です。
・競争戦略のエッセンスを短時間で学べる。企業の戦略を見直すためのヒントが満載で、再読したい本です。
・戦略とは何かを明確にし、競争と戦略を分けて解説している点が新鮮でした。具体的な事例が多く、非常に参考になります。

購入はこちら

49位:図解入門ビジネス 最新中期経営計画の基本がよ~くわかる本[第3版]

次に紹介する経営・経営学のおすすめ本・書籍は「図解入門ビジネス 最新中期経営計画の基本がよ~くわかる本[第3版]」です。

▼書籍概要
本書は、菅原祥公氏による「図解入門ビジネス 最新中期経営計画の基本がよ~くわかる本[第3版]」です。経営計画策定の基本から実践までをわかりやすく解説しており、特にAIの導入やDX(デジタルトランスフォーメーション)戦略など、現代のビジネス環境に対応した内容が含まれています。各章では、中期経営計画の立案プロセス、内部・外部環境の分析、財務分析、戦略構築、そして具体的な数値計画までを詳細に説明し、実務に役立つ具体的な手法を学ぶことができます。

書籍名図解入門ビジネス 最新中期経営計画の基本がよ~くわかる本[第3版]
対象者企業の経営計画を担当するビジネスパーソン、特に経営企画部門や管理職、経営者を対象としています。経営計画の基礎から実践的なスキルまでを学びたい中級者から上級者に適しています。
ひとこと説明中期経営計画の策定プロセスを詳細に解説し、現代のビジネス環境に対応するための具体的な手法を学べる実践的な指南書。
著者菅原祥公 (著)
発売日2023/2/16
ページ数278ページ
出版社秀和システム
中身(目次)第1章 中期経営計画とは
第2章 理念の策定
第3章 ビジョンの策定
第4章 外部環境調査
第5章 内部分析
第6章 財務分析
第7章 現状分析総括
第8章 基本戦略構築
第9章 DX戦略構築
第10章 基本経営計画立案
第11章 数値計画
第12章 落とし込み
読んだ人のクチコミ・具体的な事例が多く、実際の業務に直結する内容が多かったです。経営計画の全体像がよく理解できました。
・AIやDX戦略など、最新のトピックが盛り込まれていて、現代のビジネスに非常に役立つ内容でした。再読したい本です。
・図解が多くて非常にわかりやすく、経営計画の策定プロセスがスムーズに理解できました。初心者にもおすすめです。

購入はこちら

50位:業務スーパーの競争しない経営

経営・経営学のおすすめ本・書籍ランキングの第50位は「業務スーパーの競争しない経営」です。

▼書籍概要
本書は、森本守人氏による「業務スーパーの競争しない経営」です。大手スーパーとまったく競争せず、独自の戦略で成功を収めた業務スーパーの経営手法を詳述しています。著者は、幅8メートル、奥行き8メートルの小さな店舗からスタートし、20年で時価総額1兆円の企業に成長させました。本書では、競争を避けながら利益を上げるための具体的な戦略や実践例を紹介し、企業規模に関わらず成功するための方法論を提供しています。独自の商品開発や効率的な物流システム、徹底したコスト管理など、実務に即したアプローチが満載です。

書籍名業務スーパーの競争しない経営
対象者中小企業の経営者や管理職、特に競争が激しい業界で差別化を図りたいビジネスパーソンに適しています。実務経験者や、新しい経営スタイルを模索している方に特におすすめです。
ひとこと説明競争を避け、独自の戦略で成功を収めた業務スーパーの経営手法を詳細に解説した一冊。
著者森本守人 (著)
発売日2022/12/7
ページ数224ページ
出版社ダイヤモンド社
中身(目次)はじめに 「財産をすべてこの計画にかける」
第1章 天才がつくった唯一無二のフォーマット
第2章 破竹の勢いと、花開かせた2代目
第3章 あえてつぶれかけの工場を買う超高収益の垂直統合モデルとは
第4章 日本でつくり、世界から集めるオンリーワンの商品戦略
第5章 小さいから強い!?FCビジネスと売場づくりの秘密
第6章 これからの神戸物産
読んだ人のクチコミ・具体的な事例が豊富で、実務に直結する内容が多い。競争しないという考え方が新鮮で、非常に参考になりました。
・コスト管理や物流の効率化など、すぐに実践できる具体的なアドバイスが満載で、経営の新しい視点が得られました。
・競争しないで成功するという視点が斬新で、業務スーパーの戦略を学ぶことができる。中小企業の経営者にぜひ読んでほしい一冊です。

購入はこちら

シェアする