リーダーシップのおすすめ本・良書(定番、チーム作り、管理職など)

最終更新日

本記事では、リーダーシップのスキルを高めるためのおすすめの本を紹介します。定番の名著から、管理職向け、部下育成に役立つ本、チーム作りに関する本まで、幅広くカバーしています。ベストセラーやロングセラーの良書も揃えておりますので参考にしてください^^

リーダーシップは、組織の成功に不可欠なスキルです。優れたリーダーシップは、チームのモチベーションを高め、生産性を向上させ、組織の目標達成を助けます。リーダーとしてのスキルを向上させるためには、理論と実践の両方を学ぶことが重要です。リーダーシップに関する本は、この学びのプロセスを支援する素晴らしいツールです。気になる本があれば是非読んでみてください^^

▼関連記事
管理職のおすすめ本ランキング22冊!マネジメントを勉強しよう
社会人におすすめのビジネス書ランキング!読むべき本を名著・良書から厳選
経営・経営学のおすすめ本・書籍ランキング

目次

リーダーシップのおすすめ本(定番6冊)

リーダーシップの基本を学ぶための定番の6冊を紹介します。これらの本は、リーダーシップの原則や戦略、成功するためのマインドセットなどを深く掘り下げています。初めてリーダーシップを学ぶ方から、既に経験を積んだリーダーまで、幅広い読者にとって有益な情報が詰まっています!

リーダーシップの旅 見えないものを見る (光文社新書)

リーダーシップに関する定番本・名著のまず最初に紹介するのは「リーダーシップの旅 見えないものを見る (光文社新書)」です。

本書は、リーダーシップをテーマにした深い洞察を提供する一冊です。著者の野田智義と金井壽宏がリーダーシップの本質を探求し、単なるマネジメントとは異なる「見えないもの」を見る力を重視します。具体的なエピソードや理論を通じて、読者にリーダーシップの旅を提案し、自分自身の内なる声に耳を傾ける重要性を説いています。「不毛な忙しさ」に陥りがちな現代人に、一歩踏み出す勇気を与える一冊です。

▼書籍概要

書籍名リーダーシップの旅 見えないものを見る (光文社新書)
対象者ビジネスリーダー、企業の管理職、リーダーシップに興味を持つ社会人を対象としています。高校生や大学生などの学生は対象に含まれません。
ひとこと説明リーダーシップの本質を探る深い洞察を提供する一冊。
著者野田 智義 (著), 金井 壽宏 (著)
発売日2007/2/16
ページ数304ページ
出版社光文社
中身(目次)序章 「リーダーシップ」はなぜ心に響かないのか
第一章 リーダーシップの旅
第二章 なぜリーダーシップが必要なのか
第三章 旅の一歩を阻むもの
第四章 旅で磨かれる力
第五章 返礼の旅
エピローグ 野田智義
あとがき 金井壽宏
読んだ人のクチコミ・リーダーシップについて新たな視点を提供してくれる良書です。特に『内なる声を聴く』という概念が印象的で、自分自身のリーダーシップを見直すきっかけになりました。
・リーダーは結果として生まれるものであるという主張に共感しました。リーダーシップの理論だけでなく、実際のエピソードも多く、非常に読み応えがありました。
・リーダーシップとは何かを深く考えさせられる一冊です。映画や歴史的エピソードを交えながら、具体的なアドバイスが盛り込まれていて、とても実用的です。

購入はこちら

できるリーダーは、「これ」しかやらない メンバーが自ら動き出す「任せ方」のコツ

リーダーシップに関する定番本で次に紹介するのは「できるリーダーは、「これ」しかやらない メンバーが自ら動き出す「任せ方」のコツ」です。

本書は、リーダーとしての「任せ方」に焦点を当てた一冊です。著者の伊庭正康は、リーダーがメンバーに任せることで、彼らが自発的に動き出す方法を詳細に説明しています。具体的な方法として、トップダウンでやるべきことを指示しつつ、やり方はボトムアップで決定することや、メンバーの内面や能力を褒めることが重要とされています。また、「自己決定感」を促すことでメンバーのモチベーションを引き出すことができると強調しています。リーダーシップに悩むビジネスパーソンにとって、実践的なアドバイスが詰まった一冊です。

▼書籍概要

書籍名できるリーダーは、「これ」しかやらない メンバーが自ら動き出す「任せ方」のコツ
対象者企業の管理職やチームリーダー、リーダーシップに関心のあるビジネスパーソンを対象としています。高校生や大学生などの学生は対象に含まれません。
ひとこと説明リーダーがメンバーに任せることで自発的に動き出す方法を解説する一冊。
著者伊庭 正康 (著)
発売日2019/1/29
ページ数256ページ
出版社PHP研究所
中身(目次)第1章 リーダーの悩みは、「頑張るポイント」を変えるだけで解決する
第2章 できるリーダーの「部下を覚醒させる任せ方」
第3章 「この人と頑張りたい」と思われるリーダーになる
第4章 部下が「自分からやりたくなる」ように導く
第5章 一丸となって「戦えるチーム」の作り方
第6章 スパッ! と「決められる」リーダーになる
第7章 「リーダーの孤独」を感じた時こそ、勝負どころ
読んだ人のクチコミ・メンバーに任せる方法が具体的に書かれていて、非常に参考になりました。特に、自己決定感を促すことがメンバーのモチベーション向上につながるという点が印象的でした。
・リーダーとしての孤独感や葛藤についても触れており、非常に共感できました。管理職としての成長を感じることができる内容です。
・理論だけでなく、具体的な実例も多く紹介されているため、実践に役立つ内容が盛りだくさんです。読んでよかったと心から思える一冊です。

購入はこちら

リーダーの仮面 「いちプレーヤー」から「マネジャー」に頭を切り替える思考法

3冊目に紹介するリーダーシップ本は「リーダーの仮面 「いちプレーヤー」から「マネジャー」に頭を切り替える思考法」です。この本は29万部を突破し、2021年の年間ベストセラーランキング第6位にも入っておりビジネス書としては大ヒットしたといえる人気の書籍です。

本書では著者の経験とクライアントの事例をもとに培われた、リーダーシップの本質とスキルを分かりやすく解説した一冊です。この本では、リーダーとしての役割や責任、チームメンバーとのコミュニケーションやフィードバック、目標設定や問題解決など、マネジメントに関する様々なテーマについて、具体的なヒントやアドバイスが提供されている人気の著書です。

※本書は「管理職のおすすめ本ランキング22冊!マネジメントを勉強しよう」でも紹介している良書です^^

▼書籍概要

書籍名リーダーの仮面 「いちプレーヤー」から「マネジャー」に頭を切り替える思考法
発売日2020/11/24
著者安藤 広大
ページ数247ページ
出版社ダイヤモンド社
本の概要・
おすすめポイント
29万部を突破し、2021年の年間ベストセラーランキング第6位にも入っている人気のビジネス書です。リーダーとしての役割や責任、チームメンバーとのコミュニケーションやフィードバック、目標設定や問題解決など、マネジメントに関する様々なテーマについて、具体的なヒントやアドバイスが提供されています。
どんな人におすすめか・はじめて課長やマネージャーなどの管理職になった人
・これからマネジメントや管理職として一皮向けたい人
・マネージャーやリーダーとしてのふるまいやスキルを身に着けたい人
中身(目次)はじめに なぜ、「リーダーの言動」が大事なのか?
序章 リーダーの仮面をかぶるための準備 ── 「錯覚」の話
序章の実践 プレーヤーから頭を切り替える質問
第1章 安心して信号を渡らせよ ── 「ルール」の思考法
第1章の実践 「姿勢のルール設定」をやってみる
第2章 部下とは迷わず距離をとれ ── 「位置」の思考法
第2章の実践 「正しいほうれんそう」をやってみる
第3章 大きなマンモスを狩りに行かせる ── 「利益」の思考法
第3章の実践 「言い訳スルー」をやってみる
第4章 褒められて伸びるタイプを生み出すな ── 「結果」の思考法
第4章の実践 「点と点の目標設定」をやってみる
第5章 先頭の鳥が群れを引っ張っていく ── 「成長」の思考法
第5章の実践 「とにかく一度行動させる」をやってみる
終章 リーダーの素顔
「おわりに」に代えて ── 私たちの成長の話
読んだ人のクチコミ・管理職やマネージャーとしてのスキルや立ちふるまいが詳しく書かれており大変勉強になりました
・一番売れている人気のマネジメントやリーダーシップに関する本というのは納得です!悩みがある人はぜひ読むべき
・誰でも実践しやすいように噛み砕いて解説してくれてます。管理職の入門書として最適ですね^^

購入はこちら

「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方

4冊目に紹介するリーダーシップの定番本・名著は「「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方」です。

本書は、ザ・ボディショップやスターバックスでCEOを務めた岩田松雄氏が、リーダーシップについての洞察を51の具体的な考え方としてまとめた一冊です。リーダーは強くカリスマ的である必要はなく、むしろ弱さや人間性を見せることで周囲の信頼を得ることが重要だと説いています。著者の経験に基づいた実例や具体的なアドバイスが豊富に含まれており、リーダーシップを身につけたいと考えるビジネスパーソンにとって非常に実践的な内容です。「人を動かす前に自分を動かす」や「挫折経験を糧にする」などの考え方が、リーダーとしての成長を促します。

▼書籍概要

書籍名「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方
対象者企業の管理職やリーダーシップに関心のあるビジネスパーソンを対象としています。高校生や大学生などの学生は対象に含まれません。
ひとこと説明リーダーとしての信頼と人間力を高めるための51の具体的な考え方を紹介する一冊。
著者岩田 松雄 (著)
発売日2012/10/5
ページ数254ページ
出版社サンマーク出版
中身(目次)第1章 リーダーは、かっこいいとは限らない
第2章 リーダーは、饒舌でなくてもかまわない
第3章 リーダーは、部下と飲みに行かない
第4章 リーダーは、人のすることは信じてはいけない
第5章 リーダーは、立ち止まらなければいけない
第6章 リーダーは、多読家である必要はない
第7章 リーダーは、弱くてもかまわない
読んだ人のクチコミ・リーダーとしての自分に迷いがあった時にこの本を読み、非常に励まされました。特に、部下に関心を持つことの重要性を再確認できました。
・著者の実体験に基づいた具体的なアドバイスが多く、実践しやすい内容でした。リーダーシップの真髄は人間力にあると感じました。
・リーダーとしての孤独感や挫折についても触れられており、非常に共感できました。読み終わった後、リーダーとしての新たな視点を得ることができました。

購入はこちら

人を動かす 文庫版

人を動かす 文庫版」もリーダーシップをテーマにしたロングセラーかつベストセラーの名著です。

本書は、デール・カーネギーによる自己啓発の名著であり、初版は1936年に出版されました。「人を動かす 文庫版」は、人間関係を改善し、他者に影響を与えるための具体的な方法を提示しています。カーネギーは、人を批判しないこと、相手に誠実な関心を示すこと、そして相手の立場に立って物事を考えることの重要性を説いています。これらの原則は、日常生活やビジネスシーンでの対人関係において実践可能であり、多くの読者に影響を与え続けています。人間関係に悩むビジネスパーソンにとって、必読の一冊です。

▼書籍概要

書籍名人を動かす 文庫版
対象者ビジネスパーソン、管理職、リーダーシップを取る必要のある社会人を対象としています。高校生や大学生などの学生は対象に含まれません。
ひとこと説明人間関係を改善し、他者に影響を与えるための具体的な方法を示した名著。
著者D・カーネギー (著), 山口 博 (翻訳)
発売日2016/1/26
ページ数320ページ
出版社創元社
中身(目次)改訂にあたって
PART1 人を動かす三原則
PART2 人に好かれる六原則
PART3 人を説得する十二原則
PART4 人を変える九原則
訳者あとがき
読んだ人のクチコミ・この本を読んでから、職場での人間関係が格段に良くなりました。特に、相手に誠実な関心を持つことの重要性を実感しました。​
・カーネギーの教えは時代を超えて普遍的です。『誤りを指摘しない』という原則は、家庭でも仕事でも役立っています。
・具体的な事例が豊富で、とても実践的な内容です。人を動かすための方法が明確に示されており、日常生活に取り入れやすいです。

購入はこちら

スタンフォード式 最高のリーダーシップ

リーダーシップに関する定番本の次に紹介するのは「スタンフォード式 最高のリーダーシップ」です。

本書は、スタンフォード大学の心理学者スティーヴン・マーフィ重松が、スタンフォード大学で教えるリーダーシップ論を基に執筆した一冊です。リーダーシップに関する最新の心理学的知見を取り入れ、求心力を持つリーダーになるための具体的な方法を解説しています。アサーティブリーダーシップ、サーバントリーダーシップ、トランスフォーメーショナルリーダーシップなど、様々なリーダーシップスタイルを紹介し、それらを身につけるための科学的根拠と実践的な手法が豊富に盛り込まれています。組織内でのリーダーシップを向上させたいと考える現職のリーダーやこれからリーダーを目指す人にとって必読の一冊です。

▼書籍概要

書籍名スタンフォード式 最高のリーダーシップ
対象者企業の管理職やリーダーシップに関心のあるビジネスパーソン、チームリーダーを対象としています。高校生や大学生などの学生は対象に含まれません。
ひとこと説明スタンフォード大学の心理学者が教える、科学的根拠に基づく最高のリーダーシップ手法を解説する一冊。
著者スティーヴン・マーフィ重松 (著)
発売日2019/4/23
ページ数351ページ
出版社サンマーク出版
中身(目次)プロローグ リーダーシップの原則「We are the Leaders」
0章 残酷な集団――なぜ組織に「境界線」があるのか? リーダーを取り巻く現実
1章 Assertive Leaderが人を動かす――求心力ある先導者
2章 Authentic Leadership――人心を掴む「土台」を築く
3章 Servant Leadership――本物の「信頼」をたぐり寄せる
4章 Transformative Leadership――チームに「変容」をもたらす
5章 Cross-Border Leadership――持続的な「最良の関係」を確立する
読んだ人のクチコミ・心理学の視点からリーダーシップを考察している点が新鮮で、とても実践的な内容でした。自分自身のリーダーシップスタイルを見直す良い機会になりました。
・リーダーシップの基本的な原則から具体的な方法まで網羅されており、どのようにリーダーシップを発揮すべきかが明確に理解できました。特にアサーティブリーダーシップの考え方が印象的でした。
・具体的な事例が多く、非常に読みやすかったです。リーダーとしての自分の課題に気づき、改善するための具体策が学べる貴重な一冊です。

購入はこちら

リーダーシップのおすすめ本

ここでは、リーダーシップに関する幅広いテーマを扱ったおすすめの本を紹介します。自己啓発、コミュニケーションスキル、問題解決能力など、多岐にわたるリーダーシップの要素を学ぶことができる本を厳選しています。

最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと

リーダーシップが学べるおすすめ本・書籍でまず最初に紹介するのは「最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと」です。

本書は、マーカス・バッキンガムがリーダーシップとマネジメントの核心を探るために執筆した一冊です。リーダーとマネジャーの役割の違いを明確にし、それぞれが成功するために必要な「たったひとつのこと」を具体的に示しています。リーダーは未来を描き、ビジョンを示すことが求められ、一方でマネジャーは部下の個性を理解し、その強みを最大限に引き出すことが重要です。また、本書では、成功するためには「やらないこと」を見つけ出し、それをやめることの重要性も強調されています。リーダーシップとマネジメントに関する具体的な事例や実践的なアドバイスが詰まっており、現代のビジネスパーソンにとって必読の一冊です​。

▼書籍概要

書籍名最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと
対象者企業の管理職やリーダーシップに関心のあるビジネスパーソン、特に中堅から上級管理職を対象としています。高校生や大学生などの学生は対象に含まれません。
ひとこと説明リーダーとマネジャーの役割を明確にし、それぞれが成功するために必要な「たったひとつのこと」を具体的に示した一冊。
著者マーカス バッキンガム (著), 加賀山 卓朗 (翻訳)
発売日2006/1/1
ページ数315ページ
出版社日経BPマーケティング(日本経済新聞出版)
中身(目次)「たったひとつのこと」について知る必要のある、いくつかのこと
第1部 組織の継続的な成功についてあなたが知らなければならないたったひとつのこと
第2部 個人の継続的な成功についてあなたが知らなければならないたったひとつのこと
読んだ人のクチコミ・リーダーとマネジャーの違いが明確に説明されており、非常に参考になりました。特に、リーダーは未来を描くこと、マネジャーは部下の強みを引き出すことに注力すべきという点が印象的でした。
・具体的な事例が多く、実践的なアドバイスが満載です。自分がしたくないことを見つけ出し、それをやめるというコンセプトが非常に役立ちました。
・リーダーシップとマネジメントの違いを再認識することができ、自分の役割に対する理解が深まりました。非常に有益な内容で、読みやすかったです。

購入はこちら

1万人のリーダーが悩んでいること

2冊目に紹介するリーダーシップが学べるおすすめ本・書籍は「1万人のリーダーが悩んでいること」です。

本書は、1万人を超えるリーダーから寄せられたリアルで生々しい50の悩みに対し、職場再建率100%の著者・浅井浩一が真摯に答える一冊です。リーダーが抱える多種多様な悩みを具体的に取り上げ、その解決策を科学的かつ実践的に示しています。例えば、上司の指示が納得できないと感じたときの対処法や、部下に仕事を頼む際に「押しつけてきた」と思われないためのコミュニケーション方法など、現場で直面する問題に対する具体的なアドバイスが満載です。リーダーシップを発揮するための心構えや部下との関係構築に悩むビジネスパーソンにとって、非常に役立つ内容が詰まっています。

▼書籍概要

書籍名1万人のリーダーが悩んでいること
対象者企業の管理職やリーダーシップに関心のあるビジネスパーソン、特に中間管理職を対象としています。高校生や大学生などの学生は対象に含まれません。
ひとこと説明1万人のリーダーから寄せられたリアルな悩みに対し、具体的な解決策を示す実践的な一冊。
著者浅井 浩一 (著)
発売日2019/12/12
ページ数264ページ
出版社ダイヤモンド社
中身(目次)はじめに 1万人のリーダーは「同じこと」に悩んでいた
第1章 部下を見守る
第2章 自身を磨く
第3章 チームをつくる第4章 結果を出す第5章 組織を変える
おわりに ひとりで抱え込まないでください
読んだ人のクチコミ・部下のことで悩んでいた時に読んだが、上司への悩みも含めて解決方法が書かれていて助かった。中間管理職に非常に役立つ内容で、読みやすかった。
・リーダー自身が正直であることが求められ、目標に向かって努力する姿を示すことの重要性を再確認した。進むべき方向を示し、組織を動かす方法が具体的に書かれている。
「リーダーの悩みが具体的に書かれており、共感できる部分が多かった。特にコミュニケーションの重要性についての記述が多く、実践的なアドバイスが満載だった。

購入はこちら

伝説の外資トップが説く リーダーの教科書

3冊目に紹介するリーダーシップが学べるおすすめ本・書籍は「伝説の外資トップが説く リーダーの教科書」です。

本書は、新将命氏によるリーダーシップ論の集大成です。著者は、コカ・コーラやジョンソン・エンド・ジョンソンなどの外資系企業でトップを務め、その豊富な経験を基にリーダーシップの本質を語ります。リーダーとしての心構えや具体的なスキル、マネジメントの手法について、実践的なアドバイスが満載です。特に、リーダーが持つべき視点や判断力、部下との関わり方について具体的に解説されています。これからリーダーを目指す方、現役のリーダーやマネージャーにとって、必読の一冊です。

▼書籍概要

書籍名伝説の外資トップが説く リーダーの教科書
対象者企業でリーダーシップを発揮することを求められる現役のマネージャーや経営層、また将来リーダーを目指すビジネスパーソンを対象としています。特に、外資系企業での実務経験がある、もしくはそれを目指す方にとって非常に役立つ内容が含まれています。
ひとこと説明リーダーシップの本質を、外資系企業のトップとしての経験を基に具体的かつ実践的に解説した一冊です。
著者新 将命 (著)
発売日2013/4/19
ページ数288ページ
出版社ダイヤモンド社
中身(目次)はじめに
第1章 これからリーダーになる人へ—上司の心得
第2章 リーダーとして歩き始めた人へ—上司としての認識
第3章 リーダーシップをさらに磨きたい人へ—上司のスキル
第4章 選ばれたリーダーをめざす人へ—上司の役割
読んだ人のクチコミ・この本はリーダーシップの基本から実践までを網羅しており、特に部下とのコミュニケーション方法が具体的に書かれているのが良い。
・リーダーとしての心構えや判断力について多くの示唆があり、実務で即使えるアドバイスが満載です。
・実際の経験に基づいた具体的なエピソードが多く、読みやすくかつ実践的な内容で非常に参考になりました。

購入はこちら

これからのリーダーシップ 基本・最新理論から実践事例まで

リーダーシップが学べるおすすめ本・書籍で次に紹介するのは「これからのリーダーシップ 基本・最新理論から実践事例まで」です。

本書は、舘野泰一氏と堀尾志保氏によるリーダーシップに関する最新の研究と実践事例を取りまとめた一冊です。リーダーシップの基本理論から最新の潮流までを網羅し、実際の企業や教育機関でのリーダーシップ教育の方法論も詳しく解説しています。リーダーシップの発揮方法や教育方法に関する具体的な実践事例が豊富で、理論と実践の両面からリーダーシップを学ぶことができます。現代のビジネス環境においてリーダーとして成長し、組織を牽引するための具体的な方法が詰まっているため、実務に直結した内容が魅力です​。

▼書籍概要

書籍名これからのリーダーシップ 基本・最新理論から実践事例まで
対象者既にリーダーシップを発揮している現役のリーダーやマネージャー、またはこれからリーダーシップを磨こうとするビジネスパーソンを対象としています。企業の管理職や教育機関でリーダーシップ教育に携わる専門家にも適しています​。
ひとこと説明リーダーシップの基本理論と最新研究、実践事例を網羅した一冊で、実務に直結した具体的な方法が学べます。
著者舘野 泰一 (著), 堀尾 志保 (著)
発売日2020/3/28
ページ数256ページ
出版社日本能率協会マネジメントセンター
中身(目次)はじめに
第1部 理論編
 第1章 リーダーシップ研究の変遷
 第2章 リーダーシップ研究の新潮流
第2部 実践編
 第3章 リーダーシップ教育の実践
 第4章事例紹介
おわりに
読んだ人のクチコミ・リーダーシップの理論が網羅されており、特に変革型リーダーシップの章が実践的で役立ちました。
・企業や大学での実践事例が豊富で、自分の職場での応用がしやすい内容でした。
・理論だけでなく具体的な教育方法や実践例が含まれており、リーダーシップを学ぶ上で非常に参考になる本です。

購入はこちら

ハーバード・ビジネス・レビュー リーダーシップ論文ベスト10 リーダーシップの教科書 (Harvard Business Review Press)

リーダーシップが学べるおすすめ本・書籍で次に紹介するのは「ハーバード・ビジネス・レビュー リーダーシップ論文ベスト10 リーダーシップの教科書 (Harvard Business Review Press)」です。

本書は、ハーバード・ビジネス・レビューに掲載されたリーダーシップに関するトップ論文を厳選してまとめたものです。ジョン・コッター、ダニエル・ゴールマン、ウォレン・ベニス、ジム・コリンズなど、リーダーシップの権威による論文が含まれており、リーダーシップの本質と実践について深く学ぶことができます。各論文は、リーダーシップのさまざまな側面をカバーしており、状況認識、ビジョンの策定、人間関係の構築、創意工夫など、リーダーとして必要なスキルや知識を体系的に理解することができます。特に、EQ(心の知能指数)や分散型リーダーシップなど、現代のビジネス環境で重要視される新しいリーダーシップモデルにも触れており、実践的な知見を提供します​。

▼書籍概要

書籍名ハーバード・ビジネス・レビュー リーダーシップ論文ベスト10 リーダーシップの教科書 (Harvard Business Review Press)
対象者企業の管理職、リーダーシップを発揮する立場にあるビジネスパーソン、そして組織内でリーダーシップを向上させたいと考えている方に適しています。特に、リーダーシップの理論と実践の両方を学びたい中堅から上級レベルのビジネスリーダーにおすすめです。
ひとこと説明リーダーシップの理論と実践を体系的に学び、現代のビジネス環境におけるリーダーシップの本質を深く理解するための必読書です。
著者ハーバード・ビジネス・レビュー編集部 (編集), DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー編集部 (翻訳)
発売日2018/10/11
ページ数288ページ
出版社ダイヤモンド社
中身(目次)はじめに
第1章 リーダーシップとマネジメントの違い
第2章 プロフェッショナルマネジャーの行動原理
第3章 リーダーシップの新しい使命
第4章 共感のリーダーシップ
第5章 挫折がリーダーシップの糧となる
第6章 レベル5リーダーシップ
第7章 変革リーダーへの進化
第8章 自分らしいリーダーシップ
第9章 完全なるリーダーはいらない
第10章 心の知能指数「EQ」のトレーニング法
読んだ人のクチコミ・リーダーシップに関する知見が詰まっており、特にEQのトレーニング法が実践的で役立ちました。
・各論文が異なる視点からリーダーシップを論じており、リーダーシップの多様な側面を理解するのに非常に有益です。
・リーダーシップとマネジメントの違いを明確に示しており、リーダーとしての成長に多くの示唆を得られました。

購入はこちら

ソニー再生 変革を成し遂げた「異端のリーダーシップ」

6冊目に紹介するリーダーシップが学べるおすすめ本・書籍は「ソニー再生 変革を成し遂げた「異端のリーダーシップ」」です。

本書は、ソニーの元CEO平井一夫氏が、ソニー再生の過程で実践した「異端のリーダーシップ」について語ったものです。平井氏は、経営危機にあったソニーを復活させたその手腕と哲学を、本書で詳しく解説しています。彼のリーダーシップは、従来の枠にとらわれず、異なる視点や意見を積極的に取り入れることに重きを置いています。入社から社長に至るまでのエピソードや、事業再生の具体的な戦略など、ビジネスリーダーとしての実践的な知見が豊富に詰まっています。特に、EQ(心の知能指数)の重要性や、率直な意見交換の奨励、決断力と責任感の持ち方など、現代のリーダーに必要なスキルを学ぶことができます。

▼書籍概要

書籍名ソニー再生 変革を成し遂げた「異端のリーダーシップ」
対象者企業の管理職やリーダー、そして組織改革や経営戦略に興味を持つビジネスパーソンに最適です。特に、リーダーシップの向上を目指す中堅から上級レベルのビジネスリーダーにおすすめです​。
ひとこと説明ソニーを復活させた平井一夫氏の異端のリーダーシップと実践的な経営哲学を学べる一冊です。
著者平井 一夫 (著)
発売日2021/7/13
ページ数280ページ
出版社日本経済新聞出版
中身(目次)プロローグ 約束
第1章 異邦人
第2章 プレイステーションとの出会い
第3章「ソニーを潰す気か! 」
第4章 嵐の中で
第5章 痛みを伴う改革
第6章 新たな息吹
エピローグ 卒業
読んだ人のクチコミ・平井氏のパーソナルなエピソードが多く、親しみやすい内容。リーダーシップの重要性を実感できる本です。
・リーダーに必要なEQや決断力について具体的に書かれており、実務に役立つ知見が多い。
・異なる意見を取り入れる姿勢が印象的。平井氏の真摯なリーダーシップがよく伝わる。

購入はこちら

なぜ、あなたがリーダーなのか[新版]――本物は「自分らしさ」を武器にする

7冊目に紹介するリーダーシップが学べるおすすめ本・書籍は「なぜ、あなたがリーダーなのか[新版]――本物は「自分らしさ」を武器にする」です。

本書は、リーダーシップの本質を「自分らしさ」に根ざして探求する一冊です。著者のロブ・ゴーフィーとガレス・ジョーンズは、リーダーシップにおいて他人の真似ではなく、自分自身の個性や価値観を活かすことの重要性を強調します。各章では、リーダーシップの具体的なスキルや実践方法について、理論と実例を交えながら解説しています。例えば、「自分らしく振る舞うこと」や「リスクを取ること」、さらに「状況を感知すること」などが取り上げられ、読者が自分自身のリーダーシップスタイルを確立する手助けをしてくれます。また、本書はハーバード・ビジネス・レビューで最優秀論文賞を受賞した論文に基づいており、実践的かつ信頼性の高い内容が特徴です。

▼書籍概要

書籍名なぜ、あなたがリーダーなのか[新版]――本物は「自分らしさ」を武器にする
対象者リーダーシップを学びたいビジネスパーソン、特に中堅から上級レベルのリーダーや管理職に適しています。組織内でリーダーシップを発揮する必要がある方、自分らしいリーダーシップを模索している方におすすめです​。
ひとこと説明自分らしさを活かしたリーダーシップを探求し、実践的なスキルと方法論を提供する一冊です。
著者ロブ ゴーフィー (著), ガレス ジョーンズ (著), アーサー・ディ・リトル・ジャパン (翻訳)
発売日2017/1/31
ページ数352ページ
出版社英治出版
中身(目次)第1章 なぜ、あなたがリーダーなのか
第2章 自分らしく振る舞え
第3章 リスクに身をゆだねよ
第4章 おかれた状況を感知せよ
第5章 相応に妥協せよ
第6章 距離感を操れ
第7章 組織にリズムを刻め
第8章 部下は何を望むか
第9章 リーダーシップ――その代償と褒賞
読んだ人のクチコミ・リーダーシップは自分らしさを活かすことが大切だと改めて気づかされました。実践的なアドバイスが多く、非常に参考になります。
・他人の真似をするのではなく、自分の個性を活かすことの重要性を強調しており、非常に共感できました。実務に役立つ内容が満載です。
・リーダーシップの理論と実践がバランスよくまとめられており、自分自身のリーダーシップスタイルを確立するための指針が得られました。

購入はこちら

【新版】グロービスMBAリーダーシップ

リーダーシップが学べるおすすめ本・書籍で次に紹介するのは「【新版】グロービスMBAリーダーシップ」です。

本書は、グロービス経営大学院が提供するリーダーシップ教育の精髄を凝縮した一冊です。リーダーシップに関する基本的な理論から最新の実践的なアプローチまで、幅広い内容を網羅しています。特に、現代のネットワーク時代に必要とされるリーダーシップについても具体的に解説されています。各章では、リーダーシップの行動理論、状況適合理論、変革型リーダーシップ、サーバント・リーダーシップなど、多岐にわたる理論が詳述されており、読者が自らのリーダーシップスタイルを磨くための実践的な知識とスキルを提供します。また、組織行動論や経験学習の理論を取り入れたリーダーシップ開発の手法も紹介されており、理論と実践のバランスが取れた内容となっています​。

▼書籍概要

書籍名【新版】グロービスMBAリーダーシップ
対象者リーダーシップを学びたいビジネスパーソン、特に中堅から上級レベルのリーダーや管理職に適しています。組織内でリーダーシップを発揮する必要がある方、自分らしいリーダーシップを模索している方におすすめです。
ひとこと説明リーダーシップの基本理論と最新アプローチを網羅し、現代のネットワーク時代に適した実践的なリーダーシップスキルを学べる一冊です。
著者グロービス経営大学院 (著)
発売日2014/4/18
ページ数256ページ
出版社ダイヤモンド社
中身(目次)まえがき
第Ⅰ部 理論編
 第1章 リーダーシップ理論の変遷
 第2章 リーダーシップと関連する組織行動
 第3章 リーダーシップ開発
第Ⅱ部 実践編
 第4章 リーダーシップを磨く
 第5章 リーダーシップを発揮する
あとがき
読んだ人のクチコミ・リーダーシップの理論が網羅されており、特にサーバント・リーダーシップの章が実践的で参考になりました。
・具体的な事例が豊富で、自分のリーダーシップスタイルを見直すのに役立ちました。初心者にも分かりやすい内容です。
・グロービスの教材としての信頼性が高く、理論と実践がバランスよくまとめられていて、非常に学びの多い本でした。

購入はこちら

リーダーシップ入門

リーダーシップが学べるおすすめ本・書籍で次に紹介するのは「リーダーシップ入門」です。

本書は、金井壽宏氏による「リーダーシップ入門」で、リーダーシップの基礎から実践までを網羅した一冊です。著者は、リーダーシップの本質を理論と実践の両面から解説し、読者が自らのリーダーシップスタイルを確立する手助けをします。リーダーシップの定義、リーダーの役割、リーダーシップのスキルなど、具体的な事例を交えて分かりやすく説明しています。特に、リーダーシップのPM理論(目的達成力と集団維持力)や、サーバントリーダーシップ、フォロワーシップなど、現代のビジネス環境で重要視されるリーダーシップモデルについても詳述されています。また、各章にはエクササイズが含まれており、読者が自身の経験と照らし合わせながら学ぶことができます​。

▼書籍概要

書籍名リーダーシップ入門
対象者企業の管理職やリーダー、そして組織改革や経営戦略に興味を持つビジネスパーソンに最適です。特に、リーダーシップの基礎から学びたい方、または既にリーダーとしての経験を持ち、さらなるスキルアップを目指す方におすすめです​。
ひとこと説明リーダーシップの基礎理論と実践方法を包括的に学び、自分自身のリーダーシップスタイルを確立するための一冊です。
著者金井 壽宏 (著)
発売日2005/3/1
ページ数330ページ
出版社日経BPマーケティング(日本経済新聞出版)
中身(目次)Ⅰ いかなる意味での「入門」なのか
Ⅱ リーダーシップの学び方を学ぶ
Ⅲ リーダーシップの定義とリーダーシップを見る視点
Ⅳ 実践家のリーダーシップ持論
Ⅴ 研究から生まれたリーダーシップ理論――貫く不動の二次元
終章 リーダーシップを身に付けるために
読んだ人のクチコミ・リーダーシップの基礎を学ぶには最適な本。具体的な事例と理論がバランスよく紹介されており、実務に役立つ内容が多い。
・PM理論を用いたリーダーシップの説明が分かりやすく、実践的なエクササイズが豊富で、自身の成長に役立ちました。
・リーダーシップに関する多様な視点が学べる良書。理論と実践の両面からリーダーシップを深く理解できる内容です。

購入はこちら

リーダーは話し方が9割

10冊目に紹介するリーダーシップが学べるおすすめ本・書籍は「リーダーは話し方が9割」です。

本書は、永松茂久氏による「リーダーは話し方が9割」です。著者は「話し方」こそがリーダーにとって最も重要なスキルであると説き、部下を「やる気にさせる」「共感・信頼を得る」「行動を促す」ための具体的な話し方のテクニックを紹介しています。例えば、リーダーが「笑顔」「うなずき」「称賛」を使って会議を楽しいものにする方法や、相手の自己重要感を高める言葉の使い方、緊張せずに話すためのコツなどが挙げられます。また、実践しやすい具体的な会話例やエピソードが豊富に含まれており、即座に活用できる内容となっています​。

▼書籍概要

書籍名リーダーは話し方が9割
対象者企業の管理職やリーダー、チームを率いる立場にあるビジネスパーソンに最適です。特に、部下とのコミュニケーションを改善したいと考えているリーダーや、リーダーシップスキルを向上させたい方におすすめです。
ひとこと説明リーダーとして必要な話し方の技術を具体的に解説し、部下のやる気を引き出し、信頼を得るためのコミュニケーション術を学べる一冊です。
著者永松 茂久 (著)
発売日2022/12/7
ページ数240ページ
出版社すばる舎
中身(目次)第1章 なぜ、あのリーダーの話し方は人を動かすのか?
第2章 人をやる気にさせるリーダーの話し方
第3章 嫌われないリーダーの話し方
第4章 人前で緊張しない話し方
第5章 「あの人のためなら」と言われるリーダーの話し方
読んだ人のクチコミ・リーダー、上司としての話し方を学び、自分目線ではなく相手の幸せにフォーカスして話すことの重要性を実感しました。
・具体的な会話例が豊富で、即実践できる内容が多い。部下とのコミュニケーションに役立つヒントが満載です。
・話し方のテクニックが具体的でわかりやすく、部下のやる気を引き出し、信頼関係を築くための方法が多く紹介されています。

購入はこちら

管理職・部下育成のおすすめ本

管理職としての役割を果たすためのスキルを磨くための本を紹介します。部下の育成、モチベーション管理、効果的なフィードバックの方法など、管理職に求められる具体的なスキルや知識を提供する本が揃っています。

※管理職としてさらに深く学びたい人は「管理職のおすすめ本ランキング22冊!マネジメントを勉強しよう」もおすすめです^^

はじめてリーダーになる君へ

管理職・部下育成のおすすめ本としてまず最初に紹介するのは「はじめてリーダーになる君へ」です。

本書は、浅井浩一氏がリーダーシップの本質と実践について解説した「はじめてリーダーになる君へ」です。著者は、日本たばこ産業で営業経験ゼロから最年少支店長に大抜擢され、低迷していた支店を連続で日本一に導いた実績を持ちます。彼の経験をもとに、リーダーとしての心得や具体的なアプローチが紹介されています。本書では、リーダーが「優秀さ」を捨て、部下と信頼関係を築くことの重要性を強調し、相談することや部下に頼ることの大切さを説いています。また、具体的な行動指針や成功事例が豊富に掲載されており、リーダーとしての成長を支援します。これからリーダーを目指す人や、リーダーとしてさらに成長したい人にとって、実践的で役立つ一冊です。

▼書籍概要

書籍名はじめてリーダーになる君へ
対象者リーダーシップを初めて学ぶビジネスパーソンや、リーダーとしての役割を担うことになった管理職、既存のリーダーシップを見直し、向上させたいと考える中堅から上級のリーダーに最適です。
ひとこと説明リーダーシップの基礎と実践を具体的な事例を通じて学び、信頼関係を築く方法を提供する一冊です。
著者浅井 浩一 (著)
発売日2013/8/30
ページ数256ページ
出版社ダイヤモンド社
中身(目次)はじめに
第1章 利口になるより、バカになろう
第2章 本気で部下に甘えよう
第3章 「1人」との向き合い方を「みんな」が見ている
第4章 結果よりも、プロセス(行動)を見る
第5章 正直で、助け合えるチームを作る
おわりに
読んだ人のクチコミ・リーダーとしての心得を具体的なエピソードを交えて解説しており、非常に分かりやすい。部下との信頼関係を築く方法が学べます。
・リーダーシップの本質を教えてくれる本。結果ではなくプロセスに焦点を当て、部下のやる気を引き出す方法が豊富に紹介されています。
・初めてリーダーになる人にとって、非常に実践的で役立つ内容。部下に頼ることや相談することの大切さを学びました。

購入はこちら

部下ができたら読む リーダーシップが身につく本 人を動かす原理原則35

2冊目に紹介したい管理職・部下育成のビジネス書は「部下ができたら読む リーダーシップが身につく本 人を動かす原理原則35」です。

本書は、嶋田有孝氏による「部下ができたら読む リーダーシップが身につく本 人を動かす原理原則35」で、リーダーシップ初心者に向けて、リーダーとしての基本原則と実践的なアプローチを紹介しています。著者は、大阪のおばちゃん達を指導し、普通の専業主婦からリーダーへと育てあげた経験を持ち、そのノウハウを本書で共有しています。具体的には、部下のモチベーションを高め、チームを効果的に導くための35の原理原則が詳細に解説されています。たとえば、部下との信頼関係を築くためのコミュニケーションの方法や、リーダーとしての自己成長の重要性などが含まれています。初心者リーダーが抱える戸惑いや不安を解消し、実践的な知識を提供することで、リーダーシップを発揮するための道筋を示しています。

▼書籍概要

書籍名部下ができたら読む リーダーシップが身につく本 人を動かす原理原則35
対象者初めて部下を持つことになったビジネスパーソン、管理職やリーダーとしての役割を初めて担う方、そしてリーダーシップスキルを基礎から学びたい方に適しています。
ひとこと説明リーダーシップ初心者が、部下を効果的に導き、信頼関係を築くための35の原理原則を具体的に学べる一冊です。
著者嶋田 有孝 (著)
発売日2016/8/15
ページ数180ページ
出版社PHP研究所
中身(目次)序章 リーダーシップの原理原則
第1章 共通の目標へと導こう
第2章 部下を育てよう
第3章 先頭に立って行動しよう
第4章 積極的に話し合おう
第5章 前向きに評価しよう
第6章 強い責任感を持とう
読んだ人のクチコミ・リーダーシップの基本を理解するのに非常に役立ちました。特に、部下の動機付け方法について多くの示唆が得られました。
・具体的な事例が豊富で、リーダーとしての実践的なアドバイスが満載です。すぐに実践できる内容が多く、非常に参考になりました。
・リーダーとしての心得を学び、部下との信頼関係を築くための具体的な方法がよく理解できました。初心者にも分かりやすい内容です。

購入はこちら

対話型マネジャー 部下のポテンシャルを引き出す最強育成術

3冊目に紹介したい管理職・部下育成のビジネス書は「対話型マネジャー 部下のポテンシャルを引き出す最強育成術」です。

本書は、世古詞一氏による「対話型マネジャー 部下のポテンシャルを引き出す最強育成術」です。著者は1on1ミーティングの専門家であり、組織内の対話を通じて部下の成長とモチベーションを高める方法を具体的に紹介しています。特に、対話の「型」を用いたコミュニケーションスキルや、部下との信頼関係を築くためのフレームワーク「すり合わせ9ボックス」を解説しています。これにより、上司は部下の働きがいや成果を向上させることができます。本書は、リーダーとして必要な対話技術を学び、実践するための具体的な方法が豊富に盛り込まれています。

▼書籍概要

書籍名対話型マネジャー 部下のポテンシャルを引き出す最強育成術
対象者企業の管理職やリーダーとして部下の育成に携わるビジネスパーソン、特に部下のポテンシャルを最大限に引き出したいと考えている中堅から上級レベルのリーダーに最適です。これからリーダーシップを発揮したいと考える方にも役立つ内容です。
ひとこと説明部下との対話を通じてポテンシャルを引き出し、成果を上げるための具体的な方法とフレームワークを提供する一冊です。
著者世古 詞一 (著)
発売日2020/5/29
ページ数296ページ
出版社日本能率協会マネジメントセンター
中身(目次)はじめに
第1章 なぜ、組織において対話が必要なのか
第2章 「何を(What )」すり合わせるか―すり合わせ9ボックス
第3章 「どう(How)」すり合わせるか―しゃべってもらうスキル
第4章 「どう(How)」すり合わせるか―フィードバックするスキル
第5章 「何を(What )」「どう(How)」すり合わせるか―業務レベル
第6章 「何を(What )」「どう(How)」すり合わせるか―個人レベル
第7章 「何を(What )」「どう(How)」すり合わせるか―組織レベル
読んだ人のクチコミ・対話型のコミュニケーション技術が具体的に説明されており、実務にすぐに役立ちます。部下との信頼関係を築くためのヒントが満載です。
・1on1ミーティングの効果を最大限に引き出すための具体的なスキルが学べる本。部下とのコミュニケーションが大きく変わりました。
・フレームワークがわかりやすく、すぐに実践できる内容が多いです。部下のモチベーションを高めるための具体的な手法が学べます。

購入はこちら

自分の頭で考えて動く部下の育て方 上司1年生の教科書

管理職・部下育成のおすすめ本として次に紹介するのは「自分の頭で考えて動く部下の育て方 上司1年生の教科書」です。

本書では、はじめて部下を持った人や、上司が指示をしなくても自ら動ける人材になって欲しいと思っている人に向けて、「教えすぎるから考えなくなる」や「成果ではなく工夫を褒める」など部下との接し方について基本が学べます。

また、失敗を指摘しすぎると「事前に上司に確認しなきゃ」というマインドになり、小さなことでもいちいち確認・承認を求める部下になってしまいます。そういったところも寛容になる努力が必要だと教えてくれる良書です。

▼書籍概要

書籍名自分の頭で考えて動く部下の育て方 上司1年生の教科書
発売日2016/11/16
著者篠原信
ページ数216ページ
出版社文響社
本の概要・
おすすめポイント
はじめて部下を持った人や、上司が指示をしなくても自ら動ける人材になって欲しいと思っている人に向けて、「教えすぎるから考えなくなる」や「成果ではなく工夫を褒める」など部下との接し方について基本が学べます。
どんな人におすすめか・はじめて課長やマネージャーなど管理職になった人
・自分で考えて動ける部下に育てたい人
中身(目次)第1章 いかにして「自発的部下醸成方式」が生まれたか?
第2章 上司の非常識な六訓
第3章 上司の「戦術」とは何か?
第4章 配属1日目〜3年目までの育て方
第5章 困った時の9の対応法
読んだ人のクチコミ・部下を育てるために必要な考え方が掲載されており参考になりました
・本書を読んで最も重要だと思ったのは、部下を育てるには答えを教えるのではなく、自分で考えるように導くことが大切だということ。今後意識して取り組んでいきたいです!
・20代で初めて管理職に昇進したときに読みたかった

購入はこちら

リーダーとしてのチーム作りの本

チームビルディングに焦点を当てた本を紹介します。効果的なチーム作りの方法、チームの一体感を高める戦略、チームのパフォーマンスを最大化するためのアプローチなど、リーダーとしてチームを成功に導くための知識と技術を学ぶことができます。

THE TEAM 5つの法則 (NewsPicks Book)

リーダーがチームビルディング・チーム作りをする際に読みたい本の1つが「THE TEAM 5つの法則 (NewsPicks Book)」です。

本書は、麻野耕司氏による「THE TEAM 5つの法則 (NewsPicks Book)」です。チーム作りのエキスパートである著者が、成功するチームに共通する5つの法則を解説しています。これらの法則は「Aim(目標設定)」「Boarding(人員選定)」「Communication(意思疎通)」「Decision(意思決定)」「Engagement(共感創造)」の5つであり、それぞれが具体的な事例や学術的背景を交えて説明されています。例えば、目標設定の重要性を説く「Aimの法則」では、意義目標、成果目標、行動目標の3段階に分けたアプローチが紹介されており、チーム全体で共通の目標を持つことの大切さが強調されています​。また、対話とフィードバックの技術を駆使して、メンバーのエンゲージメントを高める方法も詳述されており、チームのパフォーマンスを最大化するための実践的な知識が得られます​。

▼書籍概要

書籍名THE TEAM 5つの法則 (NewsPicks Book)
対象者企業の管理職やリーダー、チームビルディングを担当するビジネスパーソンに最適です。特に、チームのパフォーマンス向上や組織改革を目指す中堅から上級のリーダーにとって、実践的なヒントが得られる内容となっています。
ひとこと説明成功するチームに共通する5つの法則を解説し、チームのパフォーマンスを最大化するための実践的な知識を提供する一冊です。
著者麻野 耕司 (著)
発売日2019/4/3
ページ数282ページ
出版社幻冬舎
中身(目次)はじめに 売上、時価総額を10倍にした「チームの法則」
第1章 Aim(目標設定)の法則〜目指す旗を立てろ! 〜
第2章 Boarding(人員選定)の法則〜 戦える仲間を選べ〜
第3章 Communication(意思疎通)の法則〜最高の空間をつくれ〜
第4章 Decision(意思決定)の法則〜進むべき道を示せ〜
第5章 Engagement(共感創造)の法則 〜力を出しきれ〜
読んだ人のクチコミ・法則と具体的な事例がバランスよく紹介されており、すぐに実践に活かせる内容です。チームビルディングの参考書として非常に有用です。
・具体的なアクションチェックリストが豊富で、理論だけでなく実践に役立つヒントが満載です。チーム運営に悩んでいるリーダーにおすすめです。
・多くの具体例を交えて法則が説明されており、分かりやすく実践的です。読みやすく、内容が濃いので、何度も読み返したい本です。

購入はこちら

忙しすぎるリーダーの9割が知らない チームを動かす すごい仕組み

次に紹介するリーダーがチームビルディング・チーム作りをする際に読みたい本は「忙しすぎるリーダーの9割が知らない チームを動かす すごい仕組み」です。

本書は、山本真司氏による「忙しすぎるリーダーの9割が知らない チームを動かす すごい仕組み」です。著者は、自身を「最凶のマネジャー」と称し、部下の自主性を引き出し、チーム全体のパフォーマンスを最大化するための34の具体的な仕組みを紹介しています。これらの仕組みは、実践に基づいたものであり、プレイングマネジャーとしての忙しい日々を乗り越えるための実践的なアドバイスが満載です。例えば、「ベン図法対話術」や「わからないふりミーティング」など、対話を通じてメンバーの意見を引き出し、共通の目標に向かって進むための技術が詳細に解説されています。これにより、リーダーは自身の負担を軽減し、チームの自主性を高めることができます​。

▼書籍概要

書籍名忙しすぎるリーダーの9割が知らない チームを動かす すごい仕組み
対象者プレイングマネジャーとして忙しく働く管理職や、チームのパフォーマンス向上を目指すリーダーに最適です。特に、部下の自主性を引き出し、効果的なチーム運営を実現したいと考えるビジネスパーソンにおすすめです。
ひとこと説明部下の自主性を引き出し、効果的なチーム運営を実現するための34の具体的な仕組みを紹介した一冊です。
著者山本 真司 (著)
発売日2023/3/14
ページ数288ページ
出版社PHP研究所
中身(目次)1. 『忙しすぎるリーダーの9割が知らない チームを動かす すごい仕組み』とは?
2. マネジャーが「自分の仮説」を持っていないと、何も始まらない
3. 「知っていないとわからない」と「考えないとわからない」を分けて、指導の仕方を切り替える
読んだ人のクチコミ・具体的な仕組みが多く紹介されており、すぐに実践できる内容が満載。プレイングマネジャーとして忙しい日々に役立つ本です。
・メンバーの自主性を引き出すための対話術やミーティングの進め方が詳しく解説されており、非常に参考になりました。
・リーダーとしての視点が大きく変わりました。特に、仮説思考とベン図法対話術はすぐに実践に移せる具体的なテクニックです。

購入はこちら

本物のリーダーは引っ張らない チームをつくる4つの感情スイッチ

リーダーがチームビルディング・チーム作りをする際に読みたい本の3冊目に紹介するのが「本物のリーダーは引っ張らない チームをつくる4つの感情スイッチ」です。

本書は、河合太介氏による「本物のリーダーは引っ張らない チームをつくる4つの感情スイッチ」です。著者は、リーダーがチームを効果的に動かすためには、メンバーの感情に寄り添うことが不可欠であると説きます。リーダーシップの本質を「信頼感」「達成感」「不安感」「効力感」という4つの感情スイッチに分けて説明し、それぞれの感情を刺激するための具体的な行動を紹介しています。例えば、信頼感を得るためには誠実さが重要であり、嘘をつかず約束を守ることが求められます。また、達成感を感じさせるためには、部下に仕事を任せ、自己の役割を実感させることが大切です。不安感に対処するためには、部下から相談しやすい環境を作り、効力感を高めるためには感謝の気持ちを伝えることが効果的です。リーダーとしての新しいアプローチを学びたい方に、実践的な知識と技術を提供する一冊です。

※伝える力などを学びたい人は「プレゼンテーションのおすすめ本・良書〜定番本、話し方、資料作成など〜」がおすすめです

▼書籍概要

書籍名本物のリーダーは引っ張らない チームをつくる4つの感情スイッチ
対象者企業の管理職やリーダー、チームのパフォーマンス向上を目指すビジネスパーソンに最適です。特に、部下の感情に寄り添いながら効果的にチームを導きたい中堅から上級レベルのリーダーにおすすめです。
ひとこと説明部下の感情に寄り添い、4つの感情スイッチを使ってチームを効果的に動かすための実践的なリーダーシップを学べる一冊です。
著者河合 太介 (著)
発売日2018/11/20
ページ数298ページ
出版社講談社
中身(目次)私たち上司に苦労しています
上司だって、つらいよ
「リーダーシップ=引っ張ること」の落とし穴
上司が答えを知っている時代は終わった
あなたについてきてくれる人はいますか?
組織力の方程式
コミュニケーションの本当の定義
ついていきたくない上司
ついていきたい上司
父性と母性のリーダーシップ〔ほか〕
読んだ人のクチコミ・感情スイッチの概念が非常に分かりやすく、すぐに実践できる具体的なアドバイスが多く含まれています。
・リーダーシップの新しいアプローチを学ぶことができ、部下との信頼関係を築くための方法が詳細に書かれています。​
・感情スイッチの具体的な使い方が明示されており、日常のリーダーシップにすぐに役立つ内容です。

購入はこちら

多様性の科学

リーダーがチームビルディング・チーム作りをする際に読みたい本で次に紹介するのが「多様性の科学」です。

本書は、マシュー・サイド氏による「多様性の科学」です。著者は、なぜ多様性が組織にとって不可欠であるかを科学的に解明し、多様性がもたらす力について解説しています。シリコンバレーとルート128の対比や、CIAが9.11を防げなかった理由など、多くの事例を通じて、画一的な組織が直面する盲点を指摘し、多様性が問題解決における強力な武器であることを示しています。また、個人の視点を広げるための具体的な方法として、無意識バイアスの取り除き方や、影の理事会の設置、ギバーとしての行動などが紹介されています。これらのアプローチにより、組織はより革新的で創造的な解決策を見出すことができるのです​。

▼書籍概要

書籍名多様性の科学
対象者企業の管理職やリーダー、組織改革やイノベーションに関心のあるビジネスパーソンに最適です。特に、多様性の導入を目指す組織やチームで働く中堅から上級レベルのリーダーにおすすめです​。
ひとこと説明多様性が組織に与える影響とその活用法を科学的に解説し、革新と問題解決に不可欠な視点を提供する一冊です。
著者マシュー・サイド (著)
発売日2021/6/25
ページ数366ページ
出版社ディスカヴァー・トゥエンティワン
中身(目次)第1章 画一的集団の「死角」
第2章 クローン対反逆者
第3章 不均衡なコミュニケーション
第4章 イノベーション
第5章 エコーチェンバー現象
第6章 平均値の落とし穴
第7章 大局を見る
読んだ人のクチコミ・具体的な事例を交えて多様性の重要性が解説されており、視点を広げるための実践的な方法が学べる素晴らしい本です。
・多様性がもたらす力を科学的に解明し、実践的なアプローチを提供してくれる内容は非常に参考になります。
・画一的な組織が直面する盲点を具体的に示し、多様性の力を活かす方法を詳細に説明しているので、ビジネスに役立ちます。

購入はこちら

恐れのない組織――「心理的安全性」が学習・イノベーション・成長をもたらす

リーダーがチームビルディング・チーム作りをする際に読みたい本の5冊目に紹介するのが「恐れのない組織――「心理的安全性」が学習・イノベーション・成長をもたらす」です。

本書は、エイミー・C・エドモンドソン氏による「恐れのない組織――『心理的安全性』が学習・イノベーション・成長をもたらす」です。著者はハーバード・ビジネススクールの教授であり、心理的安全性の重要性を科学的に解明し、組織における具体的な実践方法を提示しています。心理的安全性とは、メンバーが安心して意見を述べたり、リスクを取ることができる環境を指し、これが学習、イノベーション、成長の鍵であると説いています。本書では、フォルクスワーゲンやNASAの失敗事例と、ピクサーやグーグルの成功事例を通じて、心理的安全性が組織の成果に与える影響を詳述しています。リーダーが心理的安全性を確保するための具体的なステップも紹介されており、透明性のある文化の育成や積極的な傾聴、失敗を学びとして捉える姿勢の重要性が強調されています。

▼書籍概要

書籍名恐れのない組織――「心理的安全性」が学習・イノベーション・成長をもたらす
対象者企業の管理職やリーダー、チームのパフォーマンス向上を目指すビジネスパーソンに最適です。特に、組織改革やイノベーションを推進し、心理的安全性を高める方法を学びたい中堅から上級レベルのリーダーにおすすめです。
ひとこと説明心理的安全性を確保することで、学習、イノベーション、成長を促進する組織を作るための具体的な方法を解説した一冊です。
著者エイミー・C・エドモンドソン (著), 村瀬俊朗 (その他), 野津智子 (翻訳)
発売日2021/2/3
ページ数320ページ
出版社英治出版
中身(目次)はじめに
第1部 心理的安全性のパワー
 第1章 土台
 第2章 研究の軌跡
第2部 職場の心理的安全性
 第3章 回避できる失敗
 第4章 危険な沈黙
 第5章 フィアレスな職場
 第6章 無事に
第3部 フィアレスな組織をつくる
 第7章 実現させる
 第8章 次に何が起きるのか
読んだ人のクチコミ・心理的安全性の重要性が具体的な事例とともに解説されており、リーダーとしての役割を再認識しました。実践的なアドバイスが多く役立ちます。
・リーダーがどのように心理的安全性を確保し、チームのパフォーマンスを向上させるかが分かりやすく書かれており、非常に参考になりました。
・心理的安全性が組織の成功に与える影響を深く理解できました。具体的な方法が詳述されており、すぐに実践に移せる内容です。

購入はこちら

シェアする